J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

12/20 『World Queen Tournament 2009』決勝戦 安倍基江&エイミーデイビスのコメント

女子キックボクサー世界最強決定トーナメント・J-GIRLS『World Queen Tournament 2009』決勝戦、出場選手のコメント第三弾。
1回戦で対戦する日本トーナメント覇者・安倍基江と全米最強・ママさんムエタイ戦士 エイミー・デイビスからコメントが到着!

12月20日(日)ディファ有明で開催される女子キックボクサー世界最強決定トーナメント・J-GIRLS『World Queen Tournament 2009』決勝戦。その1回戦で対戦する安倍基江(アカデミア・アーザ/J-GIRLS Japan Queen Tournament 2009王者)とエイミー・デイビス(アメリカ/USA MTIAライトフライ級王者)からコメントが到着した。

安倍基江は今年に入り急成長を遂げた若手有望選手。『Japan Queen Tournament2009』では、格上の林田昌子・田中佑季らを次々に破り、堂々の優勝を果たし、『World Queen Tournament 2009』出場権を獲得した。短期間で急成長を遂げている選手だけに、今回のトーナメントの“台風の目”となりそうだ。対するエイミー・デイビスは“首相撲ありのルールなら全米最強”といわれる超強豪選手。2007年11月にはJ-GIRLSのリングでグレイシャア亜紀と対戦経験もある。この時は欠場選手の代替選手として急きょの出場であり、首相撲なしのJ-GIRLSルールにアジャストできずに黒星を喫してしまっている。しかし、今回は十分な準備期間を経ての参戦となるだけに侮れない選手である。また、2児の子を持つママさんファイターでもある。

『World Queen Tournament 2009』1回戦で対戦する両選手が、決戦を前に意気込みを語った。


*■安倍基江「ジャパンクイーン優勝は意外にあっけなかった」*

――まず最初に、安倍選手の格闘技歴を教えてほしいのですが・・・
「格闘技歴はキックボクシングが初めてで、それまではやったことがなかったですね。で、キックボクシングを始めたのが多分今から5年前ですね。」

――どうしてキックボクシングを始めようと思ったんですか?
「一時期、キックボクササイズが流行ってたじゃないですか?その流行に乗って始めました(笑)」

――じゃあ、プロになる気は全くなかった?
「はい。運動がしたいなっていうそれくらいの気持ちだったので・・・」


――その軽い気持ちから一転、プロとしてデビューしたのはどういう経緯があってのことなのでしょうか?
「まぁ、なんかキックボクササイズをやっているうちに周りから“試合してみないか?”って勧められて・・・。で、試合やってみたら面白いなって思っちゃって、もっと極めたいなって思って今に至りますね!」

――ここ最近の安倍選手のリング上での充実ぶりは目を見張るものがあるのですが、何かキッカケみたいなものがあったのでしょうか?
「まぁ、最近は充実してるんですけど、その前はなかなか勝てない時期があって・・・。で、その時に自分の悪いところを考えるようになって・・・まぁ、詳しくは言えないんですけど、結果としてメンタル面で自分をコントロールできるようになってきたところが大きいのかなと思いますね。」

――ご自分の“ウリ”はどういうところだと思いますか?
「ウリですか!?(周りから)言われるのは“アグレッシブなところがいいね”ってことなんですけど、あんまりアグレッシブにならないように気をつけてます(笑)」

――さて、先日の『Japan Queen Tournament 2009』で、見事優勝をされた安倍選手ですが・・・下馬評ではダークホース的な見方をされていて、決して注目度は高くなかったと思います。そのことについてはどのように思っていましたか?
「逆になんか楽でしたね、ほとんど期待がなかったので。でも、ちょっと見返してやるぞっていう気持ちもありつつ、そこで自分の気持のバランスを取ってやっていました。」

――『Japan Queen Tournament 2009』ではご自身が理想とするファイトができたという感じでしょうか?
「う〜ん・・・理想のファイトができるほど余裕はなかったんですけど・・・実際にやってみて、相手の選手が恐れていたほどでもなかったっていうのもあって、それで冷静になって戦えたかなとは思います。」

――その辺りは自信につながったという感じでしょうか?
「そうですね。林田(昌子)選手とか田中(佑季)選手は自分より全然上の選手だと思っていたので、自分もここまで来れたのかなって自信を持ててます、今は。」

――念願のベルトを巻いた率直な感想をお聞きしたいのですが
「う〜ん・・・意外にあっけなかったですね!すごくほしい欲しいと思って、手に入れてみると“こんなものか”って…。もう(ベルトを)獲った瞬間から次のこと・・・もっと上に行くことを考えていました。」

――さて、今お話にあった“もっと上”の戦いが12月20日に行われる『WorldQueen Tournament 2009』です。安部選手にとっては、初めての外国人選手との戦いになりますか?
「そうですね。」

――初の外国人選手との戦いに臨む心境を聞かせていただきたいのですが
「そうなんですよね。外国人の選手が初めてで、相手のレベルがどれくらいかわからなくて、もうホントに未知の相手なので逆に楽しみだったりしますね。でも、手を合わせてみて“想像以上に強い相手だった”ってことがないように、今頑張って練習してます!」

――初戦の相手エイミー・デイビス選手の情報はどのくらい入ってきていますか?
「ちょっとだけ、画像の悪い映像をYouTubeで見たくらいですね。」

――その映像を見て、エイミー選手にどのような印象を持ちました?
「まぁ、力は強いんだろうなっていうのは映像見ても写真見ても思いましたね。でもその分、動きに硬さがあると思うので、そこが穴かなとは思います。まぁ、動いて(攻撃を)貰わないようにしたらいいんじゃないかなと思います。」

――この初戦、そんな試合で勝利を収めたいですか?
「まぁ、スピードではこっちが勝ってると思うので・・・相手の足をつぶして、空いた所を狙っていく感じですね。」

――『World Queen Tournament 2009』に懸ける思いを教えてください
「今年の春くらいからこの『World Queen Tournament 2009』を目指して練習も試合もしてきてて、やっと出場権を獲得するところまできたので、あとは試合で練習してきたことを出せたらと思うので、悔いのないように戦いたいと思います」

――最後に、観客の皆さんにご自分のどういうところを見ていただきたいですか?
「一年間頑張ってきたその成果を見ていただけたらと思います!!」

 

*■エイミー・デイビス「最善を尽くし、優勝を狙う」*

――まずはじめに、今回の『World Queen Tournament 2009』にも参加し、2007年に貴方と戦ったグレイシャア亜紀選手についてどのような印象をお持ちか教えてください
「グレイシャア選手は手強くてタフな相手です。今回は彼女と再び試合をするチャンスなので、とても楽しみにしています。」

――『World Queen Tournament 2009』に参戦する他の選手で注目されている選手はいますか?
「他の選手だとシルビア・ラ・ノット選手ですね。彼女はキックボクシングの経験が豊富で、グレイシャア選手同様に手強い相手だと思います。」


――K-1MAXで活躍するブアカーオ・ポープラムック選手の妹分で最強女ムエタイ戦士・ヌシアン選手もこのトーナメントに参戦しますが、彼女のことはご存じないですか?
「ヌシアン選手のことは詳しくは知らないのですが、ムエタイ出身選手がJ-GIRLSのルールで戦うことになり、肘や首相撲などのムエタイ特有の攻撃ができないので、私はこれが彼女に不利に働くのではと考えています。ちなみにブアカーオ選手は私の大好きなファイターの1人です。」

――では、16才でJ-GIRLSミニフライ級とWPMF世界女子ミニフライ級のベルトを腰に巻いた日本の天才少女・神村江里加選手のことはご存知でしょうか?
「神村選手についても詳しく知りませんが、今回出場する選手は全員がすごい選手であると確信しています。」

――このトーナメントのためにどんなトレーニングをしていますか?
「今まで以上にハードなトレーニングをしています。不摂生をしない生活を送って、良い状態で試合に臨めるように気を配っています。」

――日本についてどんな印象をもっていますか?
「日本は大好きな国なので、そこで試合ができることはとても嬉しい事です。」

――日本に滞在中に訪れたい場所や、したい事はありますか?
「東京にいる間にショッピングをしたいですね。ジーンズを買おうと思っています!」

――『World Queen Tournament 2009』への意気込みをお願いします
「もちろん最善を尽くし、優勝をしたいと思っています。」


Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。