J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

12/20 ワンマッチ参戦 田嶋はるインタビュー

12月20日(日)ディファ有明大会にワンマッチ出場する田嶋はる。今大会で復帰戦を迎える彼女、前J-GIRLSミニフライ級王者がその意気込みを語る。

2007年に彗星の如くデビューして以来、連勝街道をひた走り、無敗のままJ-GIRLSミニフライ級のベルトを戴冠。そのルックスの良さから美人アスリートとして格闘技系以外のメディアからも注目される“女子キックのプリンセス”。
現在のJ-GIRLSの隆盛は、彼女の功績と言っても過言ではないだろう。しかし、田嶋の時代はまだ続くだろうと思われていた今年7月、メインイベントで16歳の天才少女・神村江里加の挑戦を受け、激闘の末、0−2判定でプロ初黒星を喫するとともに王座陥落となってしまった。

戦前より“女子キックボクシング界、最高の1戦”と謳われたこの1戦から5ヵ月・・・復帰戦を目前に控える田嶋に、現在の心境、そして敗戦を喫した神村江里加との戦いについて話を聞いた。

■*田嶋はる「負けたことで改めてキックボクシングが好きになりました!」*

――まず、現在の体調はいかがですか?
「そうですね、今はすごく調子がよくて、結構充実してます!!」

――いきなり聞きにくいことをうかがいますが・・・・7月の敗戦で戦績に1敗が付いてしまいました。そのことについて、今はどのように消化されていますか?
「まぁ、1敗が付くっていうのは勝負の世界なのでしょうがないと思うんですけど・・・・。やっぱり応援に来てくださった方に勝った姿を見せられなかったのが1番残念でしたね。この1敗っていうのはもう消えないんで、増やさないようにたくさん練習して、応援に来てくださった方に勝った姿を見せられるように、今後につなげていきたいなと思ってます。」

――“無敗”ということに、こだわりというのはあったのでしょうか?
「全然、そういうのは意識してませんでした。1敗したからといって何か劇的に変わったというのは特にないです。」

――連勝が止まって、モチベーションの低下を心配する声も聞かれると思うのですが、その点についてはいかがですか?
「全然モチベーションは下がってないですね!前回負けた時も、もぅスグ試合したいと思ったぐらいですね!・・・・まぁでも、すぐ試合をしたいと思ってそのあと気持ち的にはヘコんじゃったんですけど・・・。もう今は試合も決まったのでやるだけだなと思ってます。」

――話によると、結構ヘコんでいたとうかがったのですが・・・
「結構、ヘコみました・・・はい(笑)」

――そのヘコんでいた時期はあまり思い出したくない期間ですか?
「でも、それを受け入れないとだめだと思うので。負けたことによってまた改めてキックボクシングが好きになりました!!・・・いま思えばですけど(笑)」

――神村戦では顔に相当ダメージを受けてたなという印象があるのですが、具体的にどこら辺にダメージを受けました?
「具体的には眼の下・・・眼下底っていう部分が折れてしまって、そんなに酷くはなかったんですけど、完治するのに1カ月くらいはかかりましたね。」

――戦前から神村戦は“女子キックボクシング界、最高の一戦”と謳われていて、試合内容もそれに違わぬものでした。敗れはしたものの、あそこまでの戦いを見せられて達成感というかそいういった気持ちはありますか?
「いや、そういうのは全然ないです! むしろ、なんかもっとできたなと思うんですよね。なんて言うんですかね・・・多分もっと(前に)行けなかったのが神村選手の巧さだと思うんですけど、なんか消化しきれない感じで終わってしまいました。」


――神村選手にうまく距離をつぶされてしまったと・・・
「そうですね。自分の距離で全然試合ができなかったですね。」

――非常に聞きづらいのですが、ご自身で分析する神村戦の敗因を教えてください
「敗因・・・そうですねぇ・・・。向こうのプレッシャーが強かったっていうのも勿論あるし、自分が見すぎてしまったていうのもあるし・・・そうですねぇ、やっぱ自分のペースで試合ができなかったっていうのが1番の敗因ですね。」

――いつかは神村選手にリベンジしたいとお考えですか?
「そうですね・・・・リベンジしたいです、ハイ!」

――さて、目前に迫った復帰戦についてお伺いします。対戦予定だったオソンア選手(韓国/EMA/本館)が練習中のけがで欠場となり、相手がパク・へウォン選手(韓国/EMA/TEAM J.U)に変更となりました。どちらも未知の選手とはいえ、直前に相手が変わるのは嫌なものですか?
「いえ、特に何も。もともと(オソンア選手の)データも手元になかったですし、韓国の選手から韓国の選手に変わっただけで、もぅ試合をするっていう気持ちに変化はないですね!」

――日韓戦ですが、この試合に向けての意気込みを聞かせてください
「そうですね、World Queen Tournament で外国の選手がいっぱい来られるんですけど、その中でトーナメントじゃなくても海外の選手と対戦できる機会を頂けたので、J-GIRLSのレベルの高さを他の国にも伝えていけたらと思います!」

――今回の試合はどういった内容で勝ちたいですか?
「相手がどういう選手かわからないんですけど、自分のペースで試合がしたいなっていうのと、あと今回はコンビネーションを出していきたいなと思ってます。」

――色々なタイトルマッチが行われる今回の大会で、インパクトを残してやろうっていう気持ちはありますか?
「そうですね、やっぱり大きい大会になって強い選手が集まれば集まるほど、凡戦になってしまうと記憶から忘れられがちになっちゃうんで、印象に残るような試合ができるように頑張ります!」

――ちなみに、田嶋はるが予想する“World Queen Tournament 2009”優勝者をお聞きしたいのですが・・・
「えぇっと、そうですね・・・(汗)。え〜っとですねぇ・・・。誰ですかねぇ?(笑)。いやぁ、やっぱり私は神村選手に負けてるので、神村選手には頑張ってほしいっていう気持ちはあるんですけど、ヌシアン選手も強いんで…。う〜ん・・・結構1回戦でみんなダメージを負いそうな気がするので・・・・そうなると体の強さから言ってグレイシャアさん??」

――では、決勝はグレイシャア選手と神村選手になると?
「やっぱりそうですね!それが決勝では見たいカードだなと思いますね。中々やっぱり階級が違うから見れないカードですし、あとJ-GIRLSの王者同士なので、そうなれば1番面白いだろうなと思います!!」

――今回の試合でリスタートとなる田嶋選手の今後の目標を教えてください。
「そうですね、今年はもう12月の試合で最後なんですけど、来年、またチャンスをいただけるようなら、そのチャンスを一つ一つモノにしていけるようにしっかり練習していきたいなと思ってます。」

――具体的にはやっぱりベルトっていうことになりますか?
「そうですね!ハイ!!」

――今回の試合を“観に行こうかどうか迷ってる”方にメッセージを頂きたいのですが・・・
「メッセージ!? 別に私の試合ではないんですけど、“World Queen Tournament”っていう1年に1回のトーナメントが開催されるすごい大きな大会で、50kg以下の世界で1番強い女の人が決まるので・・・。そうですねぇ、女の人とは思えない強さをぜひ見にディファ有明まで足をお運びください!!」

――それでは最後にファンの方に一言お願いします
「はい。前回負けてしまってからの復帰戦なので、しっかり勝って、みんなに笑顔で“ありがとうございました”と言えるように頑張りますので、応援よろしくお願いいたします!!」

――ありがとうございました。 ちなみに、近々サイン会があると聞いたのですが・・・
「あ〜・・・チョット恥ずかしくてあんまり触れてほしくないんですけど・・・(汗)。そうなんです、13日に恵比寿であるので・・・ゼヒ、キテクダサイ(笑)」


Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。