J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

2010.5.30新宿大会
ミニフライ級次期王座挑戦者決定トーナメント決勝戦
最強の17才への挑戦権を懸けて〜
紅絹と安倍基江からコメントが到着!

2010年5月30日(日)東京・新宿FACEにて「ミニフライ級次期王座挑戦者決定トーナメント決勝戦」が開催される。
紅絹(フォルティス渋谷/J-GIRLSミニフライ級1位)と安倍基江(アカデミア・アーザ/World Queen Tournament 2009準優勝)今や「J-GIRLSの顔」ともいえる両者が現王者・神村エリカ(TARGET)への挑戦権を懸け、この日、三たび拳を合わせる事となる。

紅絹は2008年11月からJ-GIRLSミニフライ級1位の座に君臨し続けている「無冠の女王」毎回あと一歩のところでタイトル奪取を逃している。だが今回対戦する安倍とは過去二度対戦し、1勝1分で紅絹の方に軍配が上がっており、その実力はもはや折り紙つき。
そして安倍といえば昨年目覚ましい飛躍を遂げ、12月に行われた『J-GIRLS World Queen Tournament 2009』にて神村に勝利、無敗記録をストップさせている。
複雑な三角関係の渦中で、両者がその思いを語った。 

■紅絹「フェロモンラッシュに気をつけなきゃ!」

----前回の3月大会が今年初戦、美保選手と対戦しました。改めて試合を振り返り感想を聞かせて下さい。
「あの時の自分に会ったら全力ではっ倒してビンタしてワキこちょこちょして袋叩きにして土下座させて、ついでにカツアゲしてやりたい。……え? かわいそう? じゃあやめておきます」

----すごい勢いですね……(汗)安倍選手の話に変えます(笑)。今回で三度目の対戦になりますが、どんな印象がありますか?
「……勝ち逃げしようと思ってたのに……。フライに行ったりミニフライに行ったり、乙女心をかき乱そうと思っても、そうはいかないからね! あ、でも体重上げたり下げたり大変ですよね! 頑張って下さい(笑)」


----何か対策は練っていますか?
「安倍ちゃん、日に日にフェロモンが増えてきてるみたいだから、フェロモンラッシュ食らわないように気をつけなきゃ!」

----(笑)安倍選手の得意技ですもんね。
「二回やってるからその辺は研究してます」

----王者・神村選手とはまだ対戦していませんよね。
「この間RISEに偵察しに行ったのに1分も試合してないから「もっと長くしてよ」って怒っといた。あと、2ヶ月ぐらい練習しないようにお願いしておいた。だって強すぎるんだもん!」

----それまでにスタミナつけておかないと、ですね(笑)。 スタミナといえば紅絹選手は肉のホルモンが好物で、入場曲に「マキシマム・ザ・ホルモン」の曲を使っていますよね。
「うん。牛がらみの物は全て愛せって、死んだひいひいばあちゃんの遺言なんだ。でも26才にもなって牛柄の衣装着てるから、お母さんは「そろそろ辞めたら」って言います。無視だけど」

----そうですか(汗)では最後に安倍選手に一言お願いします!
「どうも、こんにちは。もう三度目でぶっちゃけ飽きてますよね? ごめんなさいね。今度こそ勝ち逃げするから、たっぷりガード下げておいてねっ☆」

 

■安倍基江「紅絹選手との試合が転機だったかも」

----昨年7月に田中佑季選手を下し「J-GIRLS Japan Queen Tournament 2009」王者の座を掴みました。 が、前回の3月大会で田中選手に惜しくも敗れてしまいました。
「はい。3月の試合では気持ちをうまくもっていく事ができなくて……。でも、あの負けは必要なものだったと思っています」

----今年のトーナメント参戦においてまず「フライ級」を選んだのは何故ですか?
「昨年50kg級で結果が出せたので、それに一番近い階級を選びました」

----ミニフライとフライ、実際どちらがやりやすい?
「正直なところ、自分でまだよくわからないです……」


----なるほど。では今大会についてお聞きします。奇しくも昨年4月に紅絹選手に敗れてから勝ち星を重ねました。
「紅絹選手はパンチャーで、自分のスタイルを確立していると思います。で、自分は何が得意かというと“キック”なのに、それを活かす戦い方が出来ていませんでした。 ですがその後、自分のスタイルや自分の武器を活かせる戦い方を意識するようになって。だからあの紅絹選手との試合が転機だったかもしれません」

----なるほど。紅絹選手の事を良く研究されていると思いますが、他にどんな印象がありますか?
「小さい(笑)! だから動きが速いので入るのがうまいですね」

----何か対策は練っていますか?
「ジムでは紅絹選手のマネをしてもらってスパーリングをしてます(笑)」

----紅絹選手のマネ、高度な技ですね(笑)!
「フフ(笑)」

----昨年の活躍を見ても、今年は確実に追われる身です。
「いえ、自分は完全に“追う”身です! 前回負けて肩の荷も下りました」

----では紅絹選手に向けて一言!
「今回は勝たせて頂きます!」


フェロモンキッカー・安倍のフェロモンに紅絹発奮、“闘牛”と化すか!?

■J-NETWORK
「J-GIRLS Catch The stone〜8」

2010年5月30日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30

<全対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

第10試合
メインイベント アトム級アジア親善試合 【サバイバルマッチ1】
Little Tiger
(F・TEAM TIGER/J-GIRLSアトム級王者)
vs ノンブア・ルークピアリー
(ワンソンチャイプロモーション)

第9試合
初代J-GIRLSライト級王者決定戦 2分5R(延長1R)
村上リエ
(DRAGON GYM/
WPMO女子世界ライト級王者)
vs イヒョンジ
(EMA/JYジョンイジム) 

第8試合
ミニフライ級次期王座挑戦者決定トーナメント 決勝戦 【サバイバルマッチ1】 
安倍基江
(アカデミア・アーザ/
World Queen Tournament 2009準優勝)
vs 紅絹
(フォルティス渋谷/
J-GIRLSミニフライ級1位)

第7試合
フライ級次期王座挑戦者決定トーナメント 決勝戦 【サバイバルマッチ1】
田中佑季
(青春塾/J-GIRLSフライ級1位)
vs 林田昌子
(藤原ジム)

第6試合
バンタム級次期王座挑戦者決定トーナメント 決勝戦 【サバイバルマッチ1】
陣内まどか
(Black PUG/J-GIRLSバンタム級4位)
vs 難波久美子
(MA/契明ジム/
日本チャクリキ協会バンタム級王者)

第5試合
フェザー級次期王座挑戦者決定トーナメント 準決勝 第2試合 【サバイバルマッチ1】

(峯心会/J-GIRLSフェザー級3位)
vs 桜朋梨恵
(チーム・ティーラ)

第4試合
フェザー級次期王座挑戦者決定トーナメント 準決勝 第1試合 【サバイバルマッチ1】
龍子
(RT/J-GIRLSフェザー級1位)
vs 大石綾乃
(OISHI GYM)

第3試合
アトム級次期王座挑戦者決定トーナメント 1回戦 第3試合 【サバイバルマッチ1】
山田真子
(Weed GYM)※デビュー戦
vs yu_kid
(レグルス池袋)

第2試合
アトム級次期王座挑戦者決定トーナメント 1回戦 第2試合 【サバイバルマッチ1】
PIRIKA
(ミルキーウェイ/J-GIRLSアトム級5位)
vs 443
(フォルティス渋谷)

第1試合
アトム級次期王座挑戦者決定トーナメント 1回戦 第1試合 【サバイバルマッチ1】
丸中雅恵
(ワイズスポーツジム/J-GIRLSアトム級6位)
vs 奥村ユカ
(S-KEEP)


<チケット料金>
SRS席10,000円→残り僅か RS席7,000円→完売 S席5,000円→完売
※当日券は1,000円増し
※立見3,000円(当日売り)

<チケット販売所>
チケットぴあ

<問い合わせ>
J-NETWORK株式会社 TEL:03−3419−0536
e-mail:ishigaki@kickboxing.co.jp

 

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。