J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

2010.5.30新宿大会
セミファイナル 初代J-GIRLSライト級王者決定戦
初代の座を懸けた壮絶バトルを前に、
イヒョンジと村上リエからコメントが到着!

2010年5月30日(日)東京・新宿FACEにて「初代J-GIRLSライト級王者決定戦」が開催される。
韓国からの刺客、イヒョンジ(EMA/JYジョンイジム)と村上リエ(DRAGON GYM/WPMO女子世界ライト級王者)この日、このどちらかが初代王者の栄光を手にする。

イヒョンジは1989年3月3日生まれの21才。戦歴こそ少ないが4戦して全勝と急成長を遂げている。得意のパンチはパワーだけでなくテクニックにおいても定評があり、今後の期待を一身に背負う、韓国でも屈指の若手新鋭選手である。
対する村上も19戦18勝1分5KOと未だ負けなし。 172cmという体格を活かし、自身が全力で動ける最適の舞台で、WPMO女子世界ライト級王者に次ぐ2本目のベルト獲得を狙う。

大物が喰うか喰われるか!? 無敗同士の壮絶バトルを前に、両者からコメントが届いた。

■イヒョンジ「初めての日本、試合が終わったらあそこに行きたい……」

――まず最初に、いつから格闘技を始めましたか?
「2〜3年前にダイエットを兼ねて新しいスポーツをやりたいと思って始めました」

――プロデビューはいつですか?
「一年ほど前になります」

――得意技をズバリ!
「パンチ! 特にカウンターですね」

――今大会に向けて特に練習してきたことはありますか? また食事面などの体調管理についても教えて下さい。
「いつも試合後半になると体力が激減してしまうので、スタミナをつけるように励んできました。食事面に関しては今回は特に気にしなかったですね。体力を考えてたくさん食べました!」


――では日本についてお聞きします。今回は初来日ですか?
「はい。初めてですね」

――では日本人と対戦した事は?
「はい。それも今回が初めてになります」

――日本にはどんな印象がありますか?
「物づくりの国、ですね。日本製の商品。made in Japan!」

――では、日本に来たらどこに行きたいですか?
「是非、温泉に行きたいです」

――食べたいものは?
「牛丼……」

――牛丼! スタミナつきますよ!
「はい! 是非食べます!」

 

■村上リエ「ベルト創設を直訴しておいて負けるわけには……」

――今年も好スタート発進、無敗記録を伸ばしました。その“無敗で居続ける”というのは一体どういう気分なのでしょうか。
「個人的には、無敗だからどうというのは意識していません。試合が決まれば勝つことしか考えていませんが、たまたま運に味方されて勝っているというの もあると思います」

――3月大会で直訴されていたJ-GIRLSライト級が今回創設されたわけですが、勝てば二冠、負ければ初黒星となります。それに対する特別な感情はありますか?
「自分で直訴しておいて負けるわけにはいかないし、J-GIRLSのベルトを他の国の選手に渡すつもりもないので、きっちり勝ちたいです」

――頼もしいです。さて、村上選手は韓国人選手との対戦経験は?
「ないです!」


――韓国人選手のイメージはどんな感じですか?
「気が強い! ファイタータイプですね」

――イヒョンジ戦に向けて何か特別な対策は立てていますか?
「特別にはありませんが、これから強豪と戦っていくためのスキルアップをしています」

――佐藤会長からはどんなアドバイスを受けていますか?
「攻撃が単発で終わる事が多いので、コンビネーションを使うように言われています」

――では、同じくJ-GIRLSで活躍されている同門のMITSUKI選手やモニカ選手からは何か言われていますか?
「はい。“必ずベルトを取るように”と(笑)」

――そうですか。頑張って下さい!
「はい。有難うございます!」


初の王者と初の黒星、幸運と不運の行方は……?

■J-NETWORK
「J-GIRLS Catch The stone〜8」

2010年5月30日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30

<全対戦カード>(左:赤コーナー/右:青コーナー)

第10試合
メインイベント アトム級アジア親善試合 【サバイバルマッチ1】
Little Tiger
(F・TEAM TIGER/J-GIRLSアトム級王者)
vs ノンブア・ルークピアリー
(ワンソンチャイプロモーション)

第9試合
初代J-GIRLSライト級王者決定戦 2分5R(延長1R)
村上リエ
(DRAGON GYM/
WPMO女子世界ライト級王者)
vs イヒョンジ
(EMA/JYジョンイジム) 

第8試合
ミニフライ級次期王座挑戦者決定トーナメント 決勝戦 【サバイバルマッチ1】 
安倍基江
(アカデミア・アーザ/
World Queen Tournament 2009準優勝)
vs 紅絹
(フォルティス渋谷/
J-GIRLSミニフライ級1位)

第7試合
フライ級次期王座挑戦者決定トーナメント 決勝戦 【サバイバルマッチ1】
田中佑季
(青春塾/J-GIRLSフライ級1位)
vs 林田昌子
(藤原ジム)

第6試合
バンタム級次期王座挑戦者決定トーナメント 決勝戦 【サバイバルマッチ1】
陣内まどか
(Black PUG/J-GIRLSバンタム級4位)
vs 難波久美子
(MA/契明ジム/
日本チャクリキ協会バンタム級王者)

第5試合
フェザー級次期王座挑戦者決定トーナメント 準決勝 第2試合 【サバイバルマッチ1】

(峯心会/J-GIRLSフェザー級3位)
vs 桜朋梨恵
(チーム・ティーラ)

第4試合
フェザー級次期王座挑戦者決定トーナメント 準決勝 第1試合 【サバイバルマッチ1】
龍子
(RT/J-GIRLSフェザー級1位)
vs 大石綾乃
(OISHI GYM)

第3試合
アトム級次期王座挑戦者決定トーナメント 1回戦 第3試合 【サバイバルマッチ1】
山田真子
(Weed GYM)※デビュー戦
vs yu_kid
(レグルス池袋)

第2試合
アトム級次期王座挑戦者決定トーナメント 1回戦 第2試合 【サバイバルマッチ1】
PIRIKA
(ミルキーウェイ/J-GIRLSアトム級5位)
vs 443
(フォルティス渋谷)

第1試合
アトム級次期王座挑戦者決定トーナメント 1回戦 第1試合 【サバイバルマッチ1】
丸中雅恵
(ワイズスポーツジム/J-GIRLSアトム級6位)
vs 奥村ユカ
(S-KEEP)


<チケット料金>
SRS席10,000円→残り僅か RS席7,000円→完売 S席5,000円→完売
※当日券は1,000円増し
※立見3,000円(当日売り)

<チケット販売所>
チケットぴあ

<問い合わせ>
J-NETWORK株式会社 TEL:03−3419−0536
e-mail:ishigaki@kickboxing.co.jp

 

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。