J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

10.17新宿大会
「J-GIRLS Japan Queen Tournament 2010」準決勝
身長17cm差バトル! MITSUKIと紅絹からコメントが到着!


2010年10月17日(日)東京・新宿FACEにて「J-GIRLS Japan Queen Tournament 2010」準決勝と決勝戦が1DAYで行われ、この日、50kg日本女子チャンピオンが決定する。

8月のタイ興行にて善戦したMITSUKI(DRAGON GYM/J-GIRLSフライ級5位)今回シード選手に選ばれ、一回戦で勝ち上がってきた紅絹(フォルティス渋谷/J-GIRLSミニフライ級1位)と対戦する。MITSUKIの身長は165cm、そして紅絹は身長148cmと、両選手の身長差はなんと17cm! 加えてMITSUKIは蹴り技を得意とするオーソドックスタイプ、対する紅絹はサウスポーのパンチャータイプと、何もかもが対照的である。

今回が初対戦となる二人、試合展開は全く予測不可能。緊張の一戦を前に、両選手からコメントが届いた。

■MITSUKI「自分のペースで試合を運ぶ」

----少し前のお話になりますが、8月のタイ遠征についての感想を聞かせて頂けますか?

「今回、タイに行った事はすごく良かったです! でも試合の方は……タイ人独特のリズムに巻かれてしまって負けてしまい、すっごく悔しいです」

----世界タイトルでしたが、僅差の判定、試合内容も素晴らしかったとの声が上がっていましたよ。

「本当に悔しさだけが残っていますが……そう言って頂けると有難いです」

----何かエピソードなどはありましたか?

「計量が外で行われたんですけど、ドロの上に板をひいてその上で測ったので笑えました!
ちゃんと正確に測れてるのかなって(笑)。食べ物はめっちゃおいしかったです!!」


MITSUKI


----では、今回対戦する紅絹選手についてお聞きします。今回初対戦ですが、どんな印象がありますか?

「自分のペースで戦う選手だな、と思います」

----注意点は?

「やっぱり“距離”だと思います」

----1回戦から皆さんにお聞きしているのですが、
Japan Queen Tournament別枠(田嶋はるVS杉貴美子) どんな試合が予想されますか?

「二人とも技術のある選手なので、良い試合が見れそうですよね〜」

----決勝に進むのはどちらだと思いますか?

「それは……んーっ……どちらかな?」

----MITSUKI選手は今回どんな試合を見せたいですか?

「自分のペースで試合を運びたいですね」

----紅絹選手の印象も“自分のペース”お互いマイペースという事?

「そうですね(笑)」

----では最後に、紅絹選手に一言お願いします。

「……何卒お手柔らかにお願いします」

 

■紅絹「試合中しゃがんでて欲しい」

----1回戦突破、おめでとうございます。 大好きな田中佑季選手との対戦、壮絶な打ち合いの末、一年前のリベンジを見事に果たせました。

「いや、今回田中選手は蹴り中心の戦いでした。 前回とは雰囲気も戦い方も違う田中選手だったので、きっと、色々なものと戦っていたんだと思います。 また機会があれば、思いっ切りやらせて頂きたいです」

----奥深いですね。選手同士の絆というか。試合後にブログの読者登録をするとおっしゃっていましたが。

「しましたしました! メッセージ付きでお返事下さいました。嬉しゅうございます」

----会話はされましたか?

「試合の後、田中選手から挨拶して下さったのですが、着替え中で完全にノーパンでした(笑)
でも色々な思いを託されたので、勝ちに行きますよ!」


紅絹


----では今回対戦するMITSUKI選手についてお聞きしたいのですが、
どんな印象がありますか?

「長っ(笑)!! 周りの人にMITSUKI選手の身長をきいたら「165cm」とか「168cm」とか
「170cmあるんじゃない?」とかいわれて……正直ビビってます。試合中しゃがんでて欲しい」

----(笑)では注意点は?

「やっぱり長さですかね(笑)けど大丈夫です。ウチ(フォルティス渋谷ジム)にはもっと長い長〜い選手がいますからね」

----さて、前回Japan Queen Tournament別枠の予想をお願いした際に
「やりたい相手は一人しかいない」とおっしゃっていましたが、
可能性はまだ消えていませんか?

「ゼロではない。という事は?」

----誰でしょう?

「もう、わかってるく・せ・に! “ホワイトボール”とかいう名前の犬の飼い主? ハジマ・タル? あれ、選手の名前も違いましたっけ?」

----(笑)ではその前に、MITSUKI選手に一言お願いします!

「減量お疲れさまです。そんなわけで何が何でも決勝に行かなきゃならないんで、 倒させて頂きます。なのでお願いだから、ガード空けておいてください!」

■J-NETWORK
「J-GIRLS Catch The stone〜11」

2010年10月17日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30

<決定対戦カード>【左:赤コーナー/右:青コーナー】

▼メインイベント J-GIRLSフライ級タイトルマッチ 2分5R(延長1R)
グレイシャア亜紀
[Gracyer Aki]
(フォルティス渋谷/
J-GIRLSフライ級王者)
VS 林田昌子
[Hayashida Syoko]
(藤原ジム/J-GIRLSフライ級1位)

▼J-GIRLS Japan Queen Tournament 2010 準決勝 第二試合 【サバイバルマッチ1】
田嶋はる
[Tajima Haru]
(アクティブJ/
J-GIRLSミニフライ級3位)
VS 杉貴美子
[Sugi Kimiko]
(MSJ KICK BOXING GYM/
第二代J-GIRLSフライ級王者)

▼J-GIRLS Japan Queen Tournament 2010 準決勝 第一試合 【サバイバルマッチ1】
紅絹
[Momi]
(フォルティス渋谷/
J-GIRLSミニフライ級1位)
VS MITSUKI
[Mitsuki]
(DRAGON GYM/
J-GIRLSフライ級5位)

▼J-GIRLS Japan Queen Tournament 2010 決勝戦 【サバイバルマッチ1】
田嶋VS杉の勝者

VS 紅絹VS MITSUKIの勝者


▼バンタム級(53.52kg以下)契約 【サバイバルマッチ1】
正木純子
[Masaki Jyunko]
(Hilltop/
J-GIRLSバンタム級5位)
VS 大石ゆきの
[Oishi Yukino]
(OISHI GYM)

▼54kg以下契約 【サバイバルマッチ1】
佐竹のぞみ
[Satake Nozomi]
(鷹虎ジム/
J-GIRLSバンタム級7位)
VS 藤野恵実
[Fujino Emi]
(和術慧舟會GODS)

▼58kg以下契約 【サバイバルマッチ1】
龍子
[Ryuko]
(RT/J-GIRLSフェザー級1位)
VS 小澤聡子
[Ozawa Satoko]
(チームドラゴン/J-GIRLSフェザー級6位)

▼66kg以下契約 2分3R
ローラ・ジャンジラ
[Laura Janjira]
(ジャンジラジム)
VS  MINA
[Mina]
(秀晃道場)
※デビュー戦

 

 

<チケット料金>
SRS席10,000円 RS席7,000円 S席5,000円
※当日券は1,000円増し
※立見3,000円(当日売り)

<チケット販売所>
チケットぴあ

<問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03−3419−0536
e-mail:ishigaki@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。