J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

10.17新宿大会
メインイベント J-GIRLSフライ級タイトルマッチ
三年半越しの雪辱戦! 挑戦者・林田昌子と王者・グレイシャア亜紀からコメントが到着!


2010年10月17日(日)東京・新宿FACEにて「J-GIRLSフライ級タイトルマッチ」が開催される。

今回の挑戦権を懸け強豪の田中佑季(青春塾/J-GIRLSフライ級2位)を壮絶な打ち合いで撃破し、いよいよ決戦の舞台へ……挑戦者・林田昌子(藤原ジム/J-GIRLSフライ級1位)は名門の藤原ジム所属。王者・グレイシャア亜紀(フォルティス渋谷)とは2007年3月、初代同トーナメント準決勝の舞台で対戦、僅差の判定で林田が涙を呑んだ。決勝へと駒を進めたグレイシャアが初代王者となり、現在腰に巻いているのは自身二度目のベルトとなる。

三年半という長い時を経て再び対峙する二人。決戦の時を前に、両選手が意気込みを語った。

またJ-GIRLS U-15ミニフライ級で活躍している最強の女子中学生・小川楓花(ドージョー☆シャカリキ/J-GIRLS U-15 ミニフライ級3位)と日下部奈々(OISHI GYM/J-GIRLS U-15 ミニフライ級1位)の一戦が決定! 同時に今大会の全対戦カード・試合順が決定した。

■林田昌子「挑戦者として思いっきりやるだけ」

----少し前になりますが、8月のオーストラリア戦、お疲れさまでした。試合は顔面ヒザありのムエタイルールでした。

「対戦相手のジェシカ・トールハースト(オーストラリア)と計量で会った時にバキバキだったので“首相撲強そうだなぁ”と思いました。日頃はJ- GIRLSのルールで勝てるように考えて練習しているのでムエタイルールは難しいです。その時はダウンして負けましたが、DVDを見たら今までで一番いい動きが出来ていたんですよ。成長している事が分かったので今回不安はないです」

----その前の田中選手との一戦は上半期のベストバウトと言える内容でしたし、林田選手の進化を見させて頂けました。

「いや、あの試合は自分からの攻撃が少なくて反省しました。さばいた後に攻撃が出来ていませんでした」


林田昌子


----そうでしたか。ですがいよいよ、ベルトまであと一歩となりました。

「はい。もう、挑戦者として思いっきりやるだけです。グレイシャアさんと試合が出来るのがすごく楽しみです!」

----過去の対戦経験を踏まえ、今回の注意点はどこだと思いますか?

「心技体を100%にする事、ですね」

----今回どんな試合を見せたいですか?

「新チャンピオンとして認められる試合をしたいです!」

----という事は、勝率は?

「……毎日100%勝てると思うまで練習してます!!」

----ではグレイシャア選手に一言、ちょっと煽りを入れて頂けますか?

「技術も私より上で尊敬するチャンピオンなので煽る事はできませんが……私はグレイシャアさんに勝ってチャンピオンになりたいので、当日は風邪ひいて下さい(笑)」

 

■グレイシャア亜紀「防衛戦……胃が痛いです(笑)」

----もう半年経ってしまいましたが、今年初戦だった4月のNANA☆SE戦は貫録のTKO勝利でした。

「いやいや、試合内容もまだまだです」

----非常にテクニカルな試合だったと思いますが……。
さて、今回はいよいよ防衛戦です。

「……胃が痛いです(笑)」

----長い格闘家人生の中でもやはり緊張やプレッシャーを感じたりするのですか?

「毎回ありますよ〜! でもそういうものとかイヤな事とかは、いい方向に考えて撥ね退けるようにしています」


グレイシャア亜紀


----なるほど。挑戦者の林田選手とは三年半ぶりの対戦ですが、当時の印象を覚えていますか?

「はい。気の強い選手だと思いました」

----4月のインタビュー時、最近の林田選手の印象を「気持ちと体が一致してきた」と おっしゃっていましたが、そんな林田選手に対し、何か対策は立てていますか?

「とにかく油断しない、ですね」

----王者として、どんな試合を見せたいですか?

「久々の試合だけど……う〜ん……あまり考えてない」

----それはごまかし? それとも王者の余裕ですか(笑)?

「いえいえ(笑)」

----では最後に、林田選手に一言お願いします。

「あんまり動くと攻撃があたらないので、なるべく止まってて欲しい……」

----素晴らしい試合を期待しています!

 

■J-NETWORK
「J-GIRLS Catch The stone〜11」

2010年10月17日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30

<追加対戦カード>【左:赤コーナー/右:青コーナー】

▼J-GIRLS U-15 48kg以下契約 アマチュア女子Bリーグルール 1分2R
小川楓花
[Ogawa Fuuka]
(ドージョー☆シャカリキ/
J-GIRLS U-15 ミニフライ級3位)
VS 日下部奈々
[Kusakabe Nana]
(OISHI GYM/
J-GIRLS U-15 ミニフライ級1位)


<全対戦カード>【左:赤コーナー/右:青コーナー】

▼第9試合 メインイベント J-GIRLSフライ級タイトルマッチ 2分5R(延長1R)
グレイシャア亜紀
[Gracyer Aki]
(フォルティス渋谷/
J-GIRLSフライ級王者)
VS 林田昌子
[Hayashida Syoko]
(藤原ジム/J-GIRLSフライ級1位)

▼第8試合 J-GIRLS Japan Queen Tournament 2010 決勝戦 【サバイバルマッチ1】
田嶋VS杉の勝者

VS 紅絹VS MITSUKIの勝者


▼第7試合 54kg以下契約 【サバイバルマッチ1】
佐竹のぞみ
[Satake Nozomi]
(鷹虎ジム/
J-GIRLSバンタム級7位)
VS 藤野恵実
[Fujino Emi]
(和術慧舟會GODS)

▼第6試合 66kg以下契約 2分3R
ローラ・ジャンジラ
[Laura Janjira]
(ジャンジラジム)
VS  MINA
[Mina]
(秀晃道場)
※デビュー戦

▼第5試合 バンタム級(53.52kg以下)契約 【サバイバルマッチ1】
正木純子
[Masaki Jyunko]
(Hilltop/
J-GIRLSバンタム級5位)
VS 大石ゆきの
[Oishi Yukino]
(OISHI GYM)

▼第4試合 58kg以下契約 【サバイバルマッチ1】
龍子
[Ryuko]
(RT/J-GIRLSフェザー級1位)
VS 小澤聡子
[Ozawa Satoko]
(チームドラゴン/
J-GIRLSフェザー級6位)

▼第3試合 J-GIRLS Japan Queen Tournament 2010 準決勝 第二試合
 【サバイバルマッチ1】
田嶋はる
[Tajima Haru]
(アクティブJ/
J-GIRLSミニフライ級3位)
VS 杉貴美子
[Sugi Kimiko]
(MSJ KICK BOXING GYM/
第二代J-GIRLSフライ級王者)

▼第2試合 J-GIRLS Japan Queen Tournament 2010 準決勝 第一試合
 【サバイバルマッチ1】
紅絹
[Momi]
(フォルティス渋谷/
J-GIRLSミニフライ級1位)
VS MITSUKI
[Mitsuki]
(DRAGON GYM/
J-GIRLSフライ級5位)

▼第1試合 J-GIRLS U-15 48kg以下契約 アマチュア女子Bリーグルール 1分2R
小川楓花
[Ogawa Fuuka]
(ドージョー☆シャカリキ/
J-GIRLS U-15 ミニフライ級3位)
VS 日下部奈々
[Kusakabe Nana]
(OISHI GYM/
J-GIRLS U-15 ミニフライ級1位)

 

<チケット料金>
SRS席10,000円 RS席7,000円 S席5,000円
※当日券は1,000円増し
※立見3,000円(当日売り)

<チケット販売所>
チケットぴあ

<問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03−3419−0536
e-mail:ishigaki@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。