J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

5.15 新宿大会
「J-GIRLSフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント」準決勝
J-GIRLS初登場の二人がグレイシャア狩りへ
いつかとトモコSPからコメントが到着!


2011年5月15日(日)東京・新宿FACEにて、「J-GIRLSフェザー級次期王者挑戦者決定トーナメント」一回戦が行われる。

いつか(新宿レフティー)とトモコSP(WSRフェアテックス)、ともに7年近い格闘技歴を持つ、いわば“ベテラン”といえる両選手だが、J-GIRLSには今回が初登場。
初々しさを秘め、重鎮・グレイシャア狩りに挑む。いつかは元レースクィーンという異色の経歴を持ち、総合格闘家からキックボクサーに転身してその才能が一気に開花、現在2戦2勝と順調に白星を重ねている。
トモコSPは今年2月のMA興行にてトーナメント別枠のエミNFCに僅差の判定負けを喫するも、それが逆にトモコを奮い立たせる要因となり、王者の足元まで一気に突き進む勢いでいる。

初リングにて初対決。緊張の一戦を前にした両選手からコメントが届いた。

■いつか「世代交代します!」

----昨年後半はハイペースで試合をされ、その後一転して肉体改造を行っていたようですが。

「はい。ですが、初参戦という事にこだわらず、いつもと同じ気持ちを保つようにしています。どのリングに上がっても、戦う事には変わりがありませんから」

----いつか選手は異色の経歴をお持ちですね。

「(笑)レースクィーンをやっていて、それも勿論楽しかったのですが、なんか白黒ハッキリしないところがあるのであまり魅力を感じられなくなって。それで格闘技の道へ進みました」

----白黒つけたいから?

「(笑)いや、そういうわけでもないですけど。最初は総合格闘技から入ったのですが、私は立ち技の方が得意でしたので、キックに進む事に決めました」


いつか


----今回の対戦相手・トモコSP選手とは、もちろん今回が初対戦となりますが。

「(トモコ選手と)同門の千佳子選手とは対戦させて頂きましたが……誰が相手でも、とにかく全力で戦います」

----別枠の☆MIKA☆選手とエミNFC選手は久々の参戦、今年のフライ級はメンバー総入れ替えで王者に挑む事になります。

「別枠のどちらが上がってきても構いません。しっかり勝ち進んでグレイシャアさんと戦って、世代交代します!」

----楽しみですね。その前に、今回はどんな試合にしたいですか?

「初参戦KO勝利で飾ろうと思います」

----では、トモコSP選手に一言お願いします。

「バチバチ打ち合いましょう!」

 

■トモコSP「ちょっと嫉妬しました」

----今回は参戦有難うございます。初のJ-GIRLSを前に、今どんな心境ですか?

「実は3年位前に参戦が流れてしまったことがあったんですよ〜。でも女子の興行として盛り上がっていて、私自身がお客さんとして観に行っていたJ-GIRLSのリングに今回初めて立つことができて嬉しいです」」

----こちらこそ、嬉しいお言葉を有難うございます。さて、今回対戦するいつか選手ですが、昨年11月のM-1さんの興行でお会いしていますよね?

「はい。私の次にいつか選手の試合だったので見ていませんが、「(お互いに)勝ってよかったですね」という会話を交わした気がします。その時はいつか選手の階級が上(バンタム級)だったので、ここで対戦するとは思ってなかったですね。それより、私のまわりの友人とかトレーナー、特に男性達の、いつか選手に対する反響が大きくて。「あんな可愛い人が試合しているの!?」とか言って。すごく印象的な選手だったみたいで、ちょっと嫉妬しました(笑)」


トモコSP


----そんなエピソードがあったのですね。そして今年の2月にはトーナメント別枠のエミNFC選手と対戦しました。

「ダウンを取られてしまったんですけど、それを盛り返すことができなかったことが悔しかったです。相手がどうこうと言うより、自分自身の反省点が大きい試合でした」

----そのエミ選手と☆MIKA☆選手が対戦しますが、どのように予想しますか?

「いやぁ、別枠の試合を考えている場合じゃないので、ノーコメントで(笑)」

----では、決勝進出したらどちらと戦いたいですか?

「戦いたい相手……エミ選手との再戦もいいし……。MIKA選手はサウスポーの本格派で強い事も知っています。そんな強い選手とも戦ってみたいという気持ちもあります」

----なるほど。その前に目の前の試合ですね。

「はい。わかりやすく、圧倒する強さを魅せたいですね」

----では最後に、いつか選手にひと言お願いします。

「私のパンチが当たったら相当頭が痛くなるらしいので、覚悟しておいてください!」

 

■J-NETWORK
『J-GIRLS 2011 〜Born This Way〜』

2011年5月15日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

<決定対戦カード>【左:赤コーナー/右:青コーナー】

▼J-GIRLSフェザー級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦
  【サバイバルマッチ1】
MINA
[Mina]
(秀晃道場)
VS HARUMI
[Harumi]
(BLUE DOG GYM)

▼J-GIRLSフェザー級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 
 【サバイバルマッチ1】
小澤聡子
[Ozawa Satoko]
(チームドラゴン/
J-GIRLSフェザー級6位)
VS 成沢紀予
[Narusawa Kiyo]
(フォルティス渋谷/
J-GIRLSフェザー級3位)

▼J-GIRLSフェザー級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦
  【サバイバルマッチ1】
龍子
[Ryuko]
(RT/J-GIRLSフェザー級1位)
VS 超弁慶
[Cyo Benkei]
(ガムランナック)

▼J-GIRLSフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント 準決勝
  【サバイバルマッチ1】
☆MIKA☆
[Duonda-o Mika]
(MA・ワイルドシーサー群馬)
VS エミNFC
[Emi Enuefusii]
(KAKUMEI・ナゴヤファイトクラブ)

▼J-GIRLSフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント 準決勝
  【サバイバルマッチ1】
トモコSP
[Tomoko special]
(WSRフェアテックス)
VS いつか
[Itsuka]
(新宿レフティー)

▼48kg契約  2分3R
sakura

(TARGET)
VS 大島つばき
[Ooshima Tsubaki]
(フォルティス渋谷/
J-GIRLSミニフライ級3位)

▼バンタム級(53.52kg以下)契約  サバイバルマッチ1
藤野恵実
[Fujino Emi]
(和術慧舟會GODS)
VS 舞獅
[Mai]
(レグルス池袋) 

▼68kg契約  サバイバルマッチ1
モニカ
[Monika]
(DRAGON GYM/
Muaythai Against drugs Title
66kg級王者)
VS 高橋洋子
[Takahasi Yoko]
(FIGHT CHIX/
第3代スマックガール無差別級女王)

 

<チケット料金>
SRS席10,000円 RS席7,000円 S席5,000円(完売) A席4,000円
※当日券は1,000円増し
※立見3,000円(当日売り)

<チケット販売所>
チケットぴあ
J-NETWORK株式会社

<問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03−3419−0536
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。