J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

7.10 新宿大会
殴り合い上等
アトム級王者・山田真子と無冠の女王・紅絹からコメントが到着!


2011年7月10日(日)東京・新宿FACEにて行われる『J-GIRLS 2011 〜Born This Way 2nd〜』。今大会にて女子キック界屈指のハードパンチャ対決が実現する。

昨年のデビューからわずか6ヶ月半という驚異的なスピードで新王者となった山田真子(team MA☆KO/J-GIRLSアトム級王者)が王座戴冠後、初のJ-GIRLS登場。ミニフライ級1位の紅絹(フォルティス渋谷)と対戦する。

山田は小学校1年生から格闘技を始め、アマチュア時代にはキックボクシング以外にもボクシング、テコンドー、グローブ空手などの大会で、現在までに既に100戦近く試合をこなしている。特にパンチには定評があり、プロボクサーである姉の紗暉と共に“福岡の女版亀田兄弟”として様々なメディアで取り上げられている。

その対戦相手となる紅絹は女子選手の中でも指折りのハードパンチャーであり、山田がアマチュア時代から憧れていた大先輩でもある。王者でありながら胸を借りるつもりでこの大一番に挑む。

プロデビュー以来負けなしの王者・山田の意地が勝るか!? J-GIRLSを盛り上げてきた先輩格の紅絹がプライドを見せるか!?
両選手からコメントが届いた。

■山田真子「先輩には悪いんですが、勝たせてもらいます!」

----昨年のプロデビューから王者になるまで嬉しかった事やつらかった事、振り返っていかがですか?

「周りの皆さんの支えを改めて実感し、それが嬉しかったし感動しました! 辛かったことはタイトルマッチで、その前に膝の靭帯を痛めてしまい、怪我をしたまま戦いました。練習も痛みどめを打ちながらでした」

---そうだったんですね。王者になってから7ヶ月、対戦相手は強豪の紅絹選手です。

「優しくて面白くて大好きな先輩です! アマチュア時代から凄くお世話になって。鍛えて下さいました。そのお礼と私の成長を、リングの上で拳で伝えます!」

----パンチャー同士の壮絶な打ち合いになりそうですが、対策は立てていますか?

「サウスポー対策と、パンチを貰わずに当てることですね」


山田真子


----お父様が考えたおもしろ練習法は増えましたか? 枯れ葉キャッチで動体視力を養うとか。山田選手はご家族の皆さんで練習しているイメージがあります。

「おもしろ練習法はたま〜にやってます(笑)。今回は私の試合の一週間前にお姉ちゃんが試合なんで、今毎日一緒に自主トレしてます!」

----今大会ではアトム級決勝戦も行われ、真子選手の防衛戦の相手が決まります。

「美保選手もPIRIKA選手もとても強い選手なので、どちらが勝つかは予想はできませんが、どちらが勝っても万全で戦います!」

----真子選手自身の今後の目標は?

「まずはタイトルの防衛。その後はJ-GIRLSを全階級制覇することです!」

----対戦したい選手はいますか?

「……いますが教えません(笑)」

----では、紅絹選手にひと事お願いします!

「紅絹先輩は牛がキャラですので試合は闘牛士のように華麗に戦おうと思います(笑)。先輩には悪いんですが、勝たせてもらいます!」

 

■紅絹「打ち合ってナンボじゃい」

----3月の王座決定戦から3ヶ月が経ちました。改めて試合を振り返っていかがですか?

「試合の事覚えてないんですよ。振り返ろうと思ってDVD借りたのにパソコンで見れなかったし。ブルーレイなんて嫌い! 誰かブルーレイじゃないやつ持ってませんか? 貸してください。」

----記憶がないということでしょうか?

「おまけに試合の翌日、猫に思いっきり引っ掛かれて、私の顔を血が滴りました……そこからの事も覚えてません。聞かないでくださいっ」

----何だか大変だったんですね……話を変えて、今回対戦する山田選手と初対戦、印象はいかがですか?

「若いし上手いし速いしアグレッシブだしチャンプだし猫好きだし、言うことニャシ」


紅絹


----山田選手の注意点、また対策は?

「注意も対策もないわい! 打ち合ってナンボじゃい!」

----す、すみません。では今回、どんな試合にしたいですか?

「3Rフル打ち合い。ガード? 知らんわそんなもん。スタミナ? ないわそんなもん。気力と根性じゃ」

----加えて、今後の紅絹選手の目標を教えて下さい。

「とりあえず今は真子選手の事しか考えてません。ぶっちゃけ余裕ないし。試合終わったテンションで決めますわ」

----では、山田選手にひと事お願いします

「昔アドレス教えてくれて〜久しぶりにメールしたら〜エラーで戻って来たわよ。どういう事? あの時は一晩泣いたわ……。新しいアドレスを教えなかった罪は深いわよ。覚えてなさい!」

----(笑)有難うございます!

 

■J-NETWORK
『J-GIRLS 2011 〜Born This Way 2nd〜』

2011年7月10日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

<決定対戦カード>【左:赤コーナー/右:青コーナー】

▼J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1
魅津希
[Miduki]
(空手道 白心会)
VS 大石ゆきの
[Ooishi Yukino]
(OISHI GYM)
▼J-GIRLSアトム級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1
美保
[Miho]
(KFG/J-GIRLSアトム級3位)

VS PIRIKA
[Pirika]
(NJKF・キングジム/
J-GIRLSアトム級5位、
BONITA BOXEOアトム級2位)
▼J-GIRLSフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦 サバイバルマッチ1
☆MIKA☆
[Duonda-o Mika]
(MA・ワイルドシーサー群馬)
VS いつか
[Itsuka]
(新宿レフティー)
▼J-GIRLSフェザー級次期王者挑戦者決定トーナメント 準決勝  サバイバルマッチ1
超弁慶
[Cyo Benkei]
(ガムランナック)
VS MINA
[Mina]
(秀晃道場)
▼特別企画 アイスリボン スペシャルプロレスマッチ

 

※カードは後日発表


▼50kg契約  2分3R
白石瑠里
[Shiraishi Ruri]
(新日本・藤本ジム)
VS  NANA
[Nana]
(OISHI GYM)
※日下部奈々より改名

▼55kg契約  2分3R
佐竹のぞみ
[Satake Nozomi]
(鷹虎ジム/J-GIRLSバンタム級7位)
VS 谷山佳菜子
[Taniyama Kanako]
(正道会館 東大阪本部)

▼47kg契約  2分3R
紅絹
[Momi]
(フォルティス渋谷/
J-GIRLSミニフライ級1位)
VS 山田真子
[Yamada Mako]
(team MA☆KO/J-GIRLSアトム級王者)

 

<チケット料金>
SRS席10,000円 RS席7,000円 S席5,000円 A席4,000円
※当日券は1,000円増し
※立見3,000円(当日売り)

<チケット販売所>
チケットぴあ
J-NETWORK株式会社

<問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03−3419−0536
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。