J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

9.18新宿大会
「J-GIRLSバンタム級タイトルマッチ」
姉・綾乃の仇討をして姉妹王座戴冠なるか!?
大石ゆきのと水野志保からコメントが到着!


2011年9月18日(日)東京・新宿FACEにて、いよいよ「J-GIRLSバンタム級タイトルマッチ」が開催される。

総勢7名という最多人数で行われた過酷なトーナメントを制し、勝ち上がってきたのは大石ゆきの(OISHI GYM)。昨年の挑戦者・陣内まどか(フォルティス渋谷/J-GIRLSバンタム級4位)に続き、今回の挑戦者も現役女子高生となった。
ゆきのと現王者・水野志保(名古屋JKF)とは今回が初対戦だが、そこには深い因縁があった。

2009年7月、空位となっていたバンタム級王座をかけた1DAYトーナメントが開催された。 決勝戦で水野と対峙したのは何と、ゆきのの実姉である大石綾乃(OISHI GYM/J-GIRLSフェザー級王者)。一歩も譲らぬ大激闘の末、そのベルトは水野の手に…。
その翌年、綾乃は見事フェザー級王者となったのだが、ゆきのにとって今回のタイトルマッチは姉の仇討ち、 そしてJ-GIRLS史上初の姉妹王座君臨という大きな意味を持つ。

果たして水野が二度目の防衛なるか? ゆきのがその壁をブチ破る事ができるのだろうか? 大一番を前に、両選手からコメントが届いた。

■大石ゆきの「やっとここまで来たか……」

----今回はポスター撮影、お疲れさまでした。

「奈々と大きく載れて嬉しいです! ありがとうございます! 制服での撮影というのも楽しかったです」

----ご家族は何と?

「好評ですよ♪ フフ(笑)」

----17才の夏はいかがでしたか?

「もう、受験生とは思えないくらい全力で練習して遊んでました」

----いよいよタイトルマッチです。これまでの激戦を振り返っていかがですか?

「強い選手ばかりだったので、勝てて本当にホッとしました。(くみこ選手に)リベンジもできたし良かったです」

大石ゆきの
大石ゆきの


----今の心境は?

「やっとここまで来たか……という感じです」

----今回はどんな対策を立てていますか?

「水野選手はとにかく圧力がすごいので、それに負けないように練習しています」

----試合が終わったらどうしたい?

「計量と被って文化祭に出られないので、打ち上げには参加したいです!」

----高校生の楽しみを奪ってすみません。では水野選手に一言お願いします。

「志保りん♪ 志保りんのこと好きだけど、私が勝ちます!」

 

■水野志保「昨年よりベルトの重みが増した」

----唐突ですが、水野選手の日常を少し教えて欲しいのですが。

「練習は18時〜23時でやってます。あと7月にオープンした名古屋JKフィットネスにたまに指導員として出没しますよ」

----あの佐藤嘉洋選手がマネージャーをされているジムですよね。しかし“出没”とは。

「(笑)」

----水野選手にとって今回は二度目の防衛戦になります

「そうですね。昨年よりベルトの重みが増したように感じます」

----今回のトーナメントは各階級の中でも最多人数で行われました。

「実は決勝戦観に行ったんですよ。でもフーンて感じでした」

水野志保
水野志保


----おっと、挑発ですか(笑)。昨年に続き、挑戦者は女子高生となりました。

「はい。でも若手対ベテランと思われがちですが、実際は陣内(まどか)選手や大石選手の方が格闘技歴が長いですよね」

----陣内選手が7年、ゆきの選手が9年、水野選手は5年ですよね。

「なので自分の方が上だとは全然思っていないです」

----ゆきの選手が以前、水野選手を“ポーカーフェイス”と言っていました。今回は“志保りん”ですが。

「ポーカーフェイス……それは褒め言葉と思っていいんですよね? どうもありがとう」

----では最後に、今大会への意気込みをお願いします。

「防衛するつもりでなく、新たにベルトを取るつもりで試合に臨みます」

----有難うございます

 

■J-NETWORK
『J-GIRLS 2011 〜Born This Way 3rd〜』

2011年9月18日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

<決定対戦カード>【左:赤コーナー/右:青コーナー】

▼J-GIRLSバンタム級タイトルマッチ  2分5R(延長1R)
水野志保
[Mizuno Shiho]
(名古屋JKF/J-GIRLSバンタム級王者)
VS 大石ゆきの
[Ooishi Yukino]
(OISHI GYM/J-GIRLSバンタム級1位)

▼J-GIRLSフェザー級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦  サバイバルマッチ1
成沢紀予
[Narusawa Kiyo]
(フォルティス渋谷/
J-GIRLSフェザー級1位)
VS 超弁慶
[Cyo-Benkei]
(ガムランナック/
J-GIRLSフェザー級2位)

▼ミニフライ級(47.63kg以下)契約  2分3R
紅絹
[Momi]
(フォルティス渋谷/
J-GIRLSミニフライ級1位)
VS NANA
[Nana]
(OISHI GYM)

▼バンタム級(53.52kg以下)契約  サバイバルマッチ1
舞獅
[Mai]
(レグルス池袋)
VS 小野愛子
[Ono Aiko]
(亀の子道場/
湘南キック事務局)

▼J-GIRLS -53kg Japan Queen 王座決定トーナメント 準決勝  サバイバルマッチ1
陣内まどか
[Jinnai Madoka]
(フォルティス渋谷/
J-GIRLSバンタム級4位)
VS 谷山佳菜子
[Taniyama Kanako]
(正道会館 東大阪本部)

▼J-GIRLS -53kg Japan Queen 王座決定トーナメント 準決勝  サバイバルマッチ1
佐竹のぞみ
[Satake Nozomi]
(鷹虎ジム/J-GIRLSバンタム級8位)
VS  くみこぱとら
[Kumikopatora]
(MA・契明ジム/
J-GIRLSバンタム級3位、
日本チャクリキ協会
バンタム級女子王者)

▼J-GIRLS フライ級(50.80kg以下)ニューヒロイン決定トーナメント(Aブロック)
一回戦  サバイバルマッチ1
西谷羽沙羅
[Nisya Basara]
(Team S.R.K)
VS 三堀“SMILE”美弥子
[Mitsuhori “Smile” Miyako]
(Y’ZD GYM)

▼J-GIRLS フライ級(50.80kg以下)ニューヒロイン決定トーナメント(Bブロック)
一回戦  サバイバルマッチ1
白石瑠里
[Shiraishi Ruri]
(新日本・藤本ジム)
VS 櫻弥生
[Sakura Yayoi]
(Madness Cherry)

 

<チケット料金>
VIP席30,000円 SRS席10,000円 RS席7,000円 S席5,000円 A席4,000円
※当日券は1,000円増し
※立見3,000円(当日売り)

<チケット販売所>
チケットぴあ
J-NETWORK株式会社

<問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03−3419−0536
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。