J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

5.13J-FIGHT&J-GIRLS新宿大会
「J-GIRLS フライ級(50.80kg以下)次期王者挑戦者決定リーグ1」
櫻弥生とトモコSPからコメントが到着


2012年5月13日(日)東京・新宿FACEにて「J-GIRLS フライ級(50.80kg以下)次期王者挑戦者決定リーグ1」が行われる。

現在の女子格闘技最激戦区であるフライ級の次期王者挑戦者を決定するリーグ戦がいよいよスタート。昨年9月にデビューした新鋭の櫻弥生(Madness Cherry)と、昨年に続き二度目の挑戦者決定戦参戦となるトモコSP(WSRフェアテックス)がリーグ初戦を飾る。
櫻は同級のニューヒロイントーナメ ント(キック通算6戦以下の新人戦)準決勝まで勝ち進んだものそこで初黒星を喫し、敗戦を大きなバネにして今トーナメントに挑む。
トモコは現在5連勝中と 順風満帆、このまま波に乗り続けるか。

大会まであと数日。両選手よりリーグ戦への意気込みを聞いた。

 

■櫻弥生「下馬評では私が最下位だと思いますが……」

----まずは前回の試合、ニューヒロイントーナメント準決勝の感想をお願いします。

「あまりにも自分の動きが出来なくて、反省点だらけです。惜しかったというレベルではなく、完敗という……振り返るとアレもコレもと反省すべきところが沢山あるのですが、出し切れないというのが今の実力なんだな、と思いました」

----三堀選手とはアマチュア時代に2戦していました。

「それも随分前の事だったのですが、突進力が増していましたね。その力を活かして戦うのが三堀さんの戦術だったでしょうし、戦略負けした、というところもあります」

----その悔しさをバネに今回のトーナメントに挑むわけですが。

「ちょうど(前回参戦の)2月の大会の時にトモコ選手も参戦していたので、試合は見させて頂きました」

櫻弥生
櫻弥生


----印象は?

「大きくジャンル分けすると三堀さんと同じようなタイプですよね。前へ前へという。パンチ主体の選手で……怖いなぁ……」

----怖い……?

「はい……今(三堀戦後の)このタイミングで、同じようなタイプの選手と戦うのは試練という感じですが(笑)。乗り越えなきゃいけないですね」

----リーグ戦のもう一人、吉田実代選手の印象は?

「4月の大会に参戦された時の映像は見たのですが、読めないタイプというか……冷静ですよね」

----三人三様なので、試合自体がどうなるかわかりません。

「下馬評では私が最下位だと思いますが、この試合に参戦できる事が有難いことなので、このチャンスを活かしてとにかく全力で頑張ります」

----今回の敗者が、6/17の後楽園参戦という可能性があります。

「負けても楽しみがある。うーん……、複雑ですね。でもやっぱり勝ちたいです!」

----では、トモコ選手にコメントをお願いします。

「トモコ選手とは実はちょっと知り合いで、何回か話した事があって。私がアマチュア時代に「多分同じ階級になるから、いつか対戦するかもしれないですね」という話をした事があったんです。それが実現するわけですが、胸を借りるつもりで頑張りたいと思います!」

 

■トモコSP「一緒にいい試合をしましょう、っていうのはない」

----エミNFCに昨年敗れ、前回リベンジを果たしました。

「自分で立てた作戦がハマったという感じです。対策をきちんと立てて、距離を取って戦って、自分のペースでいけました。とはいえ、実は自分の中で動き自体があまり良くなかったんです。でも周りには褒められて、あとから映像を見て「あっ、良かったな」って(笑)」

----現在5連勝中です。

「(敗戦明けの時)借金返済という感じでした(笑)」

----何か変化のきっかけがあったのですか?

「きっかけというのは特になかったですね。負けていた時は僅差の判定とかが多くて、周りにも「おしい」とか「いい試合してるのに」とか言ってもらって。でも惜しくても何でも結果がダメだったらダメですからね。ちゃんと勝てるようになってよかったです」

トモコSP
トモコSP


----さて、今回対戦する櫻選手、2月の試合は見ましたか?

「それが見てないんです。(先に試合だったので)着替えてボーっとしちゃって(笑)。でもテレビでは見ましたよ。パンチでガンガン攻めるタイプですね」

----身長差(11cm)がカギになりそうですが。

「いや、164〜5cm位の人ともやってるし、普段は男の人と練習してるので、背の高さはあまり気にしてないです」

----今後戦う吉田選手の試合は見たことはありますか?

「ないです。あ、いや、ある! S-cup? は見たような……。これからちゃんと見ます(笑)」

----経験値も考えるとトモコ選手有利の声があります。

「いやいやそんな事ないですよ〜! 有難うございます!」

----では最後に、櫻選手にひと言お願いします。

「櫻選手は確かメキシコ生まれですよね? 私テキーラ大好きなんですよ(笑)。「一緒にいい試合をしましょう」っていうのはないので……大好物いただいちゃいますって感じです(笑)」

----有難うございます(笑)

 

■J-NETWORK
『J-FIGHT&J-GIRLS 2012』

2012年5月13日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

<全対戦カード>(左:赤コーナー/右:青コーナー)


▼第9試合 メインイベント ライト級(61.23kg以下)契約  サバイバルマッチ1
増田卓仁
[Takuhito Masuda]
(WSRフェアテックス/
WPMFライト級9位)
VS 生井“パナスティック”宏樹
[Namai “Panasuthikku”Hiroki]
(フォルティス渋谷/
J-NETWORKライト級8位)

▼第8試合 セミファイナル J-GIRLS バンタム級(53.52kg以下)
 次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦  サバイバルマッチ1
谷山佳菜子
[Kanako Taniyama]
(正道会館 東大阪本部/
J-GIRLS -53kg Japan Queen 王者、
J-GIRLSバンタム級3位)
VS 陣内まどか
[Madoka Jinnai]
(フォルティス渋谷/
J-GIRLSバンタム級5位)

▼第7試合 スペシャルエキシビションマッチ  2分2R
吉田実代
[Miyo Yoshida]
(BLUE DOG GYM)
VS 安倍基江
[Motoe Abe]
(アカデミア・アーザ/
J-GIRLSミニフライ級王者、
WPMF日本ライトフライ級王者、
2009年 Japan Queen王者、
2009年 World Queen準優勝)

▼第6試合 J-GIRLS フライ級(50.80kg以下)
 次期王者挑戦者決定リーグ1  サバイバルマッチ1
トモコSP
[Tomoko Special]
(WSRフェアテックス)
VS 櫻弥生
[Yayoi Sakura]
(Madness Cherry)


▼第5試合 54kg契約  サバイバルマッチ1

松川敬子
[Keiko Matsukawa]
(村澤道場)
VS 舞獅
[Mai]
(レグルス池袋)

▼第4試合 スーパーライト級(63.50kg以下)  3分3R
堤価月
[Kaduki Tsutsumi]
(JTクラブ)
VS RUI
[Rui]
(レジェンド横浜)
▼第3試合 55kg契約  3分3R
MITSUKI B-FAMILY NEO
[Mitsuki B-Family Neo]
(B-FAMILY NEO)
※MITSUKIより改名
VS チャンジュ
[Chanjoo]
(OGUNI-GYM)

▼第2試合 54kg契約  3分3R
今井良次
[Ryoji Imai]
(ポゴナクラブ)
VS 高木慎一
[Shinichi Takagi]
(ウルフキックボクシングジム)

▼第1試合 59kg契約  3分3R
スガチャイ武士
[Sugachai Bushi]
(KIBAマーシャルアーツ)
VS 菅原正道
[Sugawara Masamichi]
(S.V.G)

※ 選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございますので予めご了承下さい。

<チケット料金>
VIP席 15,000円※完売  SRS席 9,000円  RS席7,000円  S席5,000円※残りわずか!
※当日券は¥1,000増し
※立見¥3,000(当日売り)

<チケット販売所>
チケットぴあ
J-NETWORK株式会社

<問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03−3498−2350
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。