J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

5.13J-FIGHT&J-GIRLS新宿大会
「J-GIRLS バンタム級(53.52kg以下)次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦」
陣内まどかと谷山佳菜子からコメントが到着



2012年5月13日(日)東京・新宿FACEにて「J-GIRLS バンタム級(53.52kg以下)次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦」が行われる。

激闘を制した“戦う美人看護師”谷山佳菜子(正道会館 東大阪本部/J-GIRLSバンタム級3位)と“18才のベテランキッカー”陣内まどか(フォルティス渋谷/J-GIRLSバンタム級5位)。
二人は昨年 9月の-53kg Japan Queen王座決定トーナメント準決勝にて対峙し谷山が勝利、初代王座に就いた。 リベンジをはかるとともに、同世代王者との対戦を目論む陣内、無敗のまま 頂点を目指す谷山。果たして、この勝負の行方は…?

大一番を控えた両選手に、現在の心境を聞いた。

 

■陣内まどか「初対戦よりドキドキしてます」

----準決勝突破、おめでとうございます!

「有難うございます! 試合前、佐竹(のぞみ)選手が私との対戦を「すごく楽しみ」とおっしゃって下さったので、自分も全力を出して、その思いに精一杯応えたいと思って挑みました。試合が終わった後「決勝頑張って」と声をかけて下さって……。自分もスッキリとしたいい試合が出来て良かったです」

----見事な試合内容でした。

「練習の時から昔の感覚を取り戻して、自分らしい戦いが出来たと思います」

----その試合の後、晴れて高校を卒業しました。

「まだ卒業して1ヶ月ちょっとしか経ってないですが、学生気分はすっかり抜けました(笑)」

陣内まどか
陣内まどか


----聞くところによると、車の教習所に通っているとか。

「そうなんです。今は週5日、1日8時間きっちり働いて、土日に教習所行って、あとは練習。ほとんど家にいません(笑)」

----それはハードですね。

「学生の頃は土日が楽しみだったのですが、もう曜日感覚もなくなっています。学生ってラクですよね(笑)」

----そんな忙しい中で練習し、いよいよ決勝戦が目前に迫ってきました。谷山選手と二度目の対戦です。

「はい。初めての時よりも再戦の方が緊張感があって……初対戦よりドキドキしてます」

----谷山選手の印象はどうでしたか?

「体幹が強くて、押し負かされた感じでした。なのでそれを意識して練習をしています」

----今回はどんな試合にしたいですか?

「自分の距離で、やってきた事を全て出し切りたいです」

----ではファンの皆さんへメッセージをお願いします。

「チャンスを頂いて今回もリングに上がれるので、一生懸命戦って、次のタイトルマッチにつなげていきたいです」

----谷山選手にもひと言お願いします。

「早いうちに再戦となりましたが、全力でぶつかっていくので宜しくお願いします」

 

■谷山佳菜子「蝶のように舞い、蜂のように刺す」

----まずは前回、谷村(郁江)戦の感想をお聞かせ下さい。

「自分としては今までで一番良くない試合でした。これまでは一戦一戦終えるごとに成長を感じていたのですが、自分の持ち味が全然出せませんでした」

----谷村選手も実力のある選手です。

「はい。圧力があって手数も多かったです。すごく研究されてきたな、とも感じました」

----思えばデビューしてから、トーナメント中心の緊張感の続く試合ばかりで……。

「確かに気が抜けませんが、とりあえず寝れば解消するので。疲れた時にはゆっくり寝るに限りますね(笑)」

谷山佳菜子
谷山佳菜子


----ここまで5戦こなしてきましたが、自分の中で成長したと感じる部分はどこですか?

「最初はリングに上がるというだけで緊張してなかなか慣れなかったですが、だいぶソワソワしなくなりました(笑)」

----今回の相手、陣内選手とは二戦目ですが、どんな心境でしょうか。

「前回よりもパワーアップしているだろうな、と思います。これといって対策を練っているわけではないですが、技の切れやスピード、自分の持ち味を活かして戦えればと思っています。私も前回よりパワーアップした姿を見せたいですね」

----ここで勝てばいよいよタイトルマッチ。願っていた王者との対戦です。

「はい。大石選手も空手出身の選手なので、暗黙で空手対決になっちゃうのもいいですよね。勝手に顔面なしルールとか(笑)」

----(笑)。その前に、今回はどんな試合にしたいですか?

「前回の大会で解説の熊谷直子さんがおっしゃって下さった「蝶のように舞い、蜂のように刺す」これを信条に挑みたいです。いつも「蹴ってよし、打って良し、動いてよし」なので(笑)」

----では最後に、陣内選手にひと言お願いします。

「今回が2回目の対戦になりますが、前回よりも上回る、良い試合をしましょう! 押忍」

 

■J-NETWORK
『J-FIGHT&J-GIRLS 2012』

2012年5月13日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

<全対戦カード>(左:赤コーナー/右:青コーナー)


▼第9試合 メインイベント ライト級(61.23kg以下)契約  サバイバルマッチ1
増田卓仁
[Takuhito Masuda]
(WSRフェアテックス/
WPMFライト級9位)
VS 生井“パナスティック”宏樹
[Namai “Panasuthikku”Hiroki]
(フォルティス渋谷/
J-NETWORKライト級8位)

▼第8試合 セミファイナル J-GIRLS バンタム級(53.52kg以下)
 次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦  サバイバルマッチ1
谷山佳菜子
[Kanako Taniyama]
(正道会館 東大阪本部/
J-GIRLS -53kg Japan Queen 王者、
J-GIRLSバンタム級3位)
VS 陣内まどか
[Madoka Jinnai]
(フォルティス渋谷/
J-GIRLSバンタム級5位)

▼第7試合 スペシャルエキシビションマッチ  2分2R
吉田実代
[Miyo Yoshida]
(BLUE DOG GYM)
VS 安倍基江
[Motoe Abe]
(アカデミア・アーザ/
J-GIRLSミニフライ級王者、
WPMF日本ライトフライ級王者、
2009年 Japan Queen王者、
2009年 World Queen準優勝)

▼第6試合 J-GIRLS フライ級(50.80kg以下)
 次期王者挑戦者決定リーグ1  サバイバルマッチ1
トモコSP
[Tomoko Special]
(WSRフェアテックス)
VS 櫻弥生
[Yayoi Sakura]
(Madness Cherry)


▼第5試合 54kg契約  サバイバルマッチ1

松川敬子
[Keiko Matsukawa]
(村澤道場)
VS 舞獅
[Mai]
(レグルス池袋)

▼第4試合 スーパーライト級(63.50kg以下)  3分3R
堤価月
[Kaduki Tsutsumi]
(JTクラブ)
VS RUI
[Rui]
(レジェンド横浜)
▼第3試合 55kg契約  3分3R
MITSUKI B-FAMILY NEO
[Mitsuki B-Family Neo]
(B-FAMILY NEO)
※MITSUKIより改名
VS チャンジュ
[Chanjoo]
(OGUNI-GYM)

▼第2試合 54kg契約  3分3R
今井良次
[Ryoji Imai]
(ポゴナクラブ)
VS 高木慎一
[Shinichi Takagi]
(ウルフキックボクシングジム)

▼第1試合 59kg契約  3分3R
スガチャイ武士
[Sugachai Bushi]
(KIBAマーシャルアーツ)
VS 菅原正道
[Sugawara Masamichi]
(S.V.G)

※ 選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございますので予めご了承下さい。

<チケット料金>
VIP席 15,000円※完売  SRS席 9,000円  RS席7,000円  S席5,000円※残りわずか!
※当日券は¥1,000増し
※立見¥3,000(当日売り)

<チケット販売所>
チケットぴあ
J-NETWORK株式会社

<問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03−3498−2350
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。