J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

9.16J-GIRLS新宿大会
バンタム級タイトルマッチ
谷山佳菜子と大石ゆきのからコメントが到着

 


2012年9月16日(日)東京・新宿FACEにて行われる『J-GIRLS 2012 〜Platinum's In The Ring 4th〜』。

?昨年、総勢7名のトーナメントを勝ち上がり悲願のチャンピオンとなった・大石ゆきの(OISHI GYM)が今大会にて初防衛戦を行う。挑戦者は6戦無敗の“戦う美人看護師”谷山佳菜子(正道会館 東大阪本部/J-GIRLSバンタム級1位)。昨年-53kg Japan Queen初代王座を獲得し、いよいよJ-GIRLSのベルト奪取に挑む。

空手家同士の頂上決戦、今二人は何を思っているのか。
大一番を控えた両選手に話を聞いた。

 

■谷山佳菜子「バンタム級のチャンピオンを目指してここまできた」

----いよいよですが、体調は?

「はい! バッチリです!」

----この夏はどこかに出かけましたか?

「いや〜、全然どこにも行ってないですね。1ヶ月半ほど前から減量を始めたので」

----ちょっと早めですよね。

「そうですね。7月までは普通に食べて、8月からは減量に入りました。とりあえず甘いものを食べないようにして(笑)。痩せるというだけではなく、気持ちを切り替えるために早めに始めました。10日前でもうリミットまで落ちたので、いつでもやれます(笑)」

谷山佳菜子
谷山佳菜子


----素晴らしい心意気です! これまでの6戦を振り返って、どの試合が心に残っていますか?

「(今年2月の)谷村選手との試合ですね。うまくいかなかったという意味で。自分らしさが全然出せませんでした」

----これまで参戦した日に、ゆきの選手の試合もありました。

「はい。ですが会場では試合順とかの関係で全然見てなくて。映像で見ました。繰り返しいっぱい見たので対策も立てられています」

----今回は空手家対決になります。

「そうですね。ですがゆきの選手は打ち合うって感じですよね。どっちのいい面が出せるかが勝負。ゆきの選手のスタイルが出るか、私のスタイルでいけるか、それによって勝敗が分かれると思います」

----後川先生からはどんな指導を受けていますか?

「とにかく自分の動きができるように、というのが一番なので、その上でスピード・パワー・テクニックを上げています」

----どんな試合にしたいですか?

「やっぱり自分のスタイルを貫いて、思いっきり動いていきたいです」

----では、ゆきの選手にひと言お願いします。

「ずっとバンタム級のチャンピオンを目指してここまできたので、全力でベルトを獲りにいきます」

 

■大石ゆきの「空手家らしくバチバチに打ち合いましょう!」

----昨年王者になった時は高校生でしたが、晴れて大学進学。女子大ですか?

「そうなんですよ〜。女子大です! 性格的に女の子とワイワイっていうのは合わないから、みんなに「大丈夫?」って言われたんですけど。まぁ、それなりに楽しくやってます(笑)」

----大学生になって環境はやっぱり変わった?

「大学って日によって授業がまちまちなので、その分寝れる事が多いですね(笑)。でも他はそんなに変わらないかな。練習量も昔と変わらないし。学校行って、バイトして、練習して、みたいな」

----バイトは何を?

「ケーキ屋さんです。ジムの近くにある。高1の2月位からずっと続けてます。途中で休んだ事もあったんですけど、(バイト先の)皆さんがすごく応援してくれて、本当に有難いと思っています」

大石ゆきの
大石ゆきの


----さて、7月大会ではお姉さんの綾乃選手が先にベルトを防衛しました。

「はい。あの日はスカイAさんの解説をやらせて頂いてたので、じっくりは見ていないのですが。でも防衛できてよかったです。自分も続かなきゃって思います」

----綾乃選手、堂々としてましたね。

「多分自信があったんだと思います。お姉ちゃんはポジティブなんですよ。私は逆にネガティブで。いっつも「どうしよどうしよ」ってなってます(笑)」

----とはいえ、いよいよあと僅かです。谷山選手の試合は見ましたか?

「会場では3Rまるっと見てないです。でもなんか、やりづらそう(笑)。谷山選手ってヒットアンドアウェイじゃないですか。捕まえられるかどうかってとこですよね」

----注意点は?

「やっぱり前蹴りがうまいですからね。もらわないようにしなきゃって思います。自分は相手によって戦法を変えられないので、特に対策を練る事もなく、自分は自分の戦いをするだけです」

----では最後に、谷山選手にひと言お願いします。

「空手家らしくバチバチに打ち合いましょう! 「バチバチ」というのがキーワードですよ!」



■J-NETWORK
『J-GIRLS 2012 〜Platinum's In The Ring 4th〜』

2012年9月16日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

<全対戦カード>(左:赤コーナー/右:青コーナー)

▼メインイベント J-GIRLSバンタム級タイトルマッチ  2分5R(延長1R)
大石ゆきの
[Oishi Yukino]
(OISHI GYM/
J-GIRLSバンタム級1位)
VS 谷山佳菜子
[Kanako Taniyama]
(正道会館 東大阪本部/
J-GIRLSバンタム級1位、
J-GIRLS -53kg Japan Queen 王者)

▼第10試合 J-GIRLSミニフライ級王座決定トーナメント一回戦  サバイバルマッチ1

紅絹
[Momi]
(フォルティス渋谷/
J-GIRLSミニフライ級1位)

VS 三堀“SMILE”美弥子
[Mitsuhori Smile Miyako]
(Y'ZD GYM)

▼第9試合 J-GIRLSミニフライ級王座決定トーナメント一回戦  サバイバルマッチ1
白築杏奈
[Anna Shiratuki]
(138 KICKBOXING CLUB/
J-GIRLSフライ級4位、
2011年J-GIRLSフライ級
ニューヒロイントーナメント優勝 )
VS 美保
[Miho]
(KFG/J-GIRLSアトム級1位)

▼第8試合 特別企画 アイスリボン スペシャルプロレスマッチ
 タッグマッチ20分1本勝負
志田光&つくし
[Hikaru Shida]&[Tsukushi]
VS 星ハム子&成宮真希
[Hamuko Hoshi]&[Maki Narumiya]
レフェリー 佐藤淳一

▼第7試合 フライ級 3分3R ※ヒジあり
ダイナモ☆プチ
[Dainamo Puchi]
(MA・契明ジム/
MA日本フライ級7位)
VS 小笠原暎作
[Eisaku Ogasawara]
(クロスポイント吉祥寺/
WPMF日本フライ級7位)

▼第6試合 52.1kg契約  サバイバルマッチ1
難波久美
[Kumi Nanba]
(MA・契明ジム/
J-GIRLSバンタム級3位、
日本チャクリキ協会
バンタム級女子王者)
VS 谷村郁江
[Ikue Tanimura]
(リアルディール/
J-GIRLSバンタム級6位)

▼第5試合 フライ級 サバイバルマッチ1
勝山舞子
[Maiko Katsuyama]
(NJKF・上州松井ジム/
元MTIA世界女子
スーパーフライ級王者)
VS 白石瑠里
[Ruri Shiraishi]
(新日本・藤本ジム)

▼第4試合 バンタム級  サバイバルマッチ1
舞獅
[Mai]
(レグルス池袋)
VS 聖☆羅
[Seira]
(クロスポイント大泉/
J-GIRLS 2010年
U-15ミニフライ級王者、
M-1ジュニア女子40&50kg級王者)

▼第3試合 PRE J-GIRLS Aリーグ -54kg級 1分30秒2R
立川友見
[Yumi Tachikawa]
(レグルス池袋)
VS 宮川伊織
[Iori Miyakawa]
(T-KIX GYM)

▼第2試合 PRE J-GIRLS Bリーグ +61kg級 1分2R
村山直
[Nao Murayama]
(Team DATE)
VS 山﨑由利
[Yuri Yamazaki]
(T-KIX GYM)

▼第1試合 PRE J-GIRLS Bリーグ -51kg級 1分2R
山田華
[Hana Yamada]
(Team DATE)
VS 田中麻美
[Asami Tanaka]
(WSRフェアテックス)


※ 選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございますので予めご了承下さい。

<チケット料金>
VIP席15,000円(特典あり。枚数限定)※完売
SRS席9,000円※残りわずか
RS席7,000円
S席5,000円 
※当日券は1,000円増し
※立見3,000円(当日売り)

<チケット販売所>
チケットぴあ
J-NETWORK株式会社

<問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03−3498−2350
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。