J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

7.28『J-GIRLS 2013 ~Victorious Goddess 3rd~』
バンタム級王座決定戦
陣内まどかと谷村郁江からコメントが到着

 

2013年7月28日(日)東京・新宿FACEにて『J-GIRLS 2013 ~Victorious Goddess 3rd~』が行われる。

現J-GIRLSバンタム級王者・大石ゆきの(OISHI GYM)の引退表明とベルト返上を受け、5月のJ-GIRLSより始まった王座決定トーナメント。ここで勝ち上がった陣内まどか(エスジム/J- GIRLSバンタム級1位、WPMF女子日本バンタム級王者)と谷村郁江(リアルディール/J-GIRLSバンタム級2位)による頂上決戦がいよいよ行わ れる。

陣内と谷村はともに2010年より同トーナメントに参戦。その一回戦にて対戦しており、2-1の僅差の判定で陣内が勝利している。谷村がリベンジに成功、悲願の初戴冠なるか!? それとも陣内がWPMF女子日本バンタム級に続く2本目のベルトを巻くか!?
一大決戦を前に、両選手より現在の心境を聞いた。

■陣内まどか「私の試合ってクロウト好み」

----いよいよ大一番です。

「調子はいいです。(7/21時点)体は今ピークでしんどいですけど。でも気持ち的には上がっているし、試合前でも週1はオフにしているので。火曜日まで追いこみですが頑張ります」

----対戦相手の谷村選手とは過去1戦しました。

「はい、しっかり覚えています。勝ったには勝ったけどギリギリの判定で。自分的にも動けていなかった記憶があります。今回も勝つ気は満々ですが、その試合を思いだすと…どうなるかわからないですね」」

陣内まどか
陣内まどか


----谷村選手の警戒する点は?

「とにかくパンチで前へ前へ出てくるので、当たり負けしないようにしたいですね」

----今回のトーナメント一回戦を振り返っていかがでしたか?

「自分の距離、スタイルで戦えた~と思ったんですけど、もう一歩いけたような気がしました。周りにも「もっと攻められた」と言われましたし、見合ってる場面が多かったと思います。反省が多い試合でしたね」

----なるほど。陣内選手はストイックな印象がありますが、週1のオフはどう過ごしていますか?

「試合がない時は友達と買物に行ったりしていますが、試合前のオフは家でのんびりして、スピードを出さず軽くジョギングする程度に走っています。あとはマッサージしたり。次の日の練習のために、明日のために過ごすっていう感じですね(笑)」

----では谷村選手にひと言お願いします。

「今回はメインでタイトルマッチなので、お客様が見ていて面白い試合をしましょう」

----面白い試合…?

「私の試合ってクロウト好みじゃないですか(笑)。蹴りの選手なので華やかではないし(笑)。だから初めて見るお客様にも楽しんでもらえる試合をしたいです。でも今回はタイトルマッチなので、やっぱり獲りにいくスタイルは変えられないんですけど(笑)。気持ち的に、自分も楽しんでやりたいとは思っています」

----では最後に、応援して下さる方にメッセージを!

「この通り、私はパンチャーではないので(笑)。でも蹴りをいっぱい出して、お客様が楽しめる試合をするよう頑張りますので、応援宜しくお願いします!」

 

 

■谷村郁江「2本目は渡しません!」

----調子はいかがですか?

「暑いですね~。夏バテはしていないですけど、九州は暑いです。体重はもう落ちてます。まぁそもそもあまり減量がないですが」

----初のタイトルマッチ、気持ち的にはいかがですか?

「緊張と楽しみなのが混ざっている感じです。試合間隔が短いので身体は慣れている気がします」

----陣内選手とは二度目の対戦です。

「前回の試合、すごい覚えています。当時の陣内選手はスーパー女子高生として注目を浴びていて、デビュー戦から無敗で上がってきていて。小さい頃から空手とかやっているのでキャリアの違いはあるな、とは思っていたんですけど、どんな試合になるんだろうって、ここで勝ったら大きいなって気持ちがありました」

谷村郁江
谷村郁江


----お互いに鼻血を流しながらの大熱戦でしたよね。

「距離がうまくとれなくて。お互い前に前に出るからバッティングしちゃって。でも今までの試合の中でも印象深い試合でした。やりごたえがあったというか(笑)」

----今回のトーナメント一回戦はいかがでしたか?

「対戦相手の舞獅選手はダウンの奪い合いという壮絶な試合もしていたので、強いパンチを持っているだろうし、気持ちも強いだろうって。私も舞獅選手もお互い引かないタイプなので、どうなるだろうと。ただ実際に戦ってみて、思ったより体が小さくて。想像がすごく膨らんでいましたが、まぁ、大丈夫でした(笑)」

----前回の提出書類に「最後のチャンスをつかみます」と書いてあって、それがすごく気になっていたのですが。

「トーナメントに毎年出させて頂いて、ワンマッチも含め結果が出せていなかったので、それがすごく重荷になっていて。本人が頑張っても結果が出せなかったらダメだって。もう東京には呼んでもらえないかなって思って、それで…」

----意味深だったので心配しましたがよかったです。今回はどんな対策を立てて挑みますか?

「陣内選手は蹴りが中心のムエタイスタイル。なので蹴りvs.パンチになると思います。今から技術を上げるのは無理なので、元々自分が持っているものを活かして戦います。バッティングには今回気をつけたいですね(笑)」

----では最後に、陣内選手にひと言お願いします!

「3年前の借りを返させてもらいます。陣内選手は1本ベルト持っているので、2本目は渡しません!」



■J-NETWORK
『J-GIRLS 2013 ~Victorious Goddess 3rd~』

2013年7月28日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

<全対戦カード>

(左:赤コーナー/右:青コーナー)

▼第13試合メインイベント
J-GIRLSバンタム級王座決定戦  2分5R(延長1R)

  陣内まどか
[Madoka Jinnai]
VS 谷村郁江
[Ikue Tanimura]
 
エスジム/
J-GIRLSバンタム級1位、
WPMF女子日本バンタム級王者
リアルディール/
J-GIRLSバンタム級2位
▼第12試合セミファイナル
J-GIRLSアトム級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦  サバイバルマッチ1
  キラッ☆Chihiro
[Kira Chihiro]
VS 443
[Yoshimi]
 
魁塾/
J-GIRLSアトム級3位、
2013年J-GIRLS
アトム級ニューヒロイン
トーナメント優勝
 フォルティス渋谷/
J-GIRLSアトム級6位
▼第11試合
J-GIRLSランキング査定試合 アトム級  サバイバルマッチ1
  百花
[Momoka]
VS 松下えみ
[Emi Matsushita]
 
TB.NATION/
JEWELS KICK 47kg級王者
T-KIX GYM
▼第10試合 
岡田敦子引退セレモニー スペシャルエキシビションマッチ ※1Rごとに選手入替
  岡田敦子
[Atsuko Okada]
VS 大島つばき
[Tsubaki Ooshima]
 
初代M-1女子
ミニフライ級王者、
W.M.F.世界
ライトフライ級王者
 フォルティス渋谷/
J-GIRLSアトム級王者
未奈
[Mina]
秀晃道場/
J-GIRLSフェザー級3位、
SB女子日本バンタム級3位 
X
 
 
▼第9試合 58kg契約  2分3R
  亜利弥’
[Ariya]
VS 成沢紀予
[Kiyo Narusawa]
 
L'GALAXY フォルティス渋谷/
J-GIRLSフェザー級2位
▼第8試合 47kg契約  サバイバルマッチ1
  美保
[Miho]
VS 高野聡美
[Satomi Takano]
 
KFG URAWA/
J-GIRLSミニフライ級1位
 クラブバーバリアン
▼第7試合 バンタム級  2分3R
  瑠璃
[Ruri]
VS 三宅芳美
[Yoshimi Miyake]
 
京都亀岡キックボクシングジム take1
▼第6試合 48kg契約  2分3R
  大川かおる
[Kaoru Ookawa]
VS Eneos朱里
[Eneos Akari]
 
トイカツ道場
※デビュー戦
SB・グラップリングシュートボクサーズ
▼第5試合 54kg契約  2分3R
  横田香織
[Kaori Yokota]
VS 佐藤和乃
[Wano Satou]
 
KICK BOX
※デビュー戦
NJKF/新興ムエタイ
※デビュー戦
▼第4試合 PRE J-GIRLS Aリーグ -46kg級  1分30秒2R
  新井美穂
[Miho Arai]
VS 吉尾紗良
[Sara Yoshio]
 
拳蹴塾 レジェンド横浜
▼第3試合 PRE J-GIRLS Bリーグ +61kg級  1分2R
  山﨑由利
[Yuri Yamazaki]
VS 齊藤寛子
[Hiroko Saitou]
 
GTジム 西山道場/夷隅
▼第2試合 PRE J-GIRLS Bリーグ -54kg級  1分2R
  中三川亜由美
[Ayumi Nakamigawa]
VS 並木月海
[Tsukimi Namiki]
 
GTジム 旭ジム
▼第1試合 PRE J-GIRLS Bリーグ 50kg契約  1分2R
  中山ひとみ
[Hitomi Nakayama]
VS 鎌田麻衣
[Mai Kamata]
 
バンゲリングベイ・
スピリット恵比寿
レジェンド横浜


※選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございます。

<チケット料金>
VIP席15,000円(特典あり。枚数限定) SRS席9,000円 RS席7,000円 S席5,000円 
※当日券は1,000円増し
※立見3,000円(当日売り)

<チケット販売所>
チケットぴあ
J-NETWORK株式会社

<問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03−3498−2350
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。