J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

11.17『J-GIRLS 2013 ~Victorious Goddess FINAL~』
ミニフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント一回戦
白築杏奈と勝山舞子からコメントが到着

 

2013年11月17日(日)東京・新宿FACEにて2013年最後のJ-GIRLSシリーズ『J-GIRLS 2013 ~Victorious Goddess FINAL~』が行われる。

現ミニフライ級王者・紅絹(フォルティス渋谷)の保持するタイトル挑戦権を懸け、いよいよ、総勢6名にてミニフライ級次期王者挑戦者決定トーナメントが開幕する。

インタビュー第一弾は白築杏奈(138 KICKBOXING CLUB/J-GIRLSミニフライ級2位、2011年J-GIRLSフライ級ニューヒロイントーナメント優勝)と勝山舞子(NJKF・拳之会/元MTIA世界女子スーパーフライ級王者)。
白築は昨年の同級王座決定戦・一回戦で美保(KFG URAWA/J-GIRLSミニフライ級1位)と対戦し、判定1-2のスプリットデジションで敗れ初黒星を喫した。対する勝山はミニフライ級黄金期の2008年に活躍したプロ戦績20戦を誇るベテラン選手。
ベルトに一歩近づくのは果たして…?

■白築杏奈「確実に全体的なパフォーマンスが上がっている」

----久々のJ-GIRLS、試合自体も1年2ヶ月ぶりですが、今どんな心境ですか?

「まだ試合まで少しありますが、凄く楽しみです。もちろん今回はミニフライ級の挑戦者決定トーナメントということで緊張感もありますが、日々の充実したトレーニングのおかげで、早くそれを試したいという気持ちが強いです」

----今回のトーナメント、参戦選手の顔ぶれを見てどう思いましたか?

「昨年は美保選手に黒星をつけられてしまったので、もう一度やりたいと思ってます。その為にも一回戦はどうしても勝たなければなりませんので、集中力を切らす事が無いよう全力を尽くします」

白築杏奈
白築杏奈


----対戦相手の勝山選手の印象はいかがでしょう?

「力強い選手という印象です。世界タイトルまで獲られた方との対戦なので、凄く楽しみです」

----別枠の2試合(美保vs.めぐみ、三堀vs.Eneos)はどうなると思いますか?

「順当に考えたら美保選手、三堀選手が上がってくると思いますが、試合では何が起こるか解りません。誰が上がって来ても良いように対策をするだけです」

----勝ち上がり3名のうち1人がシード権を獲得となります。

「考える過ぎるといけないので、もう最初から全員とやるつもりでいます」

----今回特に練習してきたところは?

「トータルのバランスを見つめ直しました。6月に所属ジムが移転して設備も凄く充実しているので良い練習が積めています。確実に全体的なパフォーマンスが上がっている自信があります」

----ジム全体としても絶好調だとお聞きしました。 

「はい。仲間達の勝利は自分のことのように嬉しいです。今年のクラブ全体の成績も全勝で私まで繋いでくれたので期待に応えたいです」

----なるほど。勝利を繋いでいきたいですね。では勝山選手にひと言お願いします。

「全力でぶつかって行きますので宜しくお願いします」

 

■勝山舞子「シード権は欲しくない」

----いよいよトーナメント開幕です。

「4年位キックから離れてたので、最近の選手みんな分からなくて。なので特に気になる選手はいませんね」

----対戦相手の白築選手はご存じでしたか? 印象は?

「背が高い。(白築の出身)広島=近い。ですかね(笑)」

----今回勝ち上がったら、次はやっぱりシードが欲しい?

「多分勝ち上がってくるのは美保選手と三堀選手ですよね。でもシード権は欲しくないです。誰とでもいいので試合したい。女子選手にとっては1試合1試合がとても貴重だと思うので」

勝山舞子
勝山舞子


----頼もしいです! このトーナメントに向けて、重点的に練習してきたところはどこですか?

「技とか対策よりも、基本を見直しました。ジャブ、ワンツー、構えとか。自分の癖とかファイトスタイルを直すのが大変でした」

----昨年9月に復帰してから既に4戦こなしていますが、嬉しかったこと、逆につらかった事はありますか?

「日々仕事と練習でハードなので、ちょっと時間が出来た時とか些細な事で喜びを感じるので、特別に嬉しかった事とか思い浮かばないです。つらい事とかも無いです。というか、つらい思いとかしたくないから、面倒な事からはすぐ逃げます(笑)」

----それは前向き、という事ですよね(笑)。では最後に白築選手にひと言お願いします。

「お互い頑張りましょう!」

----有難うございます。


■J-NETWORK
『J-GIRLS 2013 ~Victorious Goddess FINAL~』

2013年11月17日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

【対戦カード】

<決定対戦カード>

(左:赤コーナー/右:青コーナー)

▼J-GIRLSミニフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1
  美保
[Miho]
VS めぐみ
[Megumi]
 
KFG URAWA/
J-GIRLSミニフライ級1位
日進会館


▼J-GIRLSミニフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1

  白築杏奈
[Anna Shiratsuki]
VS 勝山舞子
[Maiko Katsuyama]
 
138 KICKBOXING CLUB/
J-GIRLSミニフライ級2位、
2011年J-GIRLSフライ級
ニューヒロイントーナメント優勝
NJKF・拳之会/
元MTIA世界女子
スーパーフライ級王者
▼J-GIRLSミニフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1
  三堀“SMILE”美弥子
[Mitsuhori Smile Miyako]
VS Eneos朱里
[Eneos Akari]
 
Y'ZD GYM/
J-GIRLSミニフライ級3位
SB・グラップリング
シュートボクサーズ
▼J-GIRLSフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦  サバイバルマッチ1
  難波久美
[Kumi Nanba]
VS 松田玲奈
[Rena Matsuda]
 
契明ジム/
J-GIRLSバンタム級3位、
日本チャクリキ協会
バンタム級女子王者
y-park/
J-GIRLSフライ級2位
▼55kg契約  2分3R
  松川敬子
[Keiko Matsukawa]
VS 和乃
[Wano]
 
村澤道場 NJKF/
新興ムエタイ
▼46kg契約  2分3R
  大川かおる
[Kaoru Ookawa]
VS 新井美穂
[Miho Arai]
 
トイカツ道場 拳蹴塾
※デビュー戦
▼フライ級  サバイバルマッチ1
  白石瑠里
[Ruri Shiraishi]
VS 大塚尚子
[Nako Ootsuka]
 
新日本・藤本ジム/
J-GIRLSフライ級7位
SB・シーザージム新小岩/
SB女子ミニフライ級4位


※ カード順は未定。
※ 選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございますので予めご了承下さい。

<チケット料金>
VIP席15,000円(特典あり。枚数限定) SRS席9,000円 RS席7,000円 S席5,000円 
※当日券は1,000円増し
※立見3,000円(当日売り)

<チケット販売所>
CNプレイガイド
J-NETWORK株式会社

<問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03−3498−2350
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。