J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

2.23『J-FIGHT&J-GIRLS 2014 1st』
J-GIRLSピン級初代王座決定トーナメント一回戦
参戦4選手からコメントが到着
全試合順発表

 

2014年2月23日(日)東京・新宿FACEにて2014年初のJ-NETWORK主催男女合同興行『J-FIGHT&J-GIRLS 2014 1st』が行われる。

今年から新たに新設されたJ-GIRLSピン級(45.36kg以下)。その初代王座決定トーナメントが1月のJ-GIRLSより開幕した。
トー ナメントは総勢8名で行われ、1月大会では関西最強姉妹の姉・キラッ☆Chihiro(魁塾/J-GIRLSアトム級3位、2013年J-GIRLSアト ム級ニューヒロイントーナメント優勝)、シュートボクシングでも活躍するMARI(NJKF・ナックルズGYM)が勝ち上がった。
今大会の参戦4 選手、昨年J-GIRLSアトム級タイトルマッチを行った443(フォルティス渋谷/J-GIRLSアトム級1位)、トーナメント参戦選手で唯一のベルト 保持者である百花(TB.NATION/JEWELS KICK 47kg級王者)、戦う美人社長・松下えみ(T-KIX GYM/J-GIRLSアトム級5位)、J-GIRLS初参戦の17才・吉野楓香(闘神塾)よりコメントが届いた。

■443「お手柔らかにお願いします」

----昨年はJ-GIRLS史上初の同門タイトルマッチを行いました。改めてその時の感想を教えて下さい。

「J-GIRLS初の同門対決だし、相手は(大島)つばきさんだし。緊張がなかったわけではないですが、何度もスパーしていただいていたこともあって、今までで一番身体が動きました。でもそれでベルトを獲れずにドローだったのだから、ただただ私が弱かっただけですね」

----そのアトム級のベルトを大島選手が返上。新たにピン級が創設されました。参戦選手の顔ぶれを見てどう思いましたか?

「いつもと一緒。みんな女子だなーって(笑)。私以外の人みんなが気になります。タイプも身長も、みんな持ってるものは違うので」

443
443


----1月の試合を観戦されましたがいかがでしたか?

「試合前は誰が勝ってもおかしくないと思ってました。でも結果を見たら結構勝った二人(ChihiroとMARI)が圧倒してて。他の二人も強いのに、勝った二人が強すぎだなーって」

----対戦相手・百花選手の印象は?

「印象……なんでも持ってる。ベルトも持ってるし、若さも持ってるし、顔もかわいいし、強いし。簡単に言えばずるいの一言。ただのひがみですね(笑)」

----別枠の松下えみvs.吉野楓香、どちらが上がってくると思いますか?

「勝負は何があるか分からないですからね。どっちということはあまり言いたくないですが、松下選手が以前私と戦いたいって言ってたみたいなので、ぜひ今回のトーナメントで戦うことになったらいいなと思います」

----勝ち上がったら準決勝の抽選会が行われ、次の相手が決まります。Chihiro選手とMARI選手、どちらと当たりたいですか?

「どっちと当たることになってもいいです。Chihiro選手とは一度やったことがあって延長になっちゃったから、本戦でしっかり決着つけたい気持ちもあるし、MARI選手は距離も抜群で強かった。二人ともいい選手です。ま~全ては勝ち上がったらの話ですけどね」

----契約体重が軽くなったことで、新しく取り入れた練習はありますか?

「特にありません。あっ、嘘つきました。減量前に食事を腹八分目にするという練習をしていました。あと強化したところは……胃腸です。
日本人は胃腸が弱いって言いますから」

----内臓強化ですか(笑)。では今年の抱負を教えて下さい。

「選手として勝つことはもちろんなんですけど、誰が見ても面白い試合をして、名前を少しでも多くの人に覚えていただけたらなと思います」

----プライベートでは?

「きゃ! そんなこと聞くんですか? 特にないのでこれから見つけていきます(笑)」

----では百花選手にひと言お願いします。

「うーん。お手柔らかにお願いします」

----応援して下さる方にメッセージをお願いします。

「2014年になってもう1か月以上の月日が経ってしまいましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? これからもどんどん進化していくので、楽しみにしていてください。ちなみに今は「ラマピテクス」から「アウストラロピテクス」になったあたりです」

----進化中ですね。楽しみにしています。

 

■百花「結果を出していってベルトを巻きたい」

----ほとんどの選手がそうですが、百花選手もこれまで通常体重より上の契約での試合が多かったと思います。

「これまで本当に「減量」というものをしたことが無く、逆に一生懸命食べて「増量」して試合に臨んでいました。体重を増やしても動けるように、食べて、トレーニングしての繰り返しでした」

----その苦労がかなり軽減されると思います。が、その分習得できた事もありそうですね。

「はい。今まで使っていなかった技を使いたいと思っています。また、そうしたテクニックを今、指導して貰っています」

----トーナメント参戦選手の中で気になる選手は誰ですか?

百花
百花


「地元大阪のキラッ☆Chihiro選手は意識しています。また、松下えみ選手には一度負けているので、リベンジしたいです」

----百花選手も1月の試合を観戦されましたが、その時の感想を教えて下さい。

「思っていた以上に、どの選手も今回のトーナメント用に特別な練習を積んでいるのが試合から伝わりました。私も「負けてはいられない」という気持ちになり、気合いを入れ直しました。観戦出来て良かったです。ありがとうございます」

----対戦相手・443選手の印象はいかがでしょうか?

「443選手はパワーが凄いあるなぁ、という印象です。打たれ負けるような試合にはしたくないので、私も気持ちでパワーに負けないようにしたいです」

----別枠はどうでしょうか。

「リベンジしたいと思っていますので、ここは松下えみ選手に上がってきてもらいたいです」

----1月の準決勝組み合わせ抽選会で、次の相手はChihiro選手かMARI選手になる事がすでに決まっています。

「願望としては準決勝で松下選手にリベンジして、決勝でChihiro選手と当たりたいとずっと思っていたんですけどね」

----今年はどんな年にしたいですか?

「やはりこのピン級のベルトを獲って、初代王者になることが最大の目標です。ただ昨年は練習と仕事だけだったので、プライベートでも思い出に残る事をして充実させたいですね(笑)」

----では443選手にひと言お願いします。

「この大会で一番盛り上がるように良い試合をしたいと思っています。よろしくお願いします」

----ファンの方にもメッセージをお願いします。

「昨年は2敗と、皆さんの期待を裏切る結果となって本当に悔しかったです。今年は一戦一戦、結果を出していってベルトを巻きたいです。
頑張りますので応援お願いいたします」

■松下えみ「興奮と見ごたえのある試合をします!」

----昨年は新鋭選手から現役王者まで、色々な選手と試合をされましたが、どの試合が印象深かったですか?

「百花選手とのJ-GIRLSランキング査定試合です。他団体のチャンピオンで強かったですが、勝てたのでうれしかったです!」

----その百花選手も含め、トーナメントは8名という人数で開幕しました。

「やっぱりな、というメンバーでしたね。キラッ☆Chihiro選手が気になります」

----1月の試合を見て、でしょうか?

松下えみ
松下えみ


「まぁでも出場選手がどうというより、1月の試合を観戦して「私も早く試合がしたいなー」と思いました!」

----別枠の443vs.百花、どちらが上がってくると思いますか?

「443選手ですね」

----勝ち上がったら準決勝は誰と当たりたい?

「MARI選手です。決勝でChihiro選手、もしくは443選手vs.百花選手の勝者に勝って優勝したいので!」

----今回の試合に向けて強化したところはありますか?

「体重が軽くなって変わったという部分は特にないですが、新しい技術を習得しました!」

----選手・会社経営と忙しい日々ですが、今年はどんな年にしたい?

「選手としては、もちろんチャンピオンになることです! プライベートでは(経営しているプレストフラワーの会社)POSHLの新商品をたくさん出していきたいです!」

----では対戦相手、吉野楓香選手にひと言お願いします。

「お互いに気持ちのこもったいい試合をしましょう!」

----応援して下さる方にもメッセージをお願いします。

「みなさんが「見てよかった」と思えるような興奮と見ごたえのある試合をします! 応援よろしくお願いします!」

 

■吉野楓香「とにかく戦いたい」

----まず、格闘技を始めようと思ったキッカケは?

「道場に見学に行って、カッコいいなと思ったからです」

----吉野選手は現役女子高生なんですよね。普段はどんな生活スタイルですか?

「学校に行って、夜は週3日程度練習してます。大体2時間位。で、オフはバイトって感じです」

----結構ハードですよね。吉野選手は今回がJ-GIRLS初参戦ですが、どんな心境ですか?

「初参戦で初代王座決定トーナメント、とてもいいチャンスを頂いたので、頑張るぞっていう気持ちです。有難うございます!」

吉野楓香
吉野楓香


----トーナメントは総勢8名と長い道のりになります。

「はい。でも強い選手が集まっている中、選んでもらえた事に喜びを感じています」

----気になる選手はいますか?

「やはり一回戦で戦う松下選手が気になりますね」

----別枠の443vs.百花はどちらが勝ち上がると思う?

「百花選手です」

----勝ち上がったら準決勝は誰と当たりたい?

「試合が出来るのなら誰でもいいです。とにかく戦いたいので」

----契約体重が軽くなったことで、新しく取り入れた練習はありますか?

「今まで体重を増やすのが苦労しましたが、契約が軽くなって特に新しく取り入れた事はないですね」

----今年の抱負を教えて下さい。

「もっと強くなって有名になることです」

----プライベートでの目標はありますか?

「今は強くなるためだけに集中しています!」

----頼もしいですね。では対戦相手の松下選手にひと言お願いします。

「たくさん打ち合って、いい試合をしましょう」

----応援して下さる方にメッセージをお願いします。

「その応援に応えられるように頑張ります」

----有難うございます!



■J-NETWORK
『J-FIGHT&J-GIRLS 2014 1st』

2014年2月23日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

【対戦カード】

<全対戦カード>

(左:赤コーナー/右:青コーナー)

▼第9試合メインイベント J-NETWORKスーパーフライ級次期王者挑戦者決定戦  サバイバルマッチ1
  優希
[Yuuki]
VS よーじろー
[Youjirou]
 
Desperado/
元J-NETWORK
スーパーフライ級王者、
J-NETWORK
スーパーフライ級1位、
WPMF日本スーパーフライ級7位
WSRフェアテックス/
J-NETWORKバンタム級1位、
WPMF日本スーパーフライ級5位

▼第8試合セミファイナル 60kg契約  3分3R ※ヒジあり
  笠原淳矢
[Jyunya Kasahara]
VS 羽田大輔
[Daisuke Haneda]
 
フォルティス渋谷/
元J-NETWORKスーパーフェザー級1位
K&Kボクシングクラブ/
J-NETWORKスーパーフェザー級9位

▼第7試合 J-GIRLSミニフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント 準決勝
 サバイバルマッチ1
  美保
[Miho]
VS 三堀“SMILE”美弥子
[Mitsuhori Smile Miyako]
 
KFG URAWA/
J-GIRLSミニフライ級1位
Y'ZD GYM/
J-GIRLSミニフライ級3位

▼第6試合 J-GIRLSピン級初代王座決定トーナメント 一回戦  サバイバルマッチ1
  443
[Yoshimi]
VS 百花
[Momoka]
 
フォルティス渋谷/
J-GIRLSアトム級1位
TB.NATION/
JEWELS KICK 47kg級王者

▼第5試合 J-GIRLSピン級初代王座決定トーナメント 一回戦  サバイバルマッチ1
  松下えみ
[Emi Matsushita]
VS 吉野楓香
[Fuuka Yoshino]
 
T-KIX GYM/
J-GIRLSアトム級5位
闘神塾

▼第4試合 バンタム級  3分3R ※ヒジあり
  林敬明
[Takaaki Hayashi]
VS 鰤鰤左衛門
[Buriburizaemon]
 
TSKjapan/
元TRIBERATE
スーパーバンタム級王者、
WPMF日本バンタム級7位
NJKF・CORE/
NJKFバンタム級6位

▼第3試合 ライト級  3分3R ※ヒジあり
  和幸・
ゴールドライフジム

[Kazuyuki Goldlifegym]
VS 小磯哲史
[Tetsushi Koiso]
 
ゴールドライフジム TESSAI GYM

▼第2試合 J-NETWORK 2014スーパーライト級新人王トーナメント一回戦
  サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
  武泰
[Takehiro]
VS 大地
[Daichi]
 
Team Gale 蹴空ジム
※デビュー戦

▼第1試合 46kg契約  2分3R
  COMACHI
[Comachi]
VS 大川かおる
[Kaoru Ookawa]
 
MSJ/J-GIRLSアトム級9位 トイカツ道場


※ 選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございますので予めご了承下さい。

<チケット料金>
VIP席15,000円(特典つき。枚数限定) SRS席10,000円 RS席7,000円 S席5,000円 
※当日券は1,000円増し

<チケット販売所>
J-NETWORK株式会社

<お問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03-3498-2350
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。