J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

4.13『J-FIGHT&J-GIRLS 2014 2nd』
J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント一回戦
参戦4選手からコメントが到着

 

2014年4月13日(日)東京・新宿FACEにてJ-NETWORK主催男女合同興行『J-FIGHT&J-GIRLS 2014 2nd』が行われる。

10代で二冠王となった陣内まどか(エスジム/J-GIRLSバンタム級王者、WPMF女子日本同級王者)。その陣内の保持するJ-GIRLSバンタム級のタイトル挑戦権獲得を目指し、今大会より開幕するJ-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント一回戦。
トー ナメントの顔であり、実力・経験値ともにトップクラスの谷村郁江(リアルディール/J-GIRLSバンタム級1位)。長期入院を経て昨年リング復帰を果た した“戦うママさんファイター”CruSher松川敬子(村澤道場)。各プロ・アマ大会で旋風を巻き起こしているTeam DATEからの超新鋭・伊達法(Team DATE)。178cmという日本女子選手では規格外の長身を武器に戦う和乃(NJKF・新興ムエタイ)。
新鋭選手からベテランまで……トーナメントに懸ける思いを聞いた。

 

■谷村郁江「この一回戦突破させてもらいます!」

---昨年はベルトまであと一歩というところでした。

「はい。気負いすぎてなかなか自分の思い通りに体が動かなくて。いいところが出せずじまいでした」

----早くも今回がプロ21戦めです。これまでもっとも印象深かった試合は?

「いつのまにか試合数が増えてましたが(笑)。一番印象にある試合は、やっぱり昨年の陣内(まどか)選手との王座決定戦です! 強い選手と試合できて『キックやっててよかった』と思いました」

----今回の一回戦の相手はCruSher松川敬子選手です。

谷村郁江
谷村郁江


「前は一階級上の選手だったので、ちゃんとは見たことないんですが、アグレッシブで気持ちの強い選手だと思いました!」

----パンチャー同士の壮絶な打ち合いになりそうですが。

「スタミナがあるので、最後手数で押しきられないようにすることです。対策は言えないですね~」

----ベテラン選手も皆さん「基礎が大事」とおっしゃいます。ところで、今後戦いたい選手はいますか?

「そうですね。他の大会で活躍している同じ階級の選手と戦ってみたいです!」

----新年度なので今後の抱負も教えて下さい。

「選手としては、とにかく自分の体をうまく使えるようにすることですね。あと色々環境が変わって、いろんな人との繋がりが増えてきてるので、人との出逢いを大切にしていきたいです」

----では対戦相手・松川選手にひと言お願いします。

「まずはこの一回戦突破させてもらいます! お互いいいファイトで会場を盛り上げましょう!」

 

 

■CruSher松川敬子「多分、強くなりましたよ!」

----復帰、そしていよいよ本戦トーナメント参戦。今はどんな心境ですか?

「多分私は復帰後、一戦一戦、レベルをあげて来ていると思います。多分、強くなりましたよ! 今回の試合までの間も、無器用な自分なりに一生懸命やってき ました。そして一歩一歩、少しずつ、練習を自分のものに出来ていると思います。だからとにかく不退転! 自分を信じて突き進むのみです」

----これまでの試合でもっとも印象深かったものは?

「陣内まどか選手との試合です。体調を崩す前最後の試合相手であり、復帰最初に手合わせして頂いた選手でもあるので」

CruSher松川敬子
CruSher松川敬子


----王者との因縁……。

「初めて対戦した時は緊張しすぎて試合直前にお腹が痛くなってしまって、サブイボが出ながらの入場でした(笑)。試合中も何もせずに終わってしまい、悔いが残りました。ちなみに復帰のエキシビションでは、とても自由にできて楽しかったです」

----さて今回の対戦相手、谷村選手の印象を教えて下さい。

「しっかり基本をおさえた人だなぁ、と。」

----(笑)。ご本人も「基本、基本」おっしゃっていました。今回の試合に向けて強化したところは?

「すぐに冷静さを失ってしまうので、精神面のコントロールが必要だと感じてます。あとはとにかく身体が硬いので柔らかく動けるように! と、色々考えて練習していました」

----今後の目標、戦いたい選手は?

「やっぱり陣内まどか選手。あと瑠璃選手(京都亀岡キックボクシングジム)です。まずはこのトーナメントを勝ち上がって陣内選手と再戦し、ベルトを頂きた いです。体調を崩す前よりもレベルアップしたという証にしたい。あと、いつも道場の男子中高校生や弟にやられてるので、やり返せるくらい強くなりたいです ね」

----男の子は急に力も強くなりますもんね。

「はい。小学4年になる息子にも、いつまでも負けないよう頑張りたいです(笑)」


■伊達法「とても楽しみです!」

---いよいよ、プロとしてJ-GIRLSのリングに上がります。

「はい! とても楽しみです!」

----今年2月にプロデビュー、その時の試合の感想を教えて下さい。

「相手は実力ある選手でしたが、リラックスして勝ててよかったです」

----今回の対戦相手・和乃選手は身長が178cmと長身の選手です。

「178cm! でもリーチの長いルミナ・K選手戦から学んだことを試すのみです!」

----今後戦ってみたい選手は?

伊達法
伊達法


「やっぱり陣内まどか選手ですね」

----これから選手としても夢いっぱいだと思いますが、今後の抱負は?

「とにかくベルトを取ります! お笑いの大会でも優勝して、ダブル優勝したいです!」

----芸人としての活躍もされているんですものね! では対戦相手の和乃選手にひと言お願いします。

「とにかくよろしくお願いします!」

----応援して下さる方にもメッセージをお願いします。

「戦うエンターテイナーとして、みせる試合、楽しんでもらえる試合をして勝ちます。応援よろしくお願いします!」

 

 

■和乃「“ゆるキャラ”みたいな存在になれたらなぁ」

----トーナメント初参戦です。現在の心境は?

「本当に自分が出ていいのかな? という感じです」

----これまでのプロ4戦を振り返っていかがですか?

「前回、後楽園ホールのリングに立てた事は、緊張もありましたがとても気持ちよかったです!」

----今回の相手は超新鋭の伊達法選手、別枠はベテランの谷村郁江選手vs.CruSher松川敬子選手。勝敗予想を教えて下さい。

「予想というか……。松川選手に一度負けているので、リベンジしたいような、避けたいような……」

和乃
和乃


----今回の試合に向けて強化したところは?

「スタミナ強化と、もっと自分の体格を活かせるよう練習しました」

----身長178cm、かなり長身ですものね。背が高くて得した事、逆に困った事もありますよね。

「大きいというだけで嫌がってもらえるのは得してるかなと思います。でもあまり選手だと思われないみたいで。プライベートでは「スーパーモデルみたいだ ね」と言われると、言葉では否定しつつも内心嬉しかったりします(笑)。ただ服のサイズがなくほぼメンズを着ているので、男性と間違われることも多いです が(笑)」

----なるほど~。でもこれから選手として、その強烈なインパクトを残していくわけですからね!

「インパクト。でも自分では『よくわからないけど何か気になる』という“ゆるキャラ”みたいな存在になれたらなぁと思います(笑)」

----(笑)。今後戦いたい選手はいますか?

「自分なんかとやって頂けるのであれば誰でも歓迎です!」

----頼もしいです! では対戦相手の伊達法選手にひと言お願いします。

「宜しくお願いします!」

----有難うございます!


『J-FIGHT&J-GIRLS 2014 2nd』

開催日時:2014年4月13日(日)
開場:17:00(予定)
試合開始:17:30(予定)

【対戦カード】

<決定対戦カード>

(左:赤コーナー/右:青コーナー)

▼J-GIRLSピン級初代王座決定トーナメント 準決勝  サバイバルマッチ1
  キラッ☆Chihiro
[Kira Chihiro]
VS 443
[Yoshimi]
 
魁塾/J-GIRLSピン級2位、
2013年J-GIRLSアトム級
ニューヒロイントーナメント優勝
フォルティス渋谷/
J-GIRLSピン級1位


▼J-GIRLSピン級初代王座決定トーナメント 準決勝  サバイバルマッチ1

  松下えみ
[Emi Matsushita]
VS MARI
[Mari]
 
T-KIX GYM/
J-GIRLSピン級3位
NJKF・ナックルズGYM/
J-GIRLSピン級4位

▼J-NETWORK 2014スーパーライト級新人王トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
  志賀平八郎
[Heihachirou Shiga]
VS パナスティック晟也
[Panastick Seiya]
 
橋本プレボ
※デビュー戦
フォルティス渋谷
※守田晟也より改名

▼J-NETWORK 2014スーパーフライ級新人王トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
  遠山翔太
[Syouta Tooyama]
VS 中田修三
[Syuuzou Nakata]
 
MONSTAR GYM レーング東中野

▼J-NETWORK 2014スーパーフライ級新人王トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
  生川龍星
[Ryuusei Narukawa]
VS 清水Pack-man保宏
[Shimizu Packman Yasuhiro]
 
魁塾 北眞舘
※デビュー戦

▼フライ級  2分3R
  白石瑠里
[Ruri Shiraishi]
VS あゆみ
[Ayumi]
 
新日本・藤本ジム/
J-GIRLSフライ級7位
NJKF・新興ムエタイ
※デビュー戦

▼J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦  サバイバルマッチ1
  谷村郁江
[Ikue Tanimura]
VS CruSher松川敬子
[Crusher Matsukawa Keiko]
 
リアルディール/
J-GIRLSバンタム級1位
村澤道場

▼J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦  サバイバルマッチ1
  伊達法
[Nori Date]
VS 和乃
[Wano]
 
Team DATE NJKF・新興ムエタイ


※ 選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございますので予めご了承下さい。

<チケット料金>
VIP席15,000円(特典つき。枚数限定) SRS席10,000円 RS席7,000円 S席5,000円 
※当日券は1,000円増し

<チケット販売所>
J-NETWORK株式会社

<お問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03-3498-2350
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。