J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

6.1『J-FIGHT&J-GIRLS 2014 3rd』
セミファイナル・大石綾乃と成沢紀予インタビュー
全対戦順発表

 

2014年6月1日(日)東京・新宿FACEにてJ-NETWORK主催男女合同興行『J-FIGHT&J-GIRLS 2014 2nd』が行われる。

長きにわたりJ-GIRLSフェザー級上位ランカーとして活躍し、今大会にて引退する成沢紀予(フォルティス渋谷/J-GIRLSフェザー級2 位)、その相手をつとめる現J-GIRLSフェザー級王者の大石綾乃(OISHI GYM/初代WBCムエタイ日本女子フェザー級王者)。

二人は2009年4月のJ-GIRLS以来今回が三度目の対戦、過去二戦とも大石に軍配が上がっている。大石にとっては昨年3月のNJKF興行以 来、1年3ヶ月ぶりのリングとあり絶対に外せない復帰戦、また成沢にとっては最後の大物にリベンジを果たし晴れやかにリングを降りたいところ。
譲れない思い……大一番を控えた両選手から話を聞いた。

またVIP席以外の全席種が残りわずかとなっており、完売次第、当日立見券を販売する。

 

■大石綾乃「紀予さんは引退だけど、私は復帰戦」

---昨年の6月頃、ケガをされてからかなりの長期休養となりましたが、現在の状態は?

「大丈夫です。ずっとリハビリをやってきて、10ヶ月位経ってそろそろ大丈夫じゃないかってドクターと話していたとこだったので。タイミングとしてはちょうど良かったです」

----1年3ヶ月ぶりのリングになります。

「若干緊張しますね(笑)。こんなにあいたことが今までなかったので」

----お休みしている間、フェザー級でも動きがありました。

大石綾乃
大石綾乃


「そうですよね。佐々木(仁子)さんの引退も休んでいる間だったし。複雑な心境ですね。気がつけばどんどん同じ階級の選手がいなくなっちゃって。寂しいよ~って感じです」

----そして今回が成沢選手。成沢選手とはこれまで2008年11月と2009年4月に対戦しています。 

「うわ~、もうそんなに経つんだ! まだ3年前位かと思ってたのに。逆に新鮮かもしれないですよね」

---印象はどうでしたか?

「初戦はJ-GIRLSに出て2、3戦目のガチガチの時でしたが……やっぱり背が高くてやりづらいって印象でしたね」

----引退する相手をつとめるというのはどんな心境ですか?

「紀予さんには普段から可愛がってもらっているので、最後の相手が私で嬉しかったです。でも、紀予さんは引退だけど、私は復帰戦。だから負けません。ガツンとやってやらないとって感じですね」

----ご自身の今後の目標は?

「やっぱり世界のベルトを狙っていきたいですね。日本人いないし。なんて(笑)。階級下げてバンタムでやるしかないかな(笑)。まぁでも、普通の女の子な ら手術をしないでいいところを、競技をするために、続けるために手術をして乗り越えてきたので。とりあえずジャマイマ(“ゴールデンガール”・べトリアン /オランダ)にリベンジして、ジャマイマの持っているベルトを狙いたいです」

---綾乃選手は外国人選手との試合経験が豊富ですからね。

「その中でもジャマイマは化け物でしたね。一発が重いしバネが凄い! 是非外国人を呼んで下さい! 私接待するんで(笑)」

----今後の活躍も楽しみです! では成沢選手にひと言お願いします。

「う~ん……。悩みますが……。大好きな紀予ねえさんに全力でぶつかるので、しっかり受け止めて下さい!」

----有難うございます!

 

 

■成沢紀予「“試合”じゃなくて“試愛”」

----改めて、キックを始めた理由から教えて下さい。

「(約14年前)当時は精神的にグチャグチャで人生に疲れてて、このままじゃダメになる、何か新しい事を始めようと思ったんです。でも好きなことじゃない と続かないから、じゃあ私の好きな事ってなんだろうって考えた時に、アクション映画しか思い浮かばなかったんです(笑)。じゃあそれをやってみようと思っ て、キックとは決めずにボクシング、空手とか色々体験を受けて決めました」

----これまでの格闘技人生で沢山の思い出がありますよね。

「今だから言える話だけど、泣きながらジムにきたこともありました。昔は「練習したくない」って思ってもトーナメントとかで日程がきっちり組まれてて、唯 一休めるのが試合後の数日間だけだったので。で、トレーナーに「もし(練習の)途中で泣いたら「練習がイヤ」ではなく「練習がキツイ」と周りに思わせ て」ってお願いした事もありました」

成沢紀予
成沢紀予


----今まで38戦行ってきましたが、一番印象に残った試合、好きな試合は?

「2009年7月の佐々木仁子選手との試合ですね。その前の試合でKO負けしたのでリベンジしたい思いもあったし。その2009年の時は表情がよく見え て、佐々木さんがイラッとしているのがわかったんですよ。それって自分の攻撃を嫌がっているって事だから。楽しいなって(笑)。あとは桜朋(梨恵)さんと の試合。キレイな顔をグチャグチャにしてやろうみたいな(笑)」

----綾乃選手とは今回が3度目です。

「最後に自分の階級のトップと戦えるのは有難いし嬉しいです。“試合”じゃなくて“試愛”ですね」

----ところで、引退を決意した理由は何なのでしょうか?

「体がボロボロだから。先輩は後輩よりやらなきゃいけないのにできない。背中を見せなきゃいけないのに見せられない。気持ちが離れたわけではないけれど、 できないなら辞める。辞めると決めたらそこに進むっていう考えです。本当は続けることもできるかもしれませんが、外部の方は誤魔化せても仲間は騙せないの で。周りに認められてリングに立ちたいと思ってきたから」

----キックを続けて良かったことは?

「元々人前で話すのも苦手で内弁慶ってやつだったのですが(笑)。外に出て行けるようになりました。格闘技を通して沢山の方と出会い、引退しても繋がっていく深いご縁を頂きました。あと栄養についてや体の事も学べたので今後に活かせますね(笑)」

----引退後はどうされますか?

「練習は続けます。選手の立場で不便だと思ったことを改善していきたいです。ミット持ったりとか、マッサージしたりとか。選手たちのお母さんになります(笑)」

----では綾乃選手にひと言お願いします。

「ありがとう!」

----ホントにひと言ですね(笑)。

「このひと言に思いが詰まっています」

----応援して下さる方にもメッセージをお願いします。

「……当日出待ちしてて下さい! 当日話しましょう!」

----ラストマッチ、頑張って下さい。

 



『J-FIGHT&J-GIRLS 2014 3rd』

2014年6月1日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

【対戦カード】

<全対戦カード>

(左:赤コーナー/右:青コーナー)

▼第8試合メインイベント J-NETWORKスーパーフライ級タイトルマッチ  3分5R

  若山龍嗣
[Ryuuji Wakayama]
VS 優希
[Yuuki]
 
DRAGON GYM/
J-NETWORK
スーパーフライ級王者、
DBS初代同級王者
Desperado/
J-NETWORK
スーパーフライ級1位、
WPMF日本同級6位、
元J-NETWORK同級王者

▼第7試合セミファイナル 57kg契約  2分3R
  大石綾乃
[Ayano Ooishi]
VS 成沢紀予
[Kiyo Narusawa]
 
OISHI GYM/
J-GIRLSフェザー級王者、
WBCムエタイ
日本女子フェザー級王者
フォルティス渋谷/
J-GIRLSフェザー級2位

▼第6試合 J-NETWORKフェザー級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦
  サバイバルマッチ1
  久世秀樹
[Hideki Kuze]
VS 八神剣太
[Kenta Yagami]
 
レンジャージム/
J-NETWORKフェザー級2位、
WINDY SUPER FIGHT
フェザー級王者、
WPMF日本同級2位
レジェンド横浜/
J-NETWORKフェザー級4位

▼第5試合 ウェルター級  3分3R
  大場直明
[Naoaki Ooba]
VS 記村一成
[Kazunari Kimura]
 
K&Kボクシングクラブ/
J-NETWORK 2013
ウェルター級新人王
小比類巻道場

▼第4試合 J-NETWORK 2014 スーパーライト級新人王トーナメント 準決勝
  サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
  武泰
[Takehiro]
VS どん冷え貴哉
[Donbie Takaya]
 
Team Gale Dropout

▼第3試合 スーパーフライ級  3分3R
 
[Atsumu]
VS テゲ
[Tege]
 
TSKjapan Dropout

▼第2試合 J-GIRLSフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1
  佐々木蝶里
[Miiri Sasaki]
VS 横田香織
[Kaori Yokota]
 
尚武会 Kick Box

▼第1試合 46.5kg契約  2分3R
  大川かおる
[Kaoru Ookawa]
VS
[Tamaki]
 
トイカツ道場 Dropout

※選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございます。

<チケット料金>
VIP席 15,000円(特典つき、枚数限定)完売
SRS席 9,000円 残りわずか
RS席 7,000円 残りわずか
S席 5,000円 完売

※当日券は¥1,000UP

<チケット販売所>
J-NETWORK株式会社

<お問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03-3498-2350
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。