J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

6.22『J-GIRLS 2014 ~The shining wild angels~ 2nd』
セミファイナル・グレイシャア亜紀と難波久美インタビュー
全対戦カード決定

2014年6月22日(日)東京・新宿FACEにて『J-GIRLS 2014 ~The shining wild angels~ 2nd』が行われる。

今大会のセミファイナルにて対戦する初代J-GIRLSフライ級王者・グレイシャア亜紀(フォルティス渋谷/J-GIRLSフライ級3位、WMC インターコンチネンタル女子スーパーフライ級王者)とJ-GIRLSフライ級2位・難波久美(契明ジム/日本チャクリキ協会バンタム級女子王者)。

二人は2012年7月のJ-GIRLSにて初対戦。当初バンタム級の難波とフライ級のグレイシャアの間をとり、試合は52.5kg契約で行われた が、大差の判定で難波が敗れた。以降、フライ級に落とし再戦を熱望してきた難波。対するグレイシャアは防衛戦に失敗してからの再起戦という、二年前と同じ 状況下で難波を迎え撃つ事に。
この一戦に懸ける思い……インタビュー中、それが思いもよらぬ展開に……!!

またアマチュアマッチを含む全13試合が決定した。

 

 

■グレイシャア亜紀「ひどいケンカになるかも」

---2年ぶりのJ-GIRLSのリングです。

「ひっさびさ~(笑)!」

----テンション高いですね(笑)。絶好調ですか?

「うーん。試合で頑張れればいいって感じ」

----追い込み過ぎですか?

「うーん。走れる時に走って、(一般会員の)クラスにも出て、ミット打ちしてって感じの練習だけど」

----調子がいいのか何だかちょっと読めませんが。ではまず、難波選手には初対戦で勝利しましたが、なぜ再戦を受けたのですか?

グレイシャア亜紀
グレイシャア亜紀


「オファーがあったから(笑)。こだわりも特になくて、ただ試合がしたかっただけ。お腹が減ってイライラしているところにきたって感じですかね」

---初対戦時の印象は?

「気が強いですね。全然下がんないし。やっぱりバンタムから落としてきているので力ありましたね。試合自体は接近戦でやりづらかったですね」

----その後、難波選手はグレイシャア選手との再戦を願っていました。他にもグレイシャア選手との対戦を望む選手がすごく多いです。

「もう、おばちゃんをイジメないで(笑)! でも同じ階級の選手が増えているのは嬉しい事ですね」

----グレイシャア選手は女子キックの歴史を見てきていますからね。今月1日に同門の成沢紀予選手が引退しました。

「あーあって感じ(笑)。でも気持ちがわかる部分もいっぱいありますね。練習の時とかに「これをこうしてやろう」という動きのイメージが若い時は近づけたんですけど、だんだんスムーズに動けなくなったり。今まで出来た事が「アレ?」って時もある」

----体を酷使し続けているからでしょうか。

「あと、ふと「何で戦うんだろう」って気持ちになる時もありますね。若い頃は、やる度に伸びしろが出てくるから楽しいし、目標もある。でも色んな経験を重ねていくとね。まぁ戦うのは結局は自分のためなんですけどね」

----前回の試合は昨年10月、いつか選手との試合でした。

「強かったですね。組みも強かった」

----奇しくも難波選手との試合は同じ状況下で迎える形になりました。

「そうですね。ベルトを失って数ヶ月経ってという状態で、気負うものがない状態で(難波選手と)試合しました。今回も。吹っ切れています。だから逆に(い つか選手との)防衛戦の時は「ああ来たらこう返そう」みたいに考えながら受けの状態でやってて、ぶつかっていけなかったかなって」

----今回はどんな試合にしたい?

「ケンカ吹っ掛けます(笑)。考えながら試合しても見ている人はつまんないでしょ。昔(2009年2月)大森で田中佑希選手と試合した時、あの時もすごかったんですけど、それよりひどいケンカになるかも」

----大ベテランがケンカとは……。では難波選手へのひと言を。

「キックじゃなくてケンカになちゃうかも!」

----有難うございます!

 

■難波久美「ぶち殴る」

----いよいよですが、体調はいかがですか?

「はい、バッチリです! 風邪も引いてないし、大好きな定食屋でおかわりもせず、減量も順調ですし、きっちり調整できてます」

----まずは前回のグレイシャア戦の感想を改めて教えて下さい。 

「やっぱり上手い選手だなって思いましたね。ピンポイントで急所を打ってくるし、うまく距離をつぶしてくるし、テクニックのある選手だなって思いました」

----拳を交えて実感した感じですか?

「いや、もう、雲の上の選手というイメージやったんで、前回試合する前も、そして試合後も「本当にやったんだ」って、夢のような感覚でした」

難波久美
難波久美


----その後、再戦を熱望していましたよね。

「はい。ぶっちゃけ戦ってみて「うまい」とは思ったけど「強い」とは思わなかったんですよね。私がキャリアを重ねていって、次やったら勝てる。でも再戦するには(グレイシャア選手の)フライ級じゃないといけないなって」

----そこからフライ級に落としました。

「大好きなご飯も諦めて(笑)、トーナメントに出てベルトを獲って、(そのベルトを切符代わりに)再戦を願おうとか。色々考えながら試合を重ねてきました」

----二年経って再戦の機会が訪れましたが、グレイシャア選手は今回「ケンカになる」って言っていました。

「は? ケンカって何ですか?」

----「ケンカ吹っ掛ける」って。

「うわー。大ベテランが「ケンカ」って……。そういうなら私ケンカ負けた事ないんで。わかりました。やりましょう。ド突き合いのケンカ。女子キックのパイオニアだか何だか知りませんけど、パワー、攻撃、圧力、これは絶対に負けないんで、倒しにいきます。もちろんKOで」

----では……グレイシャア選手にひと言お願いします。

「ぶち殴る。このひと言で」

----頑張ってください!


■メインイベント 陣内まどかと高橋藍の煽りVはこちら
 http://youtu.be/RfhojfrAivE

陣内まどか
高橋藍
(C)SHOOT BOXING
陣内まどか 高橋藍

 

 

 


■J-NETWORK
『J-GIRLS 2014 ~The shining wild angels~ 2nd』

2014年6月22日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

【対戦カード】

<全対戦カード>

(左:赤コーナー/右:青コーナー)

▼第13試合メインイベント  55kg契約  サバイバルマッチ1
  陣内まどか
[Madoka Jinnai]
VS 高橋藍
[Ai Takahashi]
 
エスジム/
J-GIRLSバンタム級王者、
WPMF女子日本バンタム級王者
SB・シーザージム/
第6代SB日本レディース王者
、SB日本女子バンタム級2位

▼第12試合セミファイナル  フライ級  2分3R
  グレイシャア亜紀
[Gracyer Aki]
VS 難波久美
[Kumi Nanba]
 
フォルティス渋谷/
J-GIRLSフライ級3位、
WMCインターコンチネンタル
女子スーパーフライ級王者
契明ジム/
J-GIRLSフライ級2位、
日本チャクリキ協会
バンタム級女子王者

▼第11試合  J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 準決勝
   サバイバルマッチ1
  法 DATE
[Nori Date]
VS CruSher松川敬子
[Crusher Matsukawa Keiko]
 
Team DATE/
J-GIRLSバンタム級10位
※伊達法よりリングネーム変更
村澤道場/
J-GIRLSバンタム級6位

▼第10試合  J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦
   サバイバルマッチ1
  小田巻洋子
[Youko Odamaki]
VS 浅井春香
[Haruka Asai]
 
WSRフェアテックス Kick Box

▼第9試合  J-GIRLSフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1
  白石瑠里
[Ruri Shiraishi]
VS 西谷羽沙羅
[Basara Nishiya]
 
新日本・藤本ジム/
J-GIRLSフライ級7位
ウルフキックボクシングジム

▼第8試合  J-GIRLSフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1
  華 DATE
[Hana Date]
VS 瀬端薫
[Kaoru Sebata]
 
Team DATE NJKF・VERTEX

▼第7試合  J-GIRLSランキング査定試合 ピン級  サバイバルマッチ1
  百花
[Momoka]
VS 吉野楓香
[Fuuka Yoshino]
 
TB.NATION/
JEWELS KICK 47kg級王者
闘神塾

▼第6試合  ミニフライ級  サバイバルマッチ1
  めぐみ
[Megumi]
VS 山口友花里
[Yukari Yamaguchi]
 
日進会館 空手道白心会
※デビュー戦

▼第5試合 アマチュア女子Bリーグ -61kg級  1分2R
  柳仙香
[Norika Ryu]
VS 早乙女訓子
[Noriko Soutome]
 
晴山塾 MONSTAR GYM

▼第4試合 アマチュア女子Bリーグ -54kg級  1分2R
  加藤みどり
[Midori Katou]
VS 吉野紗帆
[Saho Yoshino]
 
エイワスポーツジム 闘神塾

▼第3試合 アマチュア女子Bリーグ -48kg級  1分2R
  真理 DATE
[Real Date]
VS 天野カワニ
[Kawani Amano]
 
Team DATE Amazon fight

▼第2試合 アマチュア女子Bリーグ -46kg級  1分2R
  田中玲子
[Reiko Tanaka]
VS 原田英枝
[Fusae Harada]
 
フォルティス渋谷 ブクロジム

▼第1試合 アマチュア女子Bリーグ -46kg級  1分2R
  亀津美紀
[Miki Kametsu]
VS 寺山日葵
[Hinata Terayama]
 
ASSHI-PROJECT チーム インフィニティ

※ 選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございますので予めご了承下さい。

<チケット料金>
VIP席15,000円(特典つき。枚数限定) SRS席9,000円 RS席7,000円 S席5,000円 
※当日券は1,000円増し
※立見3,000円(当日売り)

<チケット販売所>
CNプレイガイド
J-NETWORK株式会社

<お問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03-3498-2350
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。