J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

7.27『J-FIGHT&J-GIRLS 2014 4th』
J-GIRLSミニフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント決勝戦
美保と白築杏奈インタビュー
全対戦カード決定

 

2014年7月27日(日)東京・新宿FACEにてJ-NETWORK主催男女合同興行『J-FIGHT&J-GIRLS 2014 4th』が行われる。

今大会にて行われるJ-GIRLSミニフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント決勝戦。同トーナメントは昨年11月のJ-GIRLSより総勢6名に て開幕し、トップランカーの美保(KFG URAWA/J-GIRLSミニフライ級1位)と白築杏奈(138 KICKBOXING CLUB/J-GIRLSミニフライ級2位、2011年J-GIRLSフライ級ニューヒロイントーナメント優勝)が勝ち上がりを決めた。
美保と白築は2012年9月に初対戦し、判定1-2のスプリットデジションで美保が勝利、白築はここで初黒星を喫した。
リベンジに燃える白築、そして3度のタイトルマッチ経験を持つ美保。大一番を控えた両選手よりコメントが届いた。

また全試合順も決定。RS席とS席が残りわずかとなっている。

 

■美保「今回は完勝させてもらいます」

---改めまして、トーナメント準決勝戦(vs.三堀“SMILE”美弥子)の感想をお聞かせ下さい。

「ガンガン前に出てくる三堀選手みたいなタイプは苦手なんですが、思ったよりも見合ってくれて正直ホッとしました」

----白築選手とは2012年9月に初対戦しましたが、その時の印象は?

「ソツがなく上手い選手だなぁと思いました」

----その試合は判定1-2のスプリットデジションでの勝利でした。

「スプリットの判定で、どっちが勝ってもおかしくなかったですね。いつもと同じ反省ですが、手数が少なかったなぁ、と」

美保
美保


----白築選手の注意点は? 

「3点ありますが、言っちゃうと対策がバレてしまうので1つだけ(笑)。基礎がしっかりしてるからフォームが綺麗で見た目の印象がいいので、それを崩します!」

---これまで22戦をこなし、3度のタイトルマッチを経験してきました。美保選手はパンチとキックのバランスが良い選手だと思いますが、ご自身では何が足りない、何を変えたいと思いますか?

「全くバランス取れてないですよ~。いつもジャブと前蹴りに頼ってしまっているし(笑)。足りない所はグレイシャア亜紀選手のような冷静な試合運びができないところです。一気に攻めて畳み掛ける圧力を身につけたいですね」

----現在新鋭選手が続々誕生していますが、気になる選手、戦ってみたい選手はいますか?

「ベルト取りたいのでやはり紅絹選手です! あとは松下えみ選手ですかね~。前にドローで見合ってるだけのモヤモヤした試合だったので、是非決着着けたいです!」

----では白築選手にひと言お願いします。

「前回は判定1-2でギリギリ勝てましたが、今回は完勝させてもらいます。前回よりもお互い進化した良い試合をしましょう!」

---応援して下さる方にもメッセージを!

「熱い試合を期待していて下さい。必ず勝ちます」

 

 

■白築杏奈「タイトルマッチ以上に大切な試合」

----改めまして、トーナメント一回戦(vs.勝山舞子)の感想をお聞かせ下さい。

「一回戦の前の試合で全く落ち着くことが出来なかったので、冷静に試合運びを考えるというのがテーマでした。それと距離感が悪いといつも指摘されていたの で、そこを重点的に改善して臨んだ試合でした。ちょっと相手を見すぎてしまって手数が少なかったのが反省点です。でも、この試合は相手が何をしてくるか凄 く良く見えたので、今回の決勝戦に向けて自信になりました」

----準決勝シード抽選会で見事シード権をつかみました。どんな心境でしたか?

「実はジャンケンで出す手もクジを引く順番も綿密な作戦があったので、シード権を得て一安心でした(笑)。試合と同じ位の戦いでした(笑)」

白築杏奈
白築杏奈


----では美保選手と初対戦した時の印象を教えて下さい。

「バランスが良くて凄く落ち着いているなと感じました」

----判定が割れましたが、ご自身から見て反省点はどこだったでしょうか?

「変に焦ってしまい自分に負けてしまいました。全く作戦通りに動けずサポートしてくれた方の好意を無駄にしてしまいました。特にあの試合の2Rは今でも忘れられません。今回は強くなった心を見せたいです」

----美保選手の注意点はどこでしょう。

「美保選手の距離に入ると凄く強いので、そうならないように気をつけたいと思ってます」

----なるほど。ところで、現在ピン級~フライ級の選手層が厚いですが、気になる選手はいますか?

「前回の試合で美保選手にプロ初黒星をつけられてしまい、それからずっと美保選手ともう一度やりたいと思ってました。今の私にとってこの試合はタイトルマッ チ以上に大切な試合です。トーナメントの決勝戦という舞台で再戦することが出来て光栄です。なので今回は自分自身をしっかり持って戦いたいです」

----では美保選手にひと言お願いします。

「約2年間、この試合のことしか考えてませんでした。またリングの上でお会い出来る事を楽しみにしています」

----応援して下さる方にもメッセージを!

「いつも温かい応援ありがとうございます。私は本当に周りの方達に支えられてばかりです。先生、クラブのみんな、そして応援して頂いている皆様に恩返しがし たいです。そしてリングの上で成長した姿を見て頂けたらなと思っています。皆様が元気になるような試合を心がけ全力を出し切ります。応援宜しくお願い致し ます」

----有難うございます!

 

 


『J-FIGHT&J-GIRLS 2014 4th』

2014年7月27日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

<全対戦カード>

(左:赤コーナー/右:青コーナー)

▼第8試合メインイベント 54kg契約  3分5R
  喧太
[Kenta]
VS 白井周作
[Syuusaku Shirai]
 
フォルティス渋谷/
J-NETWORKバンタム級王者、 WPMF日本同級6位
NJKF・Bombo Freely
/NJKFバンタム級王者

▼第7試合セミファイナル J-GIRLSピン級初代王座決定トーナメント
 決勝戦  サバイバルマッチ1
  松下えみ
[Emi Matsushita]
VS キラッ☆Chihiro
[Kira Chihiro]
 
T-KIX GYM/
J-GIRLSピン級2位
魁塾/
J-GIRLSピン級1位、
2013年J-GIRLSアトム級ニューヒロイントーナメント優勝

▼第6試合 J-GIRLSミニフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント
 決勝戦  サバイバルマッチ1
  美保
[Miho]
VS 白築杏奈
[Anna Shiratsuki]
 
KFG URAWA/
J-GIRLSミニフライ級1位
138 KICKBOXING CLUB/
J-GIRLSミニフライ級2位、
2011年J-GIRLSフライ級
ニューヒロイントーナメント優勝


▼第5試合 フライ級  3分3R ※ヒジあり

  薩摩3373
[Satsuma Sazanami]
VS 貴・センチャイジム
[Takayuki Saenchaigym]
 
TARGET/
J-NETWORKスーパーフライ級3位、
WPMF日本同級3位、
REBELS-MUAYTHAI同級4位
センチャイムエタイジム/
NJKF同級1位、
元NJKF同級王者


▼第4試合 54.8kg契約  3分3R ※ヒジあり

  SHUN
[Shun]
VS 金子貴幸
[Takayuki Kaneko]
 
レジェンド横浜 NJKF・GANGA/
NJKFスーパーバンタム級2位

▼第3試合 J-NETWORK 2014 スーパーフライ級新人王トーナメント
 決勝戦  サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
  中田修三
[Syuuzou Nakata]
VS 生川龍星
[Ryuusei Narukawa]
 
レーング東中野 魁塾

▼第2試合 フライ級  3分3R
  穂波楓
[Kaede Honami]
VS 岩浪悠弥
[Yuuya Iwanami]
 
TANG TANG FIGHT CLUB INNOVATION・橋本道場

▼第1試合 スーパーフェザー級  3分3R
  横山巧
[Takumi Yokoyama]
VS 西中久晶
[Hisaaki Nishinaka]
 
リーブルロア NJKF・VALLELY

※選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございます。

<チケット料金>
VIP席 15,000円(特典つき、枚数限定)
SRS席 10,000円
RS席 7,000円 ※残りわずか
S席 5,000円 ※残りわずか
※当日券は¥1,000UP

<チケット販売所>
J-NETWORK株式会社

<お問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03-3498-2350
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。