J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

8.17『J-KICK 2014 ~The sign of brave heart~ 3rd』
フライ級新旧王者対決
松田玲奈とグレイシャア亜紀インタビュー

 

2014年8月17日(日)東京・後楽園ホールにて『J-KICK 2014 ~The sign of brave heart~ 3rd』が行われる。

現J-GIRLSフライ級王者・松田玲奈(y-park)と初代J-GIRLS同級王者・グレイシャア亜紀(フォルティス渋谷/J-GIRLSフライ級2位、WMCインターコンチネンタル女子スーパーフライ級王者)の一戦。
松 田は2012年10月にプロデビューし、8戦無敗でタイトルマッチを行い王座を奪取した。対するグレイシャアはWMCインターコンチネンタル女子スーパー フライ級王座、初代J-GIRLSフライ級王座、WPMF日本女子同級王座の3本のベルトを獲得するも、陥落と奪還を繰り返し、長い格闘家人生の中で紆余 曲折を繰り返してきた。松田は今年6月に初黒星を喫してからの再起戦、そしてグレイシャアはダウンを奪う貫録の勝利を見せつけたばかり。対極にいる二人に 現在の心境を聞いた。

 

■松田玲奈「倒しにいきます」

---6月のいつか選手(新宿レフティー)との王者対決で初黒星を喫してしまいました。

「コンディションはよかったのですが、すごく緊張してしまって。上がってしまいましたね」

----敗因は緊張?

「それだけではないですけど、緊張のためにかなりペースも崩れてしまいました。いつもとラウンドも違ったので。J-GIRLSルールでリベンジしたい気持ちはありますね」

----再起戦の相手が初代王者。松田選手にとってグレイシャア選手はどんな存在?

「倒しておきたい人。尊敬はしていますが勝負は違いますね」

松田玲奈
松田玲奈


----警戒する点は? 

「うまいので打ち合いに出てきてくれないと思います。ポイントだけ取りにきそうだなと。なので自分から攻めていきます。J-GIRLSルールだし、打ち合 いたいですね。前回の敗戦で構えやスタイルを直したんです。今まで直さなきゃと思っていたところをそのまま流してきちゃって、なんとなく勝ててきた気がす るので。グレイシャア選手に対する対策も立てていますが、今後を含め、新しいスタイルで立て直したいですね」

---今後の目標は?

「今回勝って、早千予選手みたいにいっぱいベルトを掲げたいですね。海外の選手とも試合していきたいです。大きい会場でやりたいので今回も後楽園ですごく嬉しいです(笑)」

----また緊張してしまうのでは?

「大丈夫です。試合自体はすごく楽しいんです。防具が外れて身軽になって、思いっきりパンチが振れるので(笑)。今回はタイトルマッチが沢山あるので、スッキリ勝って、あとの試合をジュース飲みながら見るのが楽しみですね」

----10代らしい発言を有難うございます(笑)。ではグレイシャア選手にメッセージをお願いします。

「今まで戦ってきた中で一番うまいしキャリアもあるけど、リングに上がったら年齢もキャリアも関係ない、対等だと思っています。倒しにいきます」

 

 

■グレイシャア亜紀「私は4Rやる気はない」

----まず、前回の難波久美選手との試合の感想を教えて下さい。

「久々に疲れたわ~、っていう試合でした(笑)。思うようには動けなかったけど、気持ちは思いっきりぶつかっていけました」

----二度目の対戦で、今回はハイキックでダウンを奪っての勝利でした。

「難波選手も気持ちは相変わらず強いし、初戦の時より契約体重を落としての試合でしたが変わらず重さもありました。でも蹴りが結構あたったかなって。(ダウンを取った)ハイキックは蹴った私がビックリしました。狙ってたわけではなかったので」

グレイシャア亜紀
グレイシャア亜紀


----首相撲なしのルールの方があっている?

「いや、特に。難波選手との試合前に“喧嘩する”って言ってましたが、ボクシングをやろうって気持ちだったので。打ち合いでいこうって」

----なるほど。そして今回は現役王者との戦いになります。昨年5月にエキシビションを行いましたね。

「若いし、スピードが速かったですね。リーチがあるからパンチがキレイに伸びる」

----警戒点は?

「可愛い顔に惑わされないようにしなきゃ! 顔見たら優しい気持ちがでちゃいそうだから見ないようにしようかと(笑)」

----6月、8月と試合が続きますが、その後の試合プランは?

「何にせよ、試合をやる以上は悔いの残る試合はしたくないですね。後輩たち(紅絹、443)にお尻を叩かれて気づいたんです。彼女たちは練習中も、良い悪 いをハッキリ言ってくれるので。あと自分が彼女たちのセコンドについている時に振り返るんです。「こんなこと言ってるけど、果たして自分は出来ているの か」って。客観視して色々気づく事がありますね。今まで守りに入っていた部分があったんですけど、守るものねぇし、今、って感じだし」

----ベルトへの未練は?

「もういいですね。なんて、おいしい話があれば考えようとは思いますけど(笑)。まぁでも若くないからそんなにホイホイ試合できるわけでもないので、タイミングを見てあとは相談してって感じで」

----なるほど。今回の試合は新旧王者対決、ベルトに関わらず非常に重要な試合だと思います。では松田選手にメッセージをお願いします。

「倒しにくるのはわかるけど、私も倒しにいきます。若いから延長ラウンド込みの4Rやりたいと思うけど、私は4Rやる気はない、以上(笑)」

----有難うございます!

 

 


J-NETWORK
『J-KICK 2014 ~The sign of brave heart~ 3rd』

2014年8月17日(日)東京・後楽園ホール
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

<全対戦カード>

(左:赤コーナー/右:青コーナー)

▼第10試合メインイベント J-NETWORKライト級タイトルマッチ  3分5R
  前口太尊
[Taison Maeguchi]
VS 高橋幸光
[Yukimitsu Takahashi]
 
PHOENIX/
J-NETWORKライト級王者、
RISEスーパーフェザー級3位
はまっこムエタイ/
J-NETWORKライト級1位、
MA日本同級王者、
REBELS-MUAYTHAI同級1位、
WPMF日本同級1位

▼第9試合セミファイナル J-NETWORKフェザー級タイトルマッチ  3分5R
  小山泰明
[Yasuaki Koyama]
VS 八神剣太
[kenta Yagami]
 
建武館/
J-NETWORKフェザー級王者
レジェンド横浜/
J-NETWORKフェザー級4位

▼第8試合 J-NETWORKライトヘビー級初代王座決定戦  3分5R+延長1R
  大治ZLS
[Daichi Zls]
VS 藤田智也
[Tomoya Fujita]
 
チームゼロス/
J-NETWORKヘビー級4位、
RISEライトヘビー級5位
小比類巻道場/
WPMFライトヘビー級3位

▼第7試合 51kg契約  サバイバルマッチ1
  松田玲奈
[Rena Matsuda]
VS グレイシャア亜紀
[Gracyer Aki]
 
y-park/
J-GIRLSフライ級王者
フォルティス渋谷/
J-GIRLSフライ級2位、
WMCインターコンチネンタル
女子スーパーフライ級王者

▼第6試合 J-NETWORKスーパーライト級次期王者挑戦者決定戦
  サバイバルマッチ1
  鈴木真治
[Shinji Suzuki]
VS 後藤洋平
[Youhei Gotou]
 
藤原ジム/
J-NETWORK
スーパーライト級3位、
WPMF日本同級4位
フォルティス渋谷/
J-NETWORK
スーパーライト級7位

▼第5試合 J-NETWORK 2014 スーパーライト級新人王トーナメント 決勝戦
  サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
  どん冷え貴哉
[Donbie Takaya]
VS 伊東伴恭
[Bankyou Itou]
 
Dropout アカデミア・アーザ

▼第4試合 J-NETWORK 2014 ヘビー級新人王トーナメント 決勝戦
  サバイバルマッチ1 ※ヒジなし
  坂本英則
[Hidenori Sakamoto]
VS 神藤宏晃
[Hiroaki Shindou]
 
修実館 GRABAKA

▼第3試合 スーパーライト級  3分3R ※ヒジあり
  獅・センチャイジム
[Shinto Saenchaigym]
VS 安東雅喬
[Masataka Andou]
 
センチャイムエタイジム/
元NJKFスーパーライト級4位
湘南格闘クラブ/
WPMF日本スーパーライト級9位

▼第2試合 58kg契約  3分3R ※ヒジあり
  広・センチャイジム
[Kou Saenchaigym]
VS 楠本絋平
[Kouhei Kusumoto]
 
センチャイムエタイジム/
元NJKFフェザー級4位、
WPMF日本同級10位
M-FACTORY/
J-NETWORK
スーパーフェザー級7位

▼第1試合 64kg契約  3分3R
  千野陽祐
[Yousuke Chino]
VS 大野憲
[Ken Oono]
 
Kインター柏 シルバーウルフ

※選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございます。

<チケット料金>
VIP席15,000円(特典あり。枚数限定)※完売 SRS席10,000円※完売 RS席7,000円※完売 S席5,000円 
※当日券は1,000円増し

<チケット販売所>
CNプレイガイド
J-NETWORK株式会社

<お問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03-3498-2350
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。