J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

インタビュー

11.8『J-FIGHT&J-GIRLS 2015 6th』
メインイベント・J-GIRLSミニフライ級タイトルマッチ
紅絹と山口友花里インタビュー
全試合順発表

 

2015年11月8日(日)東京・新宿FACEにて『J-FIGHT&J-GIRLS 2015 6th』が行われる。

今大会のメインイベントとなるJ-GIRLSミニフライ級タイトルマッチ。現ミニフライ級王者・紅絹(NEXT LEVEL渋谷)と“最強女子高生”山口友花里(空手道 白心会/J-GIRLSミニフライ級5位、SB日本女子ミニマム級2位、Girls S-cup2014 48kg日本トーナメント優勝)が遂に対峙する。
紅絹は2012年11月に悲願の王座戴冠、2014年10月には初防衛に成 功している。ここ2大会はシュートボクシングルールでの試合を行い、8月の「Girls S-cup 48kg日本トーナメント」では惜しくも優勝を逃したものの、一日3試合をこなすタフさを見せつけた。
対する山口は昨年6月のJ-GIRLSにて プロデビューし、わずか2戦目でGirls S-cup 48kg日本トーナメントを制した。そして今年5月に開幕したJ-GIRLSミニフライ級次期王者挑戦者決定トーナメントに満を持して参戦、見事に勝ち上 がりタイトル挑戦権を掴んだ。
紅絹がベテランの意地をみせるか、山口がベルト奪取なるか。大一番を控えた両選手より話を聞いた。

また今大会のS席とRS席が完売しており、当日券は10:30より新宿FACE・7Fにて販売する。

 

■紅絹「たっぷり戦えるのが楽しみ」

----今年5月からシュートボクシングルールでの試合が続きました。まず5月のUnion朱里選手との一戦、すごく悔しかったと思いますが、改めて感想を聞かせてください。

「私、キック界から干されてます? 大丈夫? オファー待ってますよ! ……Union戦は粘り負けました。いつかもう一度やってブン殴る」

----8月のS-cupは一日3試合行いました。43戦行ってきた紅絹選手にも珍しい経験だったかと思いますが、こちらの感想もお聞かせください。

「1試合目のMARI戦は、びっくりする程体が動かなかったです。セコンドの皆さんもびっくり。私もびっくり。「身体起きてー」って呼びかけながら戦ってました。これがワンマッチだったら土下座レベルの内容でした」

紅絹
紅絹


----そういう風には見えませんでしたが。そして準決勝もJ-GIRLSランカー・美保選手と対戦でした。

「美保選手とはタイトルマッチ以来で、シュートボクシングのリングでのご対面だったので、グローブ合わせた時にお互い笑っちゃいましたね。試合は後半よう やく思い通り動けるようになってきて勝てたので、何度か試合をやった美保選手に、試合の楽しさを思い出せてもらった感じです」

----なるほど。そして決勝はMIO選手。

「もう最初っからMIO選手いっちゃってましたよね(笑)? 私よりニヤニヤしてる選手初めて見ました。でも可愛いって羨ましいですよね。私だとキモいか らね。放送大丈夫だった? 苦情来なかった? あのトーナメントは3試合目が一番元気だったので、毎回トーナメントでもいいですね。あ、でも試合後セコン ドの皆さんが私よりグッタリしてたので、たまにでいいです」

----どこまでタフなんでしょうか(笑)。さて、一転して今回が二度目の防衛戦。前回より気負っていたり、気持ちの違いがあったりしますか?

「防衛戦というよりは、48kgで一番強いと思ってる山口選手と戦える事が嬉しいです! 強い相手に勝ってこそ王者!」

----山口選手の印象は?

「若い、速い、上手い! 私にないものばかりですよ。声もかわいいし。なんか1つちょうだいよ」

----(笑)。では友花里選手の注意点、対策は? Union戦の際にサウスポーが嫌いとおっしゃっていましたが……。

「サウスポーは、やってみて苦手じゃなかったみたいです。ウソつきました。ごめんなピョン☆ ……って年でもないですね、申し訳ございませんでした。注意しても攻撃もらうだろうし、対策しても上手くい行かなきゃテンぱるんで、当たってドーンです。もらってもドーンです」

----これだけの戦績、経験を積みながらも果敢に新しい事にチャレンジしている紅絹選手ですが、さらなる野望、目標はなんでしょうか?

「野望……。「ハムの人」ばりに「牛の人」って言われるぐらいになりたいです」

----頑張って頂きたいです(笑)。では山口選手にメッセージをお願いします。

「1年間待ってたよ☆ クールな試合と、試合後のカワイイ声のギャップを楽しみにしてるお客さんも多いと思うけど、FACEのマイクは握らせない、マイク は私のものよ! あれ、なんか違う。これ、キックボクシングや。 えっと、J-GIRLSのリングでたっぷり戦えるのが楽しみでワクワクしてます! 5Rよろしく☆」

----ファンの方々にもメッセージを。

「応援ありがとうございます。この日、誰よりも熱い試合しますので、是非会場まで観にいらしてください! え? ディファ行く? 後楽園行く? 大丈夫です、私の計算だと終わってからで間に合うから! FACEにも来てください、立見席アルヨ!」

 

■山口友花里「三階級でチャンピオンになる」

----プロデビューから1年4ヶ月、遂にタイトルマッチですが、改めて、これまでのプロ試合で1番印象に残った試合はなんでしょうか?

「今年7月の瑠璃選手との対戦です。その時初めて上の階級の選手と戦わせてもらい、バンタム級の圧力を感じました」

----ご自身の契約体重の限界に挑戦でしたからね。そして前回9月のトーナメント決勝戦、某雑誌には「やりにくかった」とありましたが。

「撃ちたかった攻撃が出せなかったんです。私の技術が足りなかったためなので、今回はそこも練習で意識しました」

山口友花里
山口友花里


----何はともあれ、今回の対戦相手は王者・紅絹選手です。

「紅絹選手の事は小学生の頃から知っていたのですが、パンチをかわしながら打ったり、動きで相手を撹乱したりしているのを見て、すごいテクニックのある方だなと思っていました。また同じサウスポーなので憧れの感情もありました」

----紅絹選手の注意点、また対策は?

「紅絹選手の素早い動きについていけるように、スピードを意識して練習しました。また、試合では変則的な動きに惑わされないように注意したいです」

----今回タイトルを獲得したら、次の目標は?

「もしチャンピオンになれたら防衛戦を何度かしたいです。負けたら何度でも紅絹選手に挑戦したいです。あとJ-GIRLSでの大きな目標はバンタム級までの三階級でチャンピオンになるのが夢ですが、とにかく今回のタイトルマッチに勝つことが今はすべてです」

----頑張ってくださいね! では、紅絹選手にメッセージをお願いします。

「まだまだ未熟な私ですが、紅絹選手のようなベテランの方と戦う事が出来て光栄です。試合は気合を入れて、ベルトを取りにいきたいと思うので、よろしくお願いします」

----応援して下さる方にもメッセージを!

「いつも足を運んで下さる方もいて、とても心強いです。初のタイトルマッチということでずっと緊張していますが、良い試合にするので今回も応援よろしくお願いします」

----有難うございます!

 

 


■J-NETWORK
『J-FIGHT&J-GIRLS 2015 6th』

2015年11月8日(日)東京・新宿FACE
開場:11:30 試合開始12:00(予定)

<全対戦カード>

(左:赤コーナー/右:青コーナー)

第12試合メインイベント J-GIRLSミニフライ級タイトルマッチ  2分5R
  紅絹
[Momi]
VS 山口友花里
[Yukari Yamaguchi]
 
NEXT LEVEL渋谷/
J-GIRLSミニフライ級王者
空手道 白心会/
J-GIRLSミニフライ級2位

第11試合セミファイナル 55kg契約  サバイバルマッチ1
  工藤“Red”玲央
[Kudou Red Reo]
VS 玉城蓮
[Ren Tamashiro]
 
ファイヤー高田馬場/
J-NETWORK
スーパーバンタム級10位
Y'ZD GYM沖縄

第10試合 J-GIRLSピン級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦
  サバイバルマッチ1
  松下えみ
[Emi Matsushita]
VS 吉野楓香
[Fuuka Yoshino]
 
T-KIX GYM/
J-GIRLSピン級1位、
TRIBELATEピン級王者
闘神塾/
J-GIRLSピン級5位

第9試合 J-GIRLSランキング査定試合 フェザー級  サバイバルマッチ1
  北嶋優花
[Yuka Kitajima]
VS 浅井春香
[Haruka Asai]
 
MSJ Kick Box

第8試合 フェザー級  3分3R ※肘あり 
  BRO.RYO
[Brother Ryo]
VS 宮﨑勇樹
[Yuuki Miyazaki]
 
バンゲリングベイ・スピリット/
J-NETWORKフェザー級8位
MA・相模原Sジム

第7試合 ヘビー級  3分3R
  小澤和樹
[Kazuki Ozawa]
VS デビン・ピポーズ
[Devin Peoples]
 
修実館/
WPMFクルーザー級3位
Y'ZD GYM

第6試合 スーパーライト級  3分3R ※肘あり
  実方拓海
[Takumi Sanekata]
VS 和佐田祐一
[Yuuichi Wasada]
 
TSKjapan Kスポーツジム

第5試合 ヘビー級  3分3R
  坂本英則
[Hidenori Sakamoto]
VS 遊笑
[Yuuya]
 
修実館 Y's glow

第4試合 60kg契約  3分3R
  吉田優太
[Yuuta Yoshida]
VS 加藤悟史
[Satoshi Katou]
 
グレイシーバッハ東京 87キックフィットネスクラブ

第3試合 72kg契約  3分3R
  浜崎孝久
[Takahisa Hamasaki]
VS 北田雄人
[Taketo Kitada]
 
ムエタイ冠斗ジム Innovation・拳伸ジム
※デビュー戦

第2試合 スーパーフェザー級  3分3R
 
[Satoru]
VS 横山雅人
[Misato Yokoyama]
 
フォルティス渋谷 MA・相模原Sジム
※デビュー戦

第1試合 48kg契約  2分3R
  後藤まき
[Maki Gotou]
VS C-CHAN
[C Chan]
 
RIKIX T-GYM
※デビュー戦

※ 選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございますので予めご了承下さい。

<チケット料金>
VIP席15,000円(ラウンドガール特典つき、枚数限定)※残りわずか 
SRS席9,000円 
RS席7,000円※完売 
S席5,000円※完売
※当日券は1,000円増し

<チケット販売所>
CNプレイガイド
J-NETWORK株式会社

<お問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03-3498-2350
e-mail:
    

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。