J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

★試合結果

■10.31韓国大会
 女子中学生王者誕生!
 「J-GIRLS韓国50kgトーナメント」制したのは15歳のイジウォン

2010年10月31日(日)韓国・デグプリンスホテルにて開催された『J-GIRLS KOREA』この日の大会で50kg韓国女子チャンピオンの座を争う「J-GIRLS韓国50kgトーナメント」準決勝&決勝戦が行われ、現在中学校三年生の“次世代ファイター”イ・ジウォン(B.M Gym)が見事王座に輝いた。


大会前日のトーナメント抽選会により、準決勝の組み合わせはイジウォンvsパクヘウォン(TEAM J.U)、そしてイナヒ(SKY Gym)vsビョンビョギョン(Mu Ye Ma Ru Gym)に決定。

昨年パクヘウォンをKOでマットに沈めたイジウォンは今回も一方的な戦いを展開、左右ミドルとハイキックを駆使し、パクは自分の距離を取れず何も出来ないまま膝をついた。

別枠のイナヒは12戦無敗を記録し実力を認められた強者、今トーナメントの優勝候補と囁かれ、対戦相手のビョンを2R TKOであっさり葬り勝ち上がった。

イジウォンも7戦全勝と共に無敗同士の決勝戦。ゴングと共に激しい乱打戦となり、イジウォンはパンチで圧力をかけるイナヒにうまく距離を取ってキックで応戦、賢い戦術で見事勝利をもぎ取った。

連勝記録を伸ばした次世代王者・イジウォン。韓国女子選手に珍しくハイキックを上手に使うのが特徴とされ、今夏にタイ国へ渡り訓練を重ねた結果、その技に更なる磨きが掛かったと高い評価を受けた。

≪大会を主催したEMAプロモーション代表のコメント≫

「韓国国内選手達の実力向上を目標として今回4度めの開催だったが、とてもやりがいを感じた。沢山の方が選手の“技”に興味を持ったと言って下さり、世界水準に一歩近づいたと思う。本拠地である日本のリングに選手を送り込み、また韓国の女性ファイターが世界を制覇する日が早く来る事を望む。
参戦した選手達に感謝する。特にトーナメントに出した選手達に拍手を送りたい」


≪試合結果≫

■E.M.A PROMOTION
『J-GIRLS KOREA』
2010年10月31日(日)韓国・デグプリンスホテル
(オープニングファイト)11:00〜 (本戦)15:00〜


【左/赤コーナー 右/青コーナー】

▼J-GIRLS韓国50kgトーナメント 準決勝

イジウォン
[LEE Jiwaen]
(B.M Gym)
判定 パクヘウォン
[PARK Hyewon]
(TEAM J.U)
×
※イジウォンが決勝戦勝ち上がり

▼J-GIRLS韓国50kgトーナメント 準決勝

× ビョンビョギョン
[BYEON Bokyeong]
(Mu Ye Ma Ru Gym)
2R
TKO
イナヒ
[LEE Nahee]
(SKY Gym)
※イナヒが決勝戦勝ち上がり

▼J-GIRLS韓国50kgトーナメント 決勝

イジウォン
[LEE Jiwaen]
(B.M Gym)
判定 イナヒ
[LEE Nahee]
(SKY Gym)
×
※イジウォンがトーナメント優勝


Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。