J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

★試合結果

2.19『J-GIRLS 2012 〜Platinum's In The Ring 1st〜』
大会結果詳細

2012年J-GIRLS第一弾は、フライ級ニューヒロイン決定トーナメントの準決勝、またバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント一回戦が開幕した。
ベテランからデビュー間もない超新鋭選手まで、魅力あふれる好対決が目白押し。
そして現役王者の電撃引退、JKGエントリーガールによるビジュアルファイトなど、第一弾興行に相応しい内容に会場は熱気と興奮に包まれた。


まずはダブルメインのフライ級ニューヒロイン決定トーナメント準決勝、櫻弥生(Madness Cherry)と三堀“SMILE”美弥子(Y’ZD GYM)の一戦。
序盤から積極的に前へ出る三堀。櫻の懐に入り込もうと、ローキックとパンチで押していく。伸びのあるストレートと前蹴りで応戦する櫻。三堀の猛攻を落ち着 いて捌く姿に、経験の度合いを感じさせない上手さが光る。

中盤以降、尚も前へ出る三堀の攻撃に、櫻のペースが落ちる。鋭いキックを要所で決めるも三堀を止めるに至らず、その表情に疲れが見え始める。怒涛のラッシュで押しまくる三堀。櫻は体勢を立て直して反撃を試みるが、すぐに勢いを増す三堀の攻撃を捌きき れず、パンチを喰らってよろめく場面も。
自分の距離で戦えない櫻の動きが止まり、三堀が判定の末に勝利を収めた。

「負けたくなかった。戦っているのが楽しかった!」
手脚が長い櫻の距離を封じる見事な作戦勝ち。それしかなかった、と振り返る表情が満面の笑顔で崩れる。
してやったりとばかり、スマイル全開の軽快なステップを披露。
ママさんファイターが貫禄の勝利で次戦へ駒を進めた。

 

 



 

 


ダブルメインのもう一戦は、同じくフライ級ニューヒロイン決定トーナメント準決勝、小田巻洋子(レグルス池袋)と白築杏奈(138 KICKBOXING CLUB)。

前へ出る小田巻。ロー&ミドルキックでアグレッシブに攻めるが、打っては引く白築をなかなか捉えることができない。

一方の白築は、一年のブランクを感じさ せない軽快な動きと印象的なパンチの連打で小田巻を翻弄。キレのあるショートパンチと鞭のようにしなるフック、大きく振り上げた前蹴りが次々と小田巻の顔 面を捉える。
尚も接近しての打ち合いの末、小田巻が有効打による負傷で試合中断。これで集中力が途切れたか動きが鈍る小田巻。前蹴りとパンチで応戦するも 力尽き、判定の結果白築が勝利した。

「皆に支えられて再びリングに立つことができ、勝ててすごく嬉しい」
予想されたキック対決をパンチで制した白築。
仲間への感謝を忘れることなく、復活の勝利を噛み締めた。

 

 

 

 




続いてバンタム級時期王者挑戦者決定トーナメント一回戦、谷村郁江(リアルディール/J−GIRLSバンタム級8位)と谷山佳菜子(正道会館 東大阪本部/J−GIRLS−53kg Japan Queen王者、J−GIRLSバンタム級3位)の一戦。

“蹴ってよし、打ってよし、動いてよし”の谷山が、得意のスタイルで谷村に襲いかかる。
接近戦に持ち込みたい谷村は、出てきたところをローキックとパンチ の応酬で圧力をかける。激しくぶつかり合うたび、火花が散るようなスピード感ある打ち合い。

終盤、思うようにペースが掴めないように見えた谷山だったが、 常に間合いをコントロールして蹴りとパンチを繰り出した谷山に軍配が上がった。

「何とか勝つことができたが、内容がよくなかった。パンチに対するディフェンスも甘かった。早く落ち着いて戦えるようになりたい」

また一つ勝ち星を重ねたものの、その心には反省が色濃く浮かぶ。
課題を克服し、笑顔の谷山が戻ってくる事を期待したい。

 

 

 

 




バンタム級時期王者挑戦者決定トーナメント一回戦別枠は、陣内まどか(フォルティス渋谷/J−GIRLSバンタム級5位)と佐竹のぞみ(鷹虎キックボクシングジム/J−GIRLSバンタム級9位)の一戦。

細かいパンチとローキックで前へ出る佐竹、得意のキックで対抗する陣内。前蹴り、ロー、ミドル、ハイキック、鮮やかな脚捌きでベテランを追い詰める。
打たれながらもしぶとく粘る佐竹だったが一歩届かず、陣内が判定勝利し駒を進めた。

「相手がどう出てこようと、教わったことを出して全力で戦った。次を勝って優勝したい」
昨年のリベンジに燃える女子高生ファイターが、まずは順当に勝ち上がった。

 

 

 

 

 

 

 




そして、誰もが驚きを隠せなかった電撃引退。ボクシングへの転向を宣言した現アトム級チャンピオン・山田真子(錬成塾)と、成長著しい伊藤紗弥(尚武会)によるエキシビションマッチが行われた。

切れの良いパンチと鋭いロー。
その才能はキックの舞台で封印となる。

引退セレモニーでは、K-1の渡邉一久が登場。「別れの10カウントキック」を山田は力一杯、渡邉の脚に叩き込んだ。

「今の自分があるのはJ-GIRLSのおかげ。キックボクシングで学んだことを生かし、ボクシングでも絶対に上を目指す。支えてくれた人達にいい報告ができるように頑張る」 胸に秘める思いに涙が溢れる。

“博多のスピードスター”が新天地へと旅立っていった。

 

 

(文/Ryuta Esaki)

 


≪全試合結果≫

■J-NETWORK
『J-GIRLS 2012 〜Platinum's In The Ring 1st〜』
2012年2月19日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30


【左/赤コーナー 右/青コーナー】

第11試合 ダブルメインイベント J-GIRLS フライ級(50.80kg以下)
  ニューヒロイン決定トーナメント 準決勝  サバイバルマッチ1

×

櫻弥生
[Yayoi Sakura]
(Madness Cherry)

判定0-3
29-30
29-30
28-30
三堀“SMILE”美弥子
[Mitsuhori Smile Miyako]
(Y'ZD GYM)
※三堀がトーナメント勝ち上がり、決勝戦進出

▼第10試合 ダブルメインイベント J-GIRLS フライ級(50.80kg以下)
  ニューヒロイン決定トーナメント 準決勝  サバイバルマッチ1

× 小田巻洋子
[Youko Odamaki]
(レグルス池袋)
判定0-3
28-30
27-30
28-30
白築杏奈
[Anna Shiratuki]
(138 KICK BOXING CLUB)
※白築がトーナメント勝ち上がり、決勝戦進出

▼第9試合 J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1

× 谷村郁江
[Ikue Tanimura]
(リアルディール/
J-GIRLSバンタム級8位)
判定0-3
29-30
29-30
28-30
谷山佳菜子
[Kanako Taniyama]
(正道会館 東大阪本部/
J-GIRLS -53kg
Japan Queen 王者、
J-GIRLSバンタム級3位 )
※谷山がトーナメント勝ち上がり

▼第8試合 J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1

陣内まどか
[Madoka Jinnai]
(フォルティス渋谷/
J-GIRLSバンタム級5位)
判定3-0
30-28
30-28
30-27
佐竹のぞみ
Nozomi Satake]
(鷹虎キックボクシングジム/
J-GIRLSバンタム級9位)
×
※陣内がトーナメント勝ち上がり

▼第7試合 特別企画 スペシャルエキシビションマッチ  2分2R

  山田真子
[Mako Yamada]
(錬成塾/
J-GIRLSアトム級王者)

 
伊藤紗弥
[Saya Ito]
(尚武会)
 
※エキシビションのため勝敗なし

▼第6試合 ビジュアルファイト  1分2R

  牧野留美
[Rumi Makino]

 
山咲有璃
[Yuuri Yamasaki]
 
※エキシビションのため勝敗なし

▼第5試合 フライ級(50.80kg以下)契約  サバイバルマッチ1

× エミNFC
[Emi Enuefushii]
(KAKUMEI/
ナゴヤファイトクラブ)
判定0-2
28-30
28-30
29-29
トモコSP
[Tomoko Special]
(WSRフェアテックス)


▼第4試合 53kg契約  サバイバルマッチ1

× HARUMI
[Harumi]
(BLUE DOG GYM)
TKO 2R
1'40"
maro
[Maro]
(クロスポイント吉祥寺)


▼第3試合 55kg契約  サバイバルマッチ1

松川敬子
[Keiko Matsukawa]
(村澤道場)
TKO 2R
1'09"

 
anna
[Anna]
(FIGHT CHIX)
×


▼第2試合 PRE J-GIRLS Bリーグ -47kg契約  1分2R

× 菊地彩夏
[Sayaka kikuchi]
(武風庵)
判定0-3
19-20
19-20
19-20
佐々木蝶里
[Miiri Sasaki]
(尚武会)


▼第1試合 PRE J-GIRLS Bリーグ -44kg契約  1分2R

× 湯山綾香
[Ayaka Yuyama]
(谷山ジム 小田原道場)
判定0-3
18-19
18-19
18-19
山口友花里
[Yukari yamaguchi]
(空手道 白心会)




Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。
g