J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

★試合結果

12.14『J-NEXUS 2013 ~蹴っていいトモ!~』
大会結果詳細

2013年12月14日(土)東京・新宿FACEにて2013年ラストを飾るJ-NETWORK主催『J-NEXUS 2013 ~蹴っていいトモ!~』が行われた。

今大会のメインは世界暫定王者・水落洋祐(WPMF世界ライト級暫定王者、元WBCムエタイ日本ライト級王者)とWPMF日本スーパーライト級4位の鈴木 真治(藤原ジム)。
今年9月のNJKF興行にてベルトを一本奪われ3連敗中と崖っぷちの水落。ここで起死回生をはかれる事ができるか……!?

1R、 ローの蹴り合いからパンチで前に出る水落。それに対し右ローを的確に当てる鈴木。執拗なローを嫌がる水落にさらにパンチをヒットさせていく鈴木。
2R、水 落はパンチのプレッシャーを強め、連打からの左ボディ、アッパー、ストレート。ローを蹴りながら鈴木を攻め立てていく。鈴木もヒジのカウンター、ローから のストレートをヒットさせて応戦。
3R、互いに譲らず前に出続ける二人。だが鈴木が右ローからの右ヒジでカット!水落は大量に出血し、ドクターチェック が入る。

再開後、あとのない水落はパンチで前に出るが再び出血し、1'42"でレフェリーストップとなった。

 

 

 

 

 

 

 







 

 


ダブルセミファイナルに登場したのは水落と同門の日本王者・高橋幸光(MA日本ライト級王者、J-NETWORKライト級3位)。

11月のMA興行にて晴れて日本王座を戴冠し、現在4連勝中の高橋。対するは約4年ぶりのホーム参戦・安田慶二郎(アクシスJ名古屋)。

1R、 ローを蹴りながら前へ出る安田に対し、高橋は冷静に前蹴り、ミドルで距離を取り、足払いや首相撲で安田をこかしていく。
2R、攻撃を受けながらも前へ出る 安田、高橋は左テンカオ、組んでヒザ連打。
3R、インローからの右ストレート、バックブローで果敢に前に出続ける安田、だが高橋は二段蹴りで左ハイなどを 繰り出し終始安田を翻弄。フルマークの判定で高橋は王座戴冠後初の試合を勝利で飾った。

「KOできなくてすみません。ムエタイの技術を色々出そうと思って、出し過ぎたらKOしそびれちゃいました。来年はJ-NETのベルトも狙っていくんで宜しくお願いします」

この日25才の誕生日を迎えた高橋が新たなる目標を掲げた。

 

 

 

 







ダブルセミファイナル、もう一つは女子のカード。
J-GIRLSミニフライ級王者・紅絹(フォルティス渋谷)とJ-GIRLSアトム級5位の松下えみ (T-KIX GYM)の一戦。

紅絹は今年9月のRISE興行にて第2代RISE QUEEN(48kg)のベルトを懸け神村エリカ(TARGET/WPMF世界女子ミニフライ級王者)と対戦。
惜しくも敗れ6連勝が途絶えたものの、王座 戴冠後なおも成長した姿を見せつけている。

対する松下も昨年9月のプロデビューから着々と成長しており、既にJ-GIRLS本戦トーナメント、トップラン カーとの試合も経験している。

1R、ゴングと同時に走ってプレッシャーをかける紅絹に対し、松下はパンチから右ミドル、紅絹も左ミドルを返し、パ ンチで圧力をかける。
2R、手数を増やし更にプレッシャーをかける紅絹。フックからの左ミドル、ストレート。左の前蹴りでボディの効いた松下の動きが鈍 る。
3R、開始早々紅絹はパンチラッシュを仕掛け、松下も手数を返すが、ボディが効いて攻撃を浴びる形に。
最後には互いに壮絶な打ち合いを見せるも及ばず、紅絹の判定勝ちとなった。

「松下選手の勢いはすごかった。来年はもっとパワーアップしていきたい」
現王者・紅絹が更なる飛躍を誓った。






その他結果は以下の通り。


■J-NETWORK
『J-NEXUS 2013 ~蹴っていいトモ!~』

2013年12月14日(土)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始:17:30

<全対戦カード>

(左:赤コーナー/右:青コーナー)

▼第8試合メインイベント 64kg契約  サバイバルマッチ1
× 水落洋祐
[Yousuke Mizuochi]
TKO 3R 1'42" 鈴木真治
[Shinji Suzuki]
はまっこムエタイ/
WPMF世界ライト級
暫定王者、
元WBCムエタイ
日本ライト級王者
藤原ジム/
WPMF日本
スーパーライト級4位

▼第7試合ダブルセミファイナル 62kg契約  サバイバルマッチ1
高橋幸光
[Yukimitsu Takahashi]
判定3-0
30-27
30-27
30-27
安田慶二郎
[Keijirou Yasuda]
×
はまっこムエタイ/
MA日本ライト級王者、
J-NETWORKライト級3位
アクシスJ名古屋

▼第6試合ダブルセミファイナル 47kg契約  2分3R
紅絹
[Momi]
判定3-0
30-28
30-28
30-28
松下えみ
[Emi Matsushita]
×
フォルティス渋谷/
J-GIRLSミニフライ級王者
T-KIX GYM/
J-GIRLSアトム級5位

▼第5試合 スペシャルエキシビションマッチ
 燃える闘魂vs.リアル超兄貴  3分2R
- 板倉直人
[Naoto Itakura]
VS 本間勇次郎
[Yuujirou Honma]
-
スクランブル渋谷/
初代REBELS-MUAYTHAI
ウェルター級王者、
J-NETWORKウェルター級5位
フォルティス渋谷
※エキシビションのため勝敗なし

▼第4試合 55kg契約  3分3R
× 上出HIT将也
[Kamide Hit Masaya]
判定0-3
29-30
28-30
28-30
永井健太朗
[Kentarou Nagai]
総合格闘技HIT Kick Box

▼第3試合 ライト級  3分3R
× RYO
[Ryo]
判定0-2
29-30
28-29
29-29
大野翔
[Kakeru Oono]
TSKjapan/
TRIBELATEライト級王者
FLAT UP

▼第2試合 スーパーバンタム級  3分3R
× 猪子益弘
[Masuhiro Inoko]

KO 2R 0'36"

工藤“Red”玲央
[Kudou Red Reo]
レジェンド横浜 ファイヤー高田馬場
※デビュー戦

▼第1試合 いいトモ特別企画
 スペシャルエキシビションマッチ イベントPvs.Team DATE
- 喜入衆
[Tomo Kiire]
VS 伊達華麗[Karei Date] -
伊達直[Nao Date] -
伊達拳打[Kenta Date] -
伊達一輝[Kazuki Date] -
フォルティス渋谷/
元J-NETWORK
スーパーライト級王者
Team DATE  
※エキシビションのため勝敗なし
Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。
g