J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

★試合結果

3.29『J-FIGHT&GIRLS 2015 1st』
大会結果詳細

2015年3月29日(日) 新宿FACEにて男女合同大会『J-FIGHT&J-GIRLS 2015 1st』が行われた。

今大会のメインは北斗拳太郎(ボスジム/J-NETWORKスーパーウェルター級4位、元TRIBELATE同級王者)vs.小林準(MA・JMC横浜)。

北斗は約3年ぶりにJ-NETWORKへ凱旋! J-NETWORKアマチュア全日本大会、KAMINARIMON全日本大会、アマチュアシュートボクシ ング関東選手権で優勝のアマチュア3冠を獲得する経緯を持ち、立ち技だけでは飽き足らず総合格闘技にも高い順応を見せている実力派。
MA日本キックボクシ ング連盟から送りこまれた“ハマのマイトガイ(ダイナマイトのような男)”小林準(MA・JMC横浜)に対しどんな戦いを見せるのか。

1R早々、 セコンドから「いい間合いだ!」と言われる距離からキレのよい右ローを放つ北斗、ワンツーで飛び込み組み際にヒジを狙う。
小林はローを返しストレート、左 ミドルへ繋げる。2R、小林は左ローから左ミドル、組んでヒジを狙う。
北斗はワンツーで飛び込み強烈な右のパンチ、ブロックの上からでも破壊力があるその パンチで小林の動きが止まる。
更にサウスポーからワンツーで飛び込み組んではこかす。3R、同じくワンツーで飛び込む北斗、組んで左右のヒジを振る。ここ でカットに成功しドクターチェックが入る。小林は飛び込む北斗に対しカウンターを狙うも、北斗が更に手数を増やし圧力をかけたところで小林が再び出血、レ フェリーストップで北斗が勝利した。

マイクを握った北斗は現J-NETWORKスーパーウェルター級王者・森本一陽(レグルス池袋)との対戦をアピールし た。

 

 


セミファイナルは前バンタム級王者・木村健太郎(サバーイ町田/J-NETWORKスーパーバンタム級6位、WBCムエタイ日本バンタム級2位)と関西からの刺客・小野剛史(S.F.K/J-NETWORKバンタム級7位)。

木村は昨年9月、2階級制覇を目指してスーパーバンタム級の王座挑戦者決定戦に臨むも、渡辺優太(チューティンムエタイジム/J-NETWORKスーパーバ ンタム級王者、WPMF日本同級1位)に敗れ、今回が復帰戦。小野としては前王者を倒し、現王者・喧太(NEXT LEVEL 渋谷)への挑戦をアピールする絶好のチャンス。その結果は…?

1R、互いにインローの蹴り合いで様子を見るも、木村が中盤からプレッシャーを強め 右ミドル、小野は飛び込んで左右フックを放つ。
2R、小野は左ミドル、木村は左ローで蹴り合い。木村は左ハイを繰り出し右ヒジを狙う。 小野は飛び込んでボ ディーから顔面へと繋げる。
3R、左フックをクリーンヒットさせる小野。このポイントを取り返すべく木村が一気に手数を増やす。左ミドルを蹴る小野に対し 左ロー、右ミドル、右ヒジ、組んではヒザを突き刺す木村。最後まで動きの落ちない木村に対し小野は動きが鈍っていく。後半に手数とスタミナで押し切った木 村が僅差の判定で勝利をもぎ取った。

「一年前に子供が生まれたんですけど、それからタイトルは獲られて負けて踏んだり蹴ったりだった。今日は子供の前で勝てて良かった」復帰戦を勝利した木村に安堵の笑みがこぼれた。

その他試合結果は以下のとおり。


 

■J-NETWORK
『J-FIGHT&J-GIRLS 2015 1st』

2015年3月29日(日) 新宿FACE
開場:18:30 試合開始:19:00

(左:赤コーナー/右:青コーナー)

▼第8試合メインイベント 70kg契約  3分3R ※肘有り
北斗拳太郎
[Kentarou Hokuto]
TKO 3R 2'16" 小林準
[Jyun Kobayashi]

×

ボスジム/
J-NETWORKスーパーウェルター級4位、
元TRIBELATE同級王者
MA・JMC横浜

▼第7試合セミファイナル 54kg契約  3分3R ※肘あり
木村健太郎
[Kentarou Kimura]

判定2-1
28-29
30-29
29-28

小野剛史
[Takeshi Ono]
×
サバーイ町田/
J-NETWORKスーパーバンタム級6位、WBCムエタイ日本バンタム級2位、元J-NETWORKバンタム級王者
S.F.K/
J-NETWORKバンタム級7位

▼第6試合 スーパーフライ級  サバイバルマッチ1
× 稼頭徳
[Kazunori]
TKO 3R 2'05"
[Atsumu]
JTクラブ/
J-NETWORK同級8位、
REBELS-MUAYTHAI同級5位
TSKjapan/J-NETWORK同級10位

▼第5試合 62.5kg契約  3分3R ※肘あり
× 智也
[Tomoya]

TKO 1R 1'34"

伊東伴恭
[Bankyou Itou]
NJKF・VERTEX/
NJKFライト級4位
アカデミア・アーザ/
J-NETWORKスーパーライト級10位、
J-NETWORK2014同級新人王

▼第4試合 フェザー級  3分3R ※肘有り
× 押方匡介
[Kyousuke Oshikata]
判定0-3
27-29
28-30
28-30
BRO.RYO
[Brother Ryo]
レグルス池袋/
J-NETWORKフェザー級9位
バンゲリングベイ・スピリット

▼第3試合 フェザー級  3分3R
勇志
[Yuuji]
判定2-0
30-29
29-29
30-29
NAOTO
[Naoto]
×
勇誠会/
KINGフェザー級3位
MA・JMC横浜

▼第2試合 62kg契約  3分3R
向井悠太
[Yuuta Mukai]
判定2-0
29-28
29-28
28-28
剛田武
[Takeshi Gouda]
×
超越塾 BPM
※デビュー戦

▼第1試合 52kg契約  2分3R
山口友花里
[Yukari Yamaguchi]
KO 1R
1'37"
加藤みどり
[Midori Katou]
×
空手道 白心会

エイワスポーツジム


Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。
g