J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

★試合結果

3.27『J-FIGHT&J-GIRLS 2016 1st』
大会結果詳細

2016年3月27日(日)東京・新宿FACEにてJ-NETWORK主催興行『J-FIGHT&J-GIRLS 2016 1st』が行われた。

今回のメインイベントは52戦を戦い抜いてきたベテランファイター・小宮由紀博(HEAVY CLASS/RISEスーパーライト級3位、2009RISE-70kgTOURNAMENT優勝)vs.NJKFウェルター級2位の超新鋭・山崎遼太 (NJKF・OGUNI GYM/NJKFウェルター級2位)。

小宮は2003年7月のJ-NET興行にてプロデビューし、以降K-1、シュートボクシング、RISE、レベルスなど様々なリングで活躍してきた。J- NETのリングは2008年7月以来、約7年半ぶりとなる。対する山崎はデビューから8連勝し、わずか9戦目の昨年11月にNJKF興行にてNJKFウェ ルター級王座決定戦を行った期待の超新鋭。ベテランの意地が勝るか、それとも……!?
1R、早くてキレのあるローを出す小宮に対し、山崎は重い左ミドルを返す。山崎がパンチで攻めると小宮は的確にローを返す。山崎の前蹴りを掴んでは軸足を払いこかしていく。

2R、バックスピンキックをクリーンヒットさせる山崎。小宮はワンツーから右ロー、山崎はボディを返す。 3R、左ボディをヒットさせる山崎。小宮は右ロー、右ミドルを返し、ハイキックも繰り出す。1R同様、山崎の前蹴りをキャッチ、軸足を払いこかしていく。山崎はバックスピンキックなどを繰り出すも空を切る。小宮はパンチから首相撲、顔面ひざをヒットさせる。 山崎のパワーに手こずる場面を見せるも、持ち前のスピードとベテランの技で終始ペースを握った小宮がフルマークの判定勝利、約7年半ぶりのJ-NET帰還を果たした。

 


 

セミファイナルはNJKFとJ-NETのランカー対決。NJKF日本バンタム級6位・鰤鰤左衛門(NJKF・CORE)vs.J-NETWORKバ ンタム級10位・キム・ギフン(STRUGGLE)。鰤鰤は全身にタトゥーを彫り、奇抜な入場パフォーマンスで知られるアーティスト系キックボクサー。対 するキムは韓国・釜山で生まれ、22歳で来日し日本大学商学部を卒業した学士ボクサー。個性派対決の勝負の行く末は……!?
1R、トリッキーな動きで足を使う鰤鰤が蹴り、また回転ヒジなども繰り出す。キムは左ロー、左ミドルを出しながらジリジリとプレッシャーをかけ、コーナーに追い詰めた所に左ストレートでダウンを奪う。
2R、ローとミドルを蹴る鰤鰤に対し、キムはワンツー、左テンカオ、ヒジ打ちを狙う。鰤鰤も右フックからインローを返す。
3R、なおも足を使って回る鰤鰤。キムはパンチで追い込み左ハイ、左ヒジ、さらにワンツーで攻め込む。
ダウン奪取後も終始攻めたてたキムが他団体ランカー対決を制し、「J-NETのベルトが欲しいので、またベルトに向けて頑張っていきます」とマイクアピールした。

 


その他結果は以下の通り。

 



■『J-FIGHT&J-GIRLS 2016 1st』

2016年3月27日(日)東京・新宿FACE
開場:18:30 試合開始:18:45

<全対戦カード> 【上:赤コーナー/下:青コーナー】

第13試合メインイベント ウェルター級  3分3R
小宮由紀博
[Yukihiro Komiya]
判定3-0
30-29
30-27
29-28
山崎遼太
[Ryouta Yamazaki]
×
HEAVY CLASS/
RISEスーパーライト級3位、
2009RISE-70kgTOURNAMENT優勝
NJKF・OGUNI GYM/
NJKFウェルター級2位

第12試合セミファイナル 54kg契約  3分3R ※肘あり
× 鰤鰤左衛門
[Buriburizaemon]
判定0-3
27-30
27-29
27-30
キム・ギフン
[Kim Kihoon]
NJKF・CORE/
NJKF日本バンタム級6位
STRUGGLE/
J-NETWORKバンタム級10位

第11試合 エキシビションマッチ  3分1R
華 DATE
[Hana Date]
CruSher松川敬子
[Crusher Matsukawakeiko]
Team DATE Spirit division 村澤道場/
J-GIRLSバンタム級2位
※エキシビションのため勝敗なし

第10試合 ヘビー級  3分3R
× ダビデ篤志
[David Atsushi]
判定0-2
29-30
29-29
29-30
坂本英則
[Hidenori Sakamoto]
BLUE DOG GYM/
J-NETWORKヘビー級3位
修実館

第9試合 61kg契約  3分3R ※肘あり
× 笠原淳矢
[Jyunya Kasahara]
判定1-2
29-28
29-30
28-30
吉田優太
[Yuuta Yoshida]
フォルティス渋谷/
J-NETWORKスーパーフェザー級6位
グレイシーバッハ東京

第8試合 J-NETWORK 2016 スーパーフェザー級新人王トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1 ※肘なし
× 竹吉龍
[Ryu Takeyoshi]
TKO
1R 0'40"
仁琉丸
[Jinryuumaru]
上州松井ジム ウルブズスクワッド
※デビュー戦
※仁琉丸がトーナメント勝ち上がり

第7試合 J-NETWORK 2016 スーパーフェザー級新人王トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1 ※肘なし
× 吉田優佑
[Yuusuke Yoshida]
KO 1R 2'59" スーパーアンジ
[Super Anji]
K&Kボクシングクラブ
※デビュー戦
KUNISNIPE 旭/
蹴拳60kgアマチュアトーナメントBクラス優勝
※デビュー戦
※スーパーアンジの計量オーバーにより、勝敗にかかわらず吉田がトーナメント勝ち上がり

第6試合 J-NETWORK 2016 フェザー級新人王トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1 ※肘なし
藤田義文
[Yoshifumi Fujita]
判定1-1
30-28
28-29
29-29

Ex.3-0
10-9
10-9
10-9
KEIGO
[Keigo]
×
Y'ZD GYM FLAT UP
※藤田がトーナメント勝ち上がり

第5試合 J-NETWORK 2016 フェザー級新人王トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1 ※肘なし
× 忠勝
[Tadakatsu]
判定0-3
28-30
28-30
28-30
横山朋哉
[Tomoya Yokoyama]
練成塾/
REBELS BLOW-CUP・34 60kgトーナメント準優勝、REBELS-GATE 60kg級トーナメント準優勝
リーブルロア/
第4回J-GROWアマチュアフェザー級王者、第13回アマチュア全日本Aリーグフェザー級優勝
※横山がトーナメント勝ち上がり

第4試合 J-NETWORK 2016 スーパーバンタム級新人王トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1 ※肘なし
丸吉伴幸
[Tomoyuki Maruyosi]
判定3-0
30-28
30-28
30-28
安達浩平
[Kouhei Adachi]
×
クラミツムエタイジム/
2015年度全日本学生キックボクシングフェザー級王者、第2代ムエタイオープンアマチュアフェザー級王者、アマチュアムエタイ世界大会-57kg級銀メダル)
※デビュー戦
team AKATSUKI
※デビュー戦
※丸吉がトーナメント勝ち上がり

第3試合 J-NETWORK 2016 スーパーバンタム級新人王トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1 ※肘なし
菅原智丸
[Satomaru Sugawara]
判定2-0
29-29
30-29
29-28
村井啓祐
[Keisuke Murai]
×
NEXUS GYM キング・ムエ
※菅原がトーナメント勝ち上がり

第2試合 J-NETWORK 2016 スーパーフライ級新人王トーナメント 一回戦
  サバイバルマッチ1 ※肘なし
家下歩
[Ayumu Ieshita]
判定3-0
30-29
30-29
30-29
大地
[Daichi]
×
MA・菅原道場 村澤道場
※家下がトーナメント勝ち上がり

第1試合 46.5kg契約  2分3R 
× 宝☆友佳里
[Yukari]
判定0-3
28-30
28-30
28-30
C-CHAN
[C Chan]
A☆R KICK! T-GYM

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。
g