J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

大会情報

2011年1月30日(日)
『J-GIRLS Catch The Stone~12』


2011.1.14

1.30『J-GIRLS Catch The Stone~12』対戦カード発表第一弾
各階級トーナメントはバンタム級からスタート!
最強女子高生トリオ揃い踏み、ベテランに挑む!!

2011年1月30日(日)東京・新宿FACEにて、本年度第一弾となる『J-GIRLS Catch The Stone~12』が開催される。

全階級で実施される次期王者挑戦者決定トーナメント。その先陣を切って、強豪ひしめきあうバンタム級トーナメント一回戦3試合が決定した。なお二回戦は、一回戦の勝者3名にシード選手1名を加え、後日新たに組合せが行われる。

昨年9月の「J-GIRLSアラフォートーナメント2010」準優勝者であり、J-GIRLSバンタム級7位の実力者「仙台の雌虎」こと佐竹のぞみ(鷹虎ジム)に対するは、「天才少女」の呼び声も高い魅津希(白心会)。

トーナメント以降連敗が続いてしまった佐竹としては、ここでしっかりと勝ちを収めて実力を証明してみせたいところ。一方、昨年7月のプロデビュー以来キックボクシングだけでなく総合格闘技でも順調に白星を重ねる魅津希としては、その勢いのまま一気に二回戦にコマを進めたいだろう。

両者の意地がぶつかり合う激しい一戦が予想される。

 


魅津希


佐竹のぞみ


九州・リアルディールから名乗りを上げたのは同級6位の谷村郁江。涙を呑んだ昨年の同トーナメントの雪辱を期して10ヶ月ぶりとなるJ-GIRLSのリングに登場する。

その対戦相手は名古屋の最強ファミリー・OISHI GYM会長の愛娘、大石ゆきの(OISHI GYM)。姉の綾乃、兄の駿介はともに昨年王者となり、続いて自分もと、ベルトを巻く事に執念を燃やしている。

両者とも久々のJ-GIRLS出場、それだけに、勝利で自らを印象付けたい。

 


大石ゆきの


谷村郁江


現同級王者・水野志保、そしてK-1MAXで活躍する佐藤嘉洋をはじめとする多くの強豪選手を輩出している名古屋JKFからは、加賀有美子がエントリー。バンタム級8位の実力者は、虎視眈々とランキングのジャンプアップを狙っている。果てはJ-GIRLS初の同門タイトルマッチなるか!? 

その加賀に対峙するのは、昨年12月の「Wヒロイントーナメント」で優勝するなど、進境著しい「ハマのスーパー女子高生」陣内まどか。昨年同タイトルマッチで敗れはしたものの、ここにきて一気にその才能が開花した陣内を、加賀が押さえこめるか?

 


陣内まどか


加賀有美子


奇しくも3試合ともベテランvs.若手と言う図式となったバンタム級トーナメント。女子高生トリオが若さに任せて時代の壁を突き破るのか? それともベテラン勢が力づくで世代交代の波を撥ね退けるのか? どの一戦も見落とせないトーナメント一回戦となった。


■J-NETWORK
『J-GIRLS Catch The Stone~12』

2011年1月30日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

<決定対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 【サバイバルマッチ1】
  佐竹のぞみ[Satake Nozomi](鷹虎ジム/J-GIRLSバンタム級7位)
  魅津希[Mizuki](白心会)

▼J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 【サバイバルマッチ1】
  谷村郁江[Tanimura Ikue](リアルディール/J-GIRLSバンタム級6位)
  大石ゆきの[Oishi Yukino](OISHI GYM)

▼J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 【サバイバルマッチ1】
  加賀有美子[Kaga Yumiko](名古屋JKF/J-GIRLSバンタム級8位)
  陣内まどか[Jinnai Madoka](フォルティス渋谷/J-GIRLSバンタム級2位)

<チケット料金>
SRS席10,000円 RS席7,000円 S席4,000円
※当日券は1,000円増し
※立見3,000円(当日売り)

<チケット販売所>
チケットぴあ

<問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03-3419-0536
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。