J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

大会情報

2011年3月6日(日)
『J-GIRLS Catch The Stone~13』


2011.2.18

3.6『J-GIRLS Catch The Stone~13』
対戦カード発表第二弾
新旧混合大波乱なるか!?
アトム級次期王者挑戦者決定トーナメント開催
組み合わせ決定

2011年3月6日(日)東京・新宿FACEにて『J-GIRLS Catch The Stone~13』が行われる。

先に発表されたミニフライ級タイトルマッチ、バンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント準決勝に続き、アトム級トーナメント一回戦の開催が決定した。

昨年の同トーナメントにおいて決勝まで勝ち上がった美保(KFG/J-GIRLSアトム級3位)が参戦。当時の王者・Little Tiger(F・TEAM TIGER)にはアトム級選手の中で唯一勝ち越しているだけに、王座奪還も夢ではなかった。が、当時弱冠16才の山田真子(Weed GYM)に判定で敗れる結果に。一方の山田はその勢いで王者をも下し、第二代王者に君臨した。昨年流した悔し涙をバネに、ここは着実に勝ち進みたいところ。
だが美保は、一回戦から強敵を迎えることに……。

今回の対戦相手は福岡の超新星・坂本柚佳里(錬成塾)。昨年9月、美保が悔し泣きするその横で、J-GIRLS初出場にしてメインイベントに登場。3戦2勝1敗という戦績でLittle Tigerに挑み、なんと延長戦にまでもつれ込む激戦を繰り広げた。実力が未知数なだけに、美保にとっては最大の難敵といえよう。

 


坂本柚佳里


美保


また愛らしいルックスで大人気のPIRIKA(NJKF・キングジム/J-GIRLSアトム級5位、BONITA BOXEOアトム級2位)がトーナメント初参戦のYUKI(フォルティス渋谷)を迎え撃つ。

YUKIは昨年8月にプロデビューしたばかり。だが格闘技歴は 5年以上と下積みも長く「どんな相手でもオファーがあれば受けて立つ」という根性の持ち主。

対するPIRIKAは最近ジムを移籍し、先月23日のNJKF 興行では美保を下したばかり。トーナメント優勝候補ナンバーワンと目されるPIRIKAが勝ち上がるのか、YUKIが折れない心で撃破するのか、大注目の一戦である。

 


YUKI


PIRIKA



■J-NETWORK
『J-GIRLS Catch The Stone~13』

2011年3月6日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

<追加対戦カード> 【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼J-GIRLSアトム級次期王者挑戦者決定トーナメント 準決勝 【サバイバルマッチ1】
  美保[Miho](KFG/J-GIRLSアトム級3位)
  坂本柚佳里[Sakamoto Yukari](錬成塾)

▼J-GIRLSアトム級次期王者挑戦者決定トーナメント 準決勝 【サバイバルマッチ1】
  PIRIKA[Pirika](NJKF・キングジム/J-GIRLSアトム級5位、BONITA BOXEOアトム級2位)
  YUKI[Yuki](フォルティス渋谷)

<決定対戦カード>

▼J-GIRLSミニフライ級王座決定戦  2分5R(延長1R)
  紅絹[Momi](フォルティス渋谷/J-GIRLSミニフライ級1位)
  安倍基江[Abe Motoe](アカデミア・アーザ/J-GIRLSミニフライ級2位)

▼J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 準決勝 【サバイバルマッチ1】
  陣内まどか[Jinnai Madoka](フォルティス渋谷/J-GIRLSバンタム級2位)
  魅津希[Mizuki](白心会)

▼J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 一回戦 【サバイバルマッチ1】
  くみこぱとら[Kumiko Patora](契明ジム/J-GIRLSバンタム級1位)※難波久美子より改名
  大石ゆきの[Oishi Yukino](OISHI GYM)

<チケット料金>
SRS席10,000円 RS席7,000円 S席4,000円
※当日券は1,000円増し
※立見3,000円(当日売り)

<チケット販売所>
チケットぴあ

<問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03-3419-0536
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。