J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

大会情報

2011年7月10日(日)
『J-GIRLS 2011 ~Born This Way 2nd~』


2011.6.9

7.10『J-GIRLS 2011 ~Born This Way 2nd~』
対戦カード発表第三弾
今春プロデビューの二人が激突!
白石瑠里vs.NANA

2011年7月10日(日)東京・新宿FACEで開催される『J-GIRLS 2011 ~Born This Way 2nd~』。
今大会にて各階級次期王者挑戦者決定トーナメントが佳境に入り、「アイスリボン・女子プロレス」も半年ぶりの再登場と、早くも賑わいを見せているJ-GIRLS。
ここで、期待の大型新人選手によるワンマッチが決定した。

日本初のキックボクシングジムと謳われ、輩出したチャンピオンの数は60名以上という名門・藤本ジムの白石瑠里が2度目の参戦。
今年3月に満を持してのプロデビュー、広島の徳山久美子(隆拳塾)と対戦し、結果はドロー。
実力を出し切れず消化不良気味に終わったデビュー戦を覆し、真っ向勝負に挑む。

その対戦相手となるのはK-1甲子園で活躍、現在はシュートボクシング日本スーパーバンタム級チャンピオンである日下部竜也の妹、NANA(OISHI GYM)
※日下部奈々より改名。
NANAは今年3月に中学校を卒業し4月にプロデビュー、その一戦目にして現J-GIRLSアトム級王者の山田真子(team MA☆KO)と福岡にて対戦。プロ戦績を積んだチャンピオンが有利かと思われたがドローという結果に。またその僅か二週間後には東京に渡り『REBELS』興行にて連戦、同じく現役女子高生のアイドルファイター・飯田なお(新宿レフティー)を判定で下した。

NANA
NANA

白石瑠里
白石瑠里


今大会には同門の大石ゆきのも参戦するだけに、サポート体制は万全であろう。
ジムを挙げての大一番、結果はいかに……?


■J-NETWORK
『J-GIRLS 2011 ~Born This Way 2nd~』

日時:2011年7月10日(日)
場所:東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

<追加対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼50kg契約  2分3R
  白石瑠里[Shiraishi Ruri](新日本・藤本ジム)
  NANA[Nana](OISHI GYM)※日下部奈々より改名

<決定対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦  サバイバルマッチ1
  魅津希(空手道 白心会)
  大石ゆきの(OISHI GYM)

▼J-GIRLSアトム級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦  サバイバルマッチ1
  美保(KFG/J-GIRLSアトム級3位)
  PIRIKA(NJKF・キングジム/J-GIRLSアトム級5位、BONITA BOXEOアトム級2位)

▼J-GIRLSフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦  サバイバルマッチ1
  ☆MIKA☆(MA・ワイルドシーサー群馬)
  いつか(新宿レフティー)

▼J-GIRLSフェザー級次期王者挑戦者決定トーナメント 準決勝  サバイバルマッチ1
  超弁慶(ガムランナック)
  MINA(秀晃道場)

▼特別企画 アイスリボン スペシャルプロレスマッチ
 ※カードは後日発表

<チケット料金>
SRS席10,000円 RS席7,000円 S席5,000円 A席4,000円
※当日券は1,000円増し
※立見3,000円(当日売り)

<チケット販売所>
チケットぴあ
J-NETWORK株式会社

<問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03−3419−0536
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。