J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

大会情報

2011年9月18日(日)
『J-GIRLS 2011 ~Born This Way 3rd~』


2011.9.18

9.18『J-GIRLS 2011 ~Born This Way 3rd~』
大会概要決定
二度目の防衛戦~王者・水野志保に挑むのは
現役女子高生・大石ゆきの

2011年9月18日(日)東京・新宿FACEで開催される『J-GIRLS 2011 ~Born This Way 3rd~』 今大会の概要が決定した。

~いよいよタイトルマッチへ~

各階級の先陣を切り、今年1月にスタートしたバンタム級トーナメント。総勢7名という最多人数で行われた過酷な争いを制し、王者・水野志保(名古屋JKF)への挑戦権を勝ち取ったのは大石ゆきの(OISHI GYM)、名古屋の現役女子高生だ。

J-GIRLSプロ初参戦となった2009年4月、ベテランの大島つばき(フォルティス渋谷/J-GIRLSミニフライ級2位)に勝利するという偉業を成し遂げたゆきの。その実力は今トーナメントでも発揮され、一回戦は谷村郁江(リアルディール/J-GIRLSバンタム級6位)、準決勝はくみこぱとら(契明ジム/J-GIRLSバンタム級1位)とランカー選手を次々と倒し、決勝戦では同じく現役女子高生の魅津希(空手道 白心会)と対戦。無敗だった魅津希に土をつけ、ここまで勝ち上がった。実姉である現フェザー級王者・大石綾乃(OISHI GYM)に続くベルトを戴冠し、J-GIRLS史上初の姉妹王座君臨を目指す。

大石ゆきの
大石ゆきの

水野志保
水野志保


そのフェザー級王者・大石綾乃への挑戦権を懸けた一戦も行われる。

7月に開催された同トーナメント準決勝にて超新鋭のMINA(秀晃道場)を剛腕で破った超弁慶(ガムランナック)が、一回戦を勝ち上がりシードに選ばれた成沢紀予(フォルティス渋谷/J-GIRLSフェザー級3位)と対戦。

ともに30戦近い(弁慶は総合格闘技を含む)戦績を誇るベテラン選手の戦いに注目である。

超弁慶
超弁慶

成沢紀予
成沢紀予


■J-NETWORK
『J-GIRLS 2011 ~Born This Way 3rd~』

日時:2011年9月18日(日)
場所:東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

<決定対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼J-GIRLSバンタム級タイトルマッチ  2分5R(延長1R)
 水野志保(名古屋JKF/J-GIRLSバンタム級王者)
 大石ゆきの(OISHI GYM)

▼J-GIRLSフェザー級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦  サバイバルマッチ1
 成沢紀予(フォルティス渋谷/J-GIRLSフェザー級3位)
 超弁慶(ガムランナック)

<チケット料金>
SRS席10,000円 RS席7,000円 S席5,000円 A席4,000円
※当日券は1,000円増し
※立見3,000円(当日売り)

<チケット販売所>
チケットぴあ
J-NETWORK株式会社

<問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03−3419−0536
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。