J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

大会情報

2011年9月18日(日)
『J-GIRLS 2011 ~Born This Way 3rd~』


2011.8.5

9.18『J-GIRLS 2011 ~Born This Way 3rd~』
エキシビションを経て念願の本戦が実現!
紅絹vs.NANA、決死のガチンコ対決!!

2011年9月18日(日)東京・新宿FACEにて『J-GIRLS 2011 ~Born This Way 3rd~』が行われる。

既報の通り、今大会にてバンタム級タイトルマッチ、 フェザー級次期王者挑戦者決定トーナメント決勝戦を開催、続いてワンマッチ2試合が発表された。

今年1月の新宿大会にて「新春特別企画 スペシャルエキシビションマッチ」と題して行われた ミニフライ級1位の紅絹(フォルティス渋谷)と「天才空手少女」NANA(OISHI GYM/※日下部奈々より改名)の一戦。

昨年行われた15才以下のトーナメント「J-GIRLS U-15 ミニフライ級」1位の座に着いたNANAが、エキシといえど フルパワーで先輩格の紅絹に攻撃を仕掛け会場を沸かせた。
今春中学校を卒業し今回が早くもプロ4戦目。 その初戦では現J-GIRLSアトム級王者の山田真子(team MA☆KO)と福岡にて対戦し、ドローという結果に。

同じく紅絹も前回7月大会にて山田と対戦し、引き分けている。

決死のガチンコ対決。今後のJ-GIRLSミニフライ級を占う重要な一戦となりそうだ。

NANA
NANA

紅絹
紅絹


また昨年7月にデビューした舞獅(レグルス池袋)が 今大会でプロデビューする小野愛子(亀の子道場/湘南キック事務局)を迎え撃つ。

舞獅はJ-NETWORKアマチュア大会の顔となる程キックに没頭してきた新鋭 (J-GROW31にて敢闘賞、J-GROW32にて女子技能賞を受賞)。 だがプロデビューしてからは3戦3敗と結果が振るわず、何としてでも一勝し流れを変えたいところ。

対する小野は5月の新宿大会にてアマチュア参戦し、 圧倒的な強さを見せてTKO勝利した、普段はIT業界で働くバリバリのキャリアウーマン。 頭脳プレーを武器に、そう簡単に勝たせはしないだろう。

新鋭同士の勢いある戦いに注目である。

小野愛子
小野愛子

舞獅
舞獅


■J-NETWORK
『J-GIRLS 2011 ~Born This Way 3rd~』

日時:2011年9月18日(日)
場所:東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

<追加対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼ミニフライ級(47.63kg以下)契約  2分3R
 紅絹[Momi](フォルティス渋谷/J-GIRLSミニフライ級1位)
 NANA[Nana](OISHI GYM)

▼バンタム級(53.52kg以下)契約  サバイバルマッチ1
 舞獅[Mai](レグルス池袋)
 小野愛子[Ono Aiko](亀の子道場/湘南キック事務局)

<決定対戦カード>

▼J-GIRLSバンタム級タイトルマッチ  2分5R(延長1R)
 水野志保[Mizuno Shiho](名古屋JKF/J-GIRLSバンタム級王者)
 大石ゆきの[Oishi Yukino](OISHI GYM/J-GIRLSバンタム級1位)

▼J-GIRLSフェザー級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦  サバイバルマッチ1
 成沢紀予[Narusawa Kiyo](フォルティス渋谷/J-GIRLSフェザー級1位)
 超弁慶[Cyo-Benkei](ガムランナック/J-GIRLSフェザー級2位)

<チケット料金>
SRS席10,000円 RS席7,000円 S席5,000円 A席4,000円
※当日券は1,000円増し
※立見3,000円(当日売り)

<チケット販売所>
チケットぴあ
J-NETWORK株式会社

<問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03−3419−0536
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。