J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

大会情報

2011年11月27日(日)
『J-GIRLS 2011 ~Born This Way FINAL~』


2011.10.7

11.27『J-GIRLS 2011 ~Born This Way FINAL~』
大会概要決定
本年の締めは豪華トリプルタイトルマッチ

2011年11月27日(日)東京・新宿FACEで開催される『J-GIRLS 2011 ~Born This Way FINAL~』。
本年の締めとなる今大会の概要が決定した。

早くも3月に行われたミニフライ級王座決定戦では、紅絹(フォルティス渋谷/J-GIRLSミニフライ級1位)と安倍基江(アカデミア・アーザ/J-GIRLSミニフライ級2位※当時)によって争われ、4度目の対戦を制して安倍が初のJ-GIRLS王座戴冠となった。
そして前回の9月大会ではバンタム級王者・水野志保(名古屋JKF)が二度目の防衛に失敗、女子高生ファイターの大石ゆきの(OISHI GYM/J-GIRLSバンタム級1位※当時)が新チャンピオンとなった。

そして今回、3つのタイトルマッチが行われる。

強豪のPIRIKA(NJKF・キングジム/J-GIRLSアトム級2位、BONITA BOXEOアトム級2位)との三度目の激戦を制した美保(KFG/J-GIRLSアトム級1位)が現アトム級王者・山田真子(錬成塾)と激突。
二人は昨年の同トーナメント決勝戦にて対峙し山田が判定勝利。その勢いのまま当時の王者・Little Tiger(F・TEAM TIGER)をも下し、山田は第二代王者に君臨した。

だが昨年の山田との対戦時に美保が足を骨折していた事が後日判明。万全の態勢で挑む今回のタイトルマッチ、結果はいかに……?

 

美保
美保

山田真子
山田真子


バンタム級新王者・大石ゆきのの実姉・大石綾乃(OISHI GYM/J-GIRLSフェザー級王者)が持つベルトに挑戦する超弁慶(ガムランナック/J-GIRLSフェザー級1位)。
約3ヶ月間集中して肉体改造を行い、それが見事に成功。ノーランカーでここまで勝ち上がり地位と権利を得た。
二人は昨年4月に開催されたトーナメント一回戦にて対戦、延長戦の末に大石が勝利し、そのまま勝ち進んだ大石が空位となっていた王座に就いた。

最高位に昇るまであと一歩の弁慶、J-GIRLS史上初の姉妹王者戴冠という現状を崩壊させる事ができるのか!?

 

超弁慶
超弁慶

大石綾乃
大石綾乃


“女子格闘技のパイオニア”グレイシャア亜紀(フォルティス渋谷/J-GIRLSフライ級王者)は昨年に続き二度目の防衛戦に挑む。

挑戦者は今トーナメントにて2年半ぶりにJ-GIRLS登場した☆MIKA☆(MA・ワイルドシーサー群馬/J-GIRLSフライ級1位)。
☆MIKA☆はデビュー戦でいきなりメインに抜擢、田嶋はる(第2代J-GIRLSミニフライ級王者)と対戦。
また神村エリカ(TARGET/WBCムエタイ女子インターナショナル ライトフライ級王者、WPMF&WMC世界女子ミニフライ級王者、Girls S-cup2011トーナメント優勝)のプロデビュー戦の相手をつとめた。
他にもミニフライ級王者・安倍、RENA(及川道場/Girls S-cup2009日本王者、同2010世界王者)といった多くの強豪選手たちと拳を交えてきた。

一方のグレイシャアは今年7月に安倍との王者対決を制し絶対王者ぶりをアピール。

☆MIKA☆に残された最後の大物との対戦。その勝負の行方は……?

☆MIKA☆
☆MIKA☆

グレイシャア亜紀
グレイシャア亜紀


なお今大会の記念企画としてフライ級タイトルマッチの選手応援シートを限定数で発売する事が決定(オリジナル応援タオルつき。タオルは当日会場にて受け渡し)。
チケットは10月18日(火)頃から一般発売の予定。

■J-NETWORK
『J-GIRLS 2011 ~Born This Way FINAL~』

日時:2011年11月27日(日)
場所:東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

<決定対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼J-GIRLSフライ級タイトルマッチ  2分5R(延長1R)
グレイシャア亜紀
(フォルティス渋谷/J-GIRLSフライ級王者、
WMCインターコンチネンタル女子スーパーフライ級王者、
J-GIRLS World QueenTournament 2008 準優勝)
☆MIKA☆(MA・ワイルドシーサー群馬/J-GIRLSフライ級1位)

▼J-GIRLSアトム級タイトルマッチ  2分5R(延長1R)
山田真子(錬成塾/J-GIRLSアトム級王者)
美保(KFG/J-GIRLSアトム級1位)

▼J-GIRLSフェザー級タイトルマッチ  2分5R(延長1R)
大石綾乃(OISHI GYM/J-GIRLSフェザー級王者)
超弁慶(ガムランナック/J-GIRLSフェザー級1位)

<チケット料金>
SRS席10,000円 RS席7,000円 S席5,000円 A席4,000円
グレイシャア亜紀応援シート6,000円(オリジナル応援タオルつき)
☆MIKA☆応援シート6,000円(オリジナル応援タオルつき)

※当日券は1,000円増し
※立見3,000円(当日売り)

<チケット販売所>
チケットぴあ
J-NETWORK株式会社

<問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03−3419−0536
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。