J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

大会情報

2012年4月1日(日)
『J-GIRLS 2012 ~Platinum's In The Ring 2nd~ with J-FIGHT』


2012.3.20

4.1『J-GIRLS 2012 ~Platinum's In The Ring 2nd~ with J-FIGHT』
女子の舞台で新鋭男子の熱き血潮が滾る
スーパーライト級新人王トーナメントが開幕

2012年4月1日(日)東京・新宿FACEにて、『J-GIRLS 2012 ~Platinum's In The Ring 2nd~ with J-FIGHT』が行われる。

タイトルにある“with J-FIGHT”の通り、今回のJ-GIRLSにて男子選手が参戦。6名の新鋭選手たちによる「スーパーライト級(63.50kg以下)新人王トーナメント」一回戦の開催が決定した。

7年の時を経て、愛弟子が師匠の敵を討つ。
まずは亀甲谷友則(ファイヤー高田馬場)と将-masa-(team歌舞伎龍)の一戦。

亀甲谷は“熱狂 のカリスマ”ファイヤー原田を、そして将-masa-はWFCA世界ライト級王者・梶原龍児を師に持つ。 ファイヤーと梶原は2005年4月に行われたJ- NETWORK主催「J-FIGHT4」にて初開催されたライト級新人王トーナメント一回戦で対峙し、延長判定の末に梶原が勝利した。

2007年に再戦の 機会を得るも、再び梶原が勝利。積年の悔いを背負い、ファイヤー魂の継承者・亀甲谷が仇討に燃える。

将-masa-
将-masa-

亀甲谷友則
亀甲谷友則


またアカデミアアーザの新鋭・畠山育朗が山口県からの刺客・越智大輔(TEAM SHIMONOSEKI)を迎え討つ。

畠山は昨年7月にプロデビュー。
2戦2敗と結果が振るわずも、その潜在能力の高さは参戦選手のなかで随一。アグレッシブなファイトスタイルとは裏腹に、まだあどけなさの残る顔立ち、これから一気にブレイクしそうな逸材だ。

対する越智は先月26日にプロテストに合格し、今回がデビュー戦。必勝祈願でこの壁も突破するか?

越智大輔
越智大輔

畠山育朗
畠山育朗


K-1の魔裟斗など、これまで数々の選手を育て上げてきた名伯楽・加藤重夫会長が誇る期待の新鋭・林祐太(天空・藤)も参戦。

林は昨年3月にデビュー。アマ時代はJ-NETWORKアマチュア全日本大会Aリーグライト級優勝、戦績は10戦10勝と脅威の実績を持つ。

対する守田晟也(フォルティス渋谷)も今年2月にアマチュアチャンピオンシップAリーグウェルター級で優勝、アマチュアタイトルを獲得した。

着実に力をつけてきた二人の対戦、勝つのはどちらだ!?

林祐太
林祐太

守田晟也
守田晟也


 

美しき女子選手の舞台で行われる、血気盛んな新鋭男子選手達のトーナメント開幕戦。男気ある熱いファイトに期待したい。




■J-NETWORK
『J-GIRLS 2012 ~Platinum's In The Ring 2nd~ with J-FIGHT』

2012年4月1日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

<追加対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼J-NETWORKスーパーライト級(63.50kg以下)新人王トーナメント 一回戦
 サバイバルマッチ1※ヒジなし
亀甲谷友則[Tomonori Kikoya](ファイヤー高田馬場)
将-masa-[Masa](team歌舞伎龍)※デビュー戦

▼J-NETWORKスーパーライト級(63.50kg以下)新人王トーナメント 一回戦
 サバイバルマッチ1※ヒジなし
畠山育朗[Ikuro Hatakeyama](アカデミアアーザ)
越智大輔[Daisuke Ochi](TEAM SHIMONOSEKI)※デビュー戦

▼J-NETWORKスーパーライト級(63.50kg以下)新人王トーナメント 一回戦
 サバイバルマッチ1※ヒジなし
守田晟也[Seiya Morita](フォルティス渋谷) ※デビュー戦 
林祐太[Yuta Hayashi](天空・藤)

<決定対戦カード>【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼J-GIRLS フライ級(50.80kg以下)ニューヒロイン決定トーナメント 決勝戦
  サバイバルマッチ1
三堀“SMILE”美弥子[Mitsuhori Smile Miyako](Y'ZD GYM)
白築杏奈[Anna Shiratuki](138 KICK BOXING CLUB)

▼51kg以下契約  サバイバルマッチ1
吉田実代[Miyo Yoshida](BLUE DOG GYM)
白石瑠里[Ruri Shiratuki](新日本・藤本ジム)

▼56kg契約 2分3R
成沢紀予[Kiyo Narusawa](フォルティス渋谷/J-GIRLSフェザー級1位)
松川敬子[keiko Matsukawa](村澤道場)

▼J-GIRLS アトム級(46.26kg以下)王座決定戦  2分5R(延長1R)
大島つばき[Tsubaki Ohshima](フォルティス渋谷/J-GIRLSミニフライ級2位)
美保[Miho](KFG/J-GIRLSアトム級1位)

※試合順は未定
※選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございます。

<チケット料金>
SRS席9,000円 RS席7,000円 S席5,000円 
※当日券は1,000円増し
※立見3,000円(当日売り)

<チケット販売所>
チケットぴあ
J-NETWORK株式会社

<問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03-3498-2350
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。