J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

大会情報

2013年11月17日(日)
『J-GIRLS 2013 ~Victorious Goddess FINAL~』


2013.10.23

11.17『J-GIRLS 2013 ~Victorious Goddess FINAL~』
現フライ級王者・トモコSPに対峙するのはどちらだ!?
J-GIRLSフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント決勝戦開催

2013年11月17日(日)東京・新宿FACEにて2013年最後のJ-GIRLSシリーズ『J-GIRLS 2013 ~Victorious Goddess FINAL~』が行われる。

現J-GIRLSフライ級王者・トモコSP(WSRフェアテックス)が保持するベルトを目指し、挑戦者決定トーナメントを勝ち抜いた難波久美(契明ジム /J-GIRLSバンタム級3位、日本チャクリキ協会バンタム級女子王者)と松田玲奈(y-park/J-GIRLSフライ級2位)によるトーナメント決 勝戦が今大会にて行われる事が決定した。

今年2月のJ-GIRLSより開幕した今トーナメント。女子格最激戦区のフライ級は各階級を凌ぐ総勢8名という最多人数でスタート。長期戦で離脱した選手もおり波乱含みで進行したトーナメントだが、勝ち上がったのは実力派と超新鋭のこの二人となった。

難波はこれまで一階級上のバンタム級にて活躍。だがこの階級に違和感を感じ、昨年より徐々に体重を落とし、契約体重にて試合を行いながら自身を見つめ直して きた。階級を落としたことでキレが増し、持ち味である打撃の重さを維持できたことでここまで上り詰めることができた。対する松田は昨年9月のJEWELS 興行にて行われた「JEWELS-52kgアマチュアキックトーナメント」で優勝を果たし、その後プロデビュー。2戦2勝して今トーナメントに参戦し、現在7戦無敗という戦績で決勝戦に挑む。

松田玲奈
松田玲奈

難波久美
難波久美


経験と実績を積んできた難波か? シンデレラストーリーを歩む19才の松田か? 挑戦権を獲得するのは果たして…?


■J-NETWORK
『J-GIRLS 2013 ~Victorious Goddess FINAL~』

2013年11月17日(日)東京・新宿FACE
開場:17:00 試合開始17:30(予定)

<追加対戦カード> 【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼J-GIRLSフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦  サバイバルマッチ1
難波久美[Kumi Nanba](契明ジム/J-GIRLSバンタム級3位、日本チャクリキ協会バンタム級女子王者)
松田玲奈[Rena Matsuda](y-park/J-GIRLSフライ級2位)

<決定対戦カード>

▼J-GIRLSミニフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント一回戦 サバイバルマッチ1
美保[Miho](KFG URAWA/J-GIRLSミニフライ級1位)
めぐみ[Megumi](日進会館)

▼J-GIRLSミニフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント一回戦 サバイバルマッチ1
白築杏奈[Anna Shiratsuki]
(138 KICKBOXING CLUB/J-GIRLSミニフライ級2位、2011年J-GIRLSフライ級ニューヒロイントーナメント優勝)
勝山舞子[Maiko Katsuyama]
(NJKF・拳之会/元MTIA世界女子スーパーフライ級王者)

▼J-GIRLSミニフライ級次期王者挑戦者決定トーナメント一回戦 サバイバルマッチ1
三堀“SMILE”美弥子[Mitsuhori Smile Miyako]
(Y'ZD GYM/J-GIRLSミニフライ級3位) 
Eneos朱里[Eneos Akari]
(SB・グラップリングシュートボクサーズ)

※ カード順は未定。
※ 選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございますので予めご了承下さい。

<チケット料金>
VIP席15,000円(特典あり。枚数限定) SRS席9,000円 RS席7,000円 S席5,000円 
※当日券は1,000円増し
※立見3,000円(当日売り)

<チケット販売所>
CNプレイガイド
J-NETWORK株式会社

<お問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03-3498-2350


e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。