J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

大会情報

2015年3月29日(日)
『J-FIGHT&GIRLS 2015 1st』


2015.3.13

紀末救世主再来!
追加対戦カード発表

2015年3月29日(日) 新宿FACEにて男女合同大会『J-FIGHT&J-GIRLS 2015 1st』が行われる。


北斗拳太郎(ボスジム/J-NETWORKスーパーウェルター級4位、元TRIBELATE同級王者)が約3年ぶりにJ-NETWORKへ凱旋!
北 斗はアニメ「北斗の拳」のケンシロウを模したリングネームや言動のみならず、入場時に悪党を蹴散らす寸劇を慣行したり試合着までもジーパン風のロングス パッツという突飛なキャラクターではあるが、J-NETWORKアマチュア全日本大会、KAMINARIMON全日本大会、アマチュアシュートボクシング 関東選手権で優勝というアマチュア3冠の確固たる実績が光る紛れもない実力派だ。

小林準
小林準

北斗拳太郎
北斗拳太郎


近年はREBELSを主戦場にし、昨年3月には日菜太(クロスポイント吉 祥寺)のREBELS 70kg級王座にも挑戦。また立ち技だけでは飽き足らずJML全日本トーナメントやZSTアマチュア大会「PRE STAGE」の賞金トーナメントでも優勝を果たし、総合格闘技にも高い順応を見せている。 他団体や総合格闘技での経験を糧に一回りも二回りも強さ を増しているであろう“ボス神拳伝承者”北斗が迎え撃つのは、MA日本キックボクシング連盟から送りこまれた“ハマのマイトガイ(ダイナマイトのような 男)”小林準(MA・JMC横浜)だ。二人の闘気に場内の熱気は爆発必至!

そして、先月の新人王トーナメント開幕戦で惜しくも中尾龍慧(谷山ジム大和)に敗れた勇志(勇誠会)が連続参戦。中尾戦ではキレのある鋭い動きと活きの良 い闘いぶりで会場を沸かせた勇志だが、九州のキックボクシング団体・KINGが自信を持って東京へ送り込んできただけあり、敗れてなお闘志は旺盛だ。対す るは昨年6月のNext Generation Cup -58kg級でベスト4に入ったNAOTO(MA・JMC横浜)。同門の小林と揃っての勝利を狙う。
J-NETで勃発するKINGvs.MAの新鋭対決の行方は果たして!?

NAOTO
NAOTO

勇志
勇志


また“天才女子高生”山口友花里(空手道 白心会)の参戦も決定。山口はジュニア時代から数々のタイトルを獲得、昨春中学校を卒業し同年6月にJ- GIRLSにてプロデビュー。8月の『SHOOT BOXING Girls S-cup2014』では強豪を破り48kg日本トーナメントを制した。対戦相手は同じく昨年、12月のBOMにてプロデビューした加藤みどり(エイワス ポーツジム)。
山口は自身の適正を見極めるため今回は大幅に体重を上げての参戦となるが、一体どんな試合を見せつけるだろうか!?

加藤みどり
加藤みどり

山口友花里
山口友花里



■J-NETWORK
『J-FIGHT&J-GIRLS 2015 1st』

2015年3月29日(日) 新宿FACE
開場:18:30 試合開始:19:00(予定)

 【上:赤コーナー/下:青コーナー】

<追加対戦カード> 【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼70kg契約  3分3R ※肘有り
北斗拳太郎[Kentarou Hokuto](ボスジム/J-NETWORKスーパーウェルター級4位、元TRIBELATE同級王者)
小林準[Jyun Kobayashi](MA・JMC横浜)

▼フェザー級  3分3R
勇志[Yuuji](勇誠会/KINGフェザー級3位)
NAOTO[Naoto](MA・JMC横浜)

▼52kg契約  2分3R
山口友花里[Yukari Yamaguchi](空手道 白心会)
加藤みどり[Midori Katou](エイワスポーツジム)

<決定対戦カード>

▼スーパーフライ級  サバイバルマッチ1
稼頭徳[Kazunori](JTクラブ/J-NETWORK同級8位、REBELS-MUAYTHAI同級5位)
鳩[Atsumu](TSKjapan/J-NETWORK同級10位)

▼フェザー級  3分3R ※肘有り
押方匡介[Kyousuke Oshikata](レグルス池袋/J-NETWORKフェザー級9位)
BRO.RYO[Brother Ryo](バンゲリングベイ・スピリット)

▼62kg契約  3分3R
向井悠太[Yuuta Mukai](超越塾)
剛田武[Takeshi Gouda](BPM) ※デビュー戦

▼54kg契約  3分3R ※肘あり
木村健太郎[Kentarou Kimura](サバーイ町田/J-NETWORKスーパーバンタム級6位、WBCムエタイ日本バンタム級2位、元J-NETWORKバンタム級王者)
小野剛史[Takeshi Ono](S.F.K/J-NETWORKバンタム級7位)

▼62.5kg契約  3分3R ※肘あり
智也[Tomoya](NJKF・VERTEX/NJKFライト級4位)
伊東伴恭[Bankyou Itou](アカデミア・アーザ/J-NETWORKスーパーライト級10位、J-NETWORK2014同級新人王)

※ カード順は未定。
※ 選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございますので予めご了承下さい。

<チケット料金>
VIP席15,000円 SRS席9,000席 RS席7,000円 S席5,000円
※当日券は1,000円増し

<チケット販売所>
CNプレイガイド
J-NETWORK株式会社

<お問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03-3498-2350
e-mail:tatsuzawa@kickboxing.co.jp
    sancya@kickboxing.co.jp

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。