J-GIRLS女子キックボクシングオフィシャルサイト

大会情報

2016年3月27日(日)
『J-FIGHT&J-GIRLS 2016 1st』


2016.3.11

2016年新人王トーナメントが4階級開幕
追加カード発表

2016年3月27日(日)東京・新宿FACEにてJ-NETWORK主催興行『J-FIGHT&J-GIRLS 2016 1st』が行われる。

超新鋭選手の登竜門となる『新人王トーナメント』がいよいよ開幕! 今大会よりスーパーフライ級、スーパーバンタム級、フェザー級、スーパーフェザー級の4階級にてトーナメント一回戦が行われる事が決定した。

エントリー選手には多くのアマチュアタイトルを持った選手がいる。中でも注目は昨年11月の全日本学生キックボクシング選手権大会にてフェザー級王座を獲 得、最優秀選手賞を受賞し、今回がデビュー戦となる丸吉伴幸(クラミツムエタイジム/第2代ムエタイオープンアマチュアフェザー級王者、アマチュアムエタ イ世界大会-57kg級銀メダル)。

横山朋哉
横山朋哉

丸吉伴幸
丸吉伴幸


また昨年9月のJ-NETWORK興行にて第4回J-GROWアマチュアフェザー級王座を獲得。続く11月のアマチュ ア全日本選手権大会にて、総勢18名という大激戦区・フェザー級トーナメントを制し敢闘賞を獲得した横山朋哉(リーブルロア)も参戦、今回がプロデビュー 戦となる。 この登竜門をくぐり抜けるのは果たして……!?

 

また現J-GIRLSバンタム級王者・陣内まどか(エスジム/WPMF女子日本バンタム級王者)の保持するベルト挑戦権を懸け行われている同級次期王者挑 戦者決定トーナメント、勝ち上がりの法 DATE(Team DATE Rajaputra division/J-GIRLSバンタム級3位)とCruSher松川敬子(村澤道場/J-GIRLSバンタム級2位)による決勝戦も行われる。タイト ルマッチへの切符を獲得するのはどちらだ!?

CruSher松川敬子
CruSher松川敬子

法 DATE
法 DATE


その他決定カードは以下の通り。



■J-NETWORK
『J-FIGHT&J-GIRLS 2016 1st』

2016年3月27日(日)東京・新宿FACE
開場:18:30 試合開始19:00(予定)

<追加対戦カード> 【上:赤コーナー/下:青コーナー】

▼J-GIRLSバンタム級次期王者挑戦者決定トーナメント 決勝戦  サバイバルマッチ1
法 DATE[Nori Date](Team DATE Rajaputra division/J-GIRLSバンタム級3位)
CruSher松川敬子[Crusher Matsukawakeiko](村澤道場/J-GIRLSバンタム級2位)

▼J-NETWORK 2016 スーパーバンタム級新人王トーナメント 一回戦  サバイバルマッチ1 ※肘なし
丸吉伴幸[Tomoyuki Maruyosi](クラミツムエタイジム/2015年度全日本学生キックボクシングフェザー級王者、第2代ムエタイオープンアマチュアフェザー級王者、アマチュアムエタイ世界大会-57kg級銀メダル)※デビュー戦
安達浩平[Kouhei Adachi](team AKATSUKI)※デビュー戦

▼J-NETWORK 2016 フェザー級新人王トーナメント 一回戦  サバイバルマッチ1 ※肘なし
忠勝[Tadakatsu](練成塾/REBELS BLOW-CUP・34 60kgトーナメント準優勝、REBELS-GATE 60kg級トーナメント準優勝)
横山朋哉[Tomoya Yokoyama](リーブルロア/第4回J-GROWアマチュアフェザー級王者、第13回アマチュア全日本Aリーグフェザー級優勝)

▼J-NETWORK 2016 スーパーフライ級新人王トーナメント 一回戦  サバイバルマッチ1 ※肘なし
家下歩[Ayumu Ieshita](MA・菅原道場)
大地[Daichi](村澤道場)

▼J-NETWORK 2016 スーパーバンタム級新人王トーナメント 一回戦  サバイバルマッチ1 ※肘なし
菅原智丸[Satomaru Sugawara](NEXUS GYM)
村井啓祐[Keisuke Murai](キング・ムエ)

▼J-NETWORK 2016 フェザー級新人王トーナメント 一回戦  サバイバルマッチ1 ※肘なし
藤田義文[Yoshifumi Fujita](Y'ZD GYM)
KEIGO[Keigo](FLAT UP)

▼J-NETWORK 2016 スーパーフェザー級新人王トーナメント 一回戦  サバイバルマッチ1 ※肘なし
吉田優佑[Yuusuke Yoshida](K&Kボクシングクラブ)※デビュー戦
スーパーアンジ[Super Anji](KUNISNIPE 旭/蹴拳60kgアマチュアトーナメントBクラス優勝)※デビュー戦

▼J-NETWORK 2016 スーパーフェザー級新人王トーナメント 一回戦  サバイバルマッチ1 ※肘なし
竹吉龍[Ryu Takeyoshi](上州松井ジム)
仁琉丸[Jinryuumaru](ウルブズスクワッド)※デビュー戦

<決定対戦カード> 

▼54kg契約  3分3R ※肘あり
鰤鰤左衛門[Buriburizaemon](NJKF・CORE/NJKF日本バンタム級6位)
キム・ギフン[Kim Kihoon](STRUGGLE/J-NETWORKバンタム級10位)

▼61kg契約  3分3R ※肘あり
笠原淳矢[Jyunya Kasahara](フォルティス渋谷/J-NETWORKスーパーフェザー級6位)
吉田優太[Yuuta Yoshida](グレイシーバッハ東京)

▼ヘビー級  3分3R
ダビデ篤志[David Atsushi](BLUE DOG GYM/J-NETWORKヘビー級3位)
坂本英則[Hidenori Sakamoto](修実館)

▼ウェルター級  3分3R
小宮由紀博[Yukihiro Komiya](HEAVY CLASS/RISEスーパーライト級3位、2009RISE-70kgTOURNAMENT優勝)
山崎遼太[Ryouta Yamazaki](NJKF・OGUNI GYM/NJKFウェルター級2位)

▼46.5kg契約  2分3R 
宝☆友佳里[Yukari](A☆R KICK!)
C-CHAN[C Chan](T-GYM)

 
※ カード順は未定。
※ 選手の怪我などによりカードの変更や中止が余儀なくされる場合がございますので予めご了承下さい。

<チケット料金>
SRS席9,000円 RS席7,000円※完売 S席5,000円※完売
※当日券は1,000円増し

<チケット販売所>
CNプレイガイド
J-NETWORK株式会社

<お問い合わせ>
J-NETWORK株式会社
TEL:03-5784-0544
e-mail:

Copyright(C) 2007- J-GIRLS All right reserved
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はJ-GIRLSに帰属します。